contents

美味しい紅茶を
お探しに方に

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 紅茶のいれ方:カフェ用
  4. カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・4「分量を間違えない」
カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・4「分量を間違えない」

カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・4「分量を間違えない」

「分量を間違えない」は、お店にとっては当たり前のことですね。紅茶に限らず、料理もケーキもパンも分量が違っていたら技術云々以前の話ですからね。

実は、おうちで楽しむの紅茶の場合は、面倒だとか、ついついいい加減になってなどの声が聞かれるのですが、お店はそんなことは言ってられませんよね。

当たり前のことではありますが、ちょっとした注意点を紹介します。

「茶葉の分量」と「湯量」の両方を意識する

茶葉の分量は気にするけど、湯量にまで気が回っていない人が多いようです。茶葉を正確に計っても、湯量がブレたら台無しです。

特に陶器など外から湯量が見えないティーポットは、湯量が分かりにくいので注意が必要です。

ティークラブおすすめの分量

ストレートティー
茶葉:4~5g(ティーメジャー1杯)
湯:300cc
ミルクティー
茶葉:6~8g(ティーメジャー1杯半~2杯)
湯:300cc
アイスティー
茶葉:6g(ティーメジャー1杯半)
湯:300cc

目分量とデジタル秤

「目分量(ティーメジャーやティースプーン)」と「デジタル秤」どちらを使うのかは、好みでお選びください。どちらでも構いません。

「秤で量るなんて!」という人がいます。一方で、「目分量では不安」という人がいます。「デジタル秤で量るのは面倒」という人がいるかと思えば、デジタル秤に手間と感じないがいます。好みの問題なので、好きな方をお使いください。

ちなみに私はどちらも使います。時と場合によりますね。

デジタル秤で茶葉を量る

0.1gまで量るとより正確

デジタル秤を使う人は、湯量もデジタル秤で量ると安心です。

茶葉を量る方法

  • 目分量:ティースプーンやティーメジャーで計る
  • デジタル秤で計る

実は、慣れている人は、どういう方法でもOKです。例えば「手づかみ」だっていいのです。分量が正しくは計れれば何でも構いません。

ティーメジャーのすくい加減の目安

ダージリン、アッサム、ディンブラ、アールグレイのすくい加減の目安

ダージリン、アッサム、ディンブラ、アールグレイの茶葉を4.0gすくった状態

湯量を量る方法

  • 目分量:ティーポットのどのあたりまで注ぐのかを覚える
  • デジタル秤で計る

目分量で湯を注ぐ場合、ガラス製のティーポットは、外側から湯量が見えるため湯量が分かりやすい。陶器や銀食器などは内側を見ないといけないので、やや見ずらいです。

ガラス製ティーポット300cc用の湯量の目安

ガラス製ティーポット300cc用の湯量の目安

ガラス製ティーポット300cc用とティーメジャーを使えば、目分量でもブレが少ない。
ティーメジャーとガラス製ティーポットを使えば、“このくらい”の目分量でOK

カフェ・喫茶店・飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール

関連記事

販売者・サイト運営者

ティークラブは、生産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。

紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ・堀内芳昌
「好きを仕事にした方」「美味しいものが好きな方」「喜ばせたい人がいる方」と共に学び、共に成長し、供に繁盛を目指していきたいです。