BLOG

ブログ

カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・7「濃さを整え、注ぐ」

カフェや喫茶店、飲食店に紅茶専門店ティークラブがおすすめする『美味しい紅茶のいれ方のセブンルール』。ルール7「濃さを整え、注ぐ」を紹介します。

美味しい紅茶のいれ方セブンルール1~6までを実践すれば、美味しい紅茶はできたも同然。しかしながら、最後の最後「注ぎ方」に気を配らないと、イマイチな紅茶になる恐れがあります。

見落としがちな重要ポイントです。

ただし、お店の場合は、紅茶の提供の仕方によってルール7との関りが変わってきます。「ルール6蒸らす」と合わせて「蒸らし~提供の仕方」を考えてください。

ティーポットの中は、上部が薄く、下部が濃い

蒸らし終わったティーポットの中は、上部が薄く、下部が濃くなっています。

そのまま注ぐと「一杯目は薄く」「二杯目は濃過ぎる」紅茶になります。実は、「一杯目も二杯目も丁度よい濃さで飲んでいない」残念な紅茶になっているのです。

折角、正しいいれ方をしたのに、注ぐ直前までは美味しい紅茶だったのに、注ぎ方だけでもったいことをしているのです。

p-image0607png

解決策

軽~く混ぜて濃さを均一にする。たったこれだけ。

蒸らし終わったら、スプーンで底のほうから「上下に混ぜるイメージで」ティーポットの中を軽~く1~2回混ぜ、ティーポットの中の紅茶の濃さを均一にしてから注いでください。

こうすれば、一杯目は丁度よい濃さになり、茶葉が残った二杯目は濃くなりますが、何もしないで注いだ時のように「濃過ぎて苦くて飲めない」なんてことはありません。湯で割るかミルクティーにすれば美味しく飲むことができます。

実は、「二杯目が濃過ぎる」のは、混ぜないで注ぐことも原因になっているのです。

ティーポットの中の濃さを均一にしてから注ぐ

ティーポットの中の濃さを均一にしてから注ぐ

混ぜ方

混ぜ方の作法とか型とか儀式などはありません。

ティーポットの中の紅茶液の上下の濃さを整えたいので、横にクルクル混ぜるのではなく、上下に混ぜるイメージで混ぜてください。強く混ぜる、回数をたくさん混ぜると渋みが出過ぎるので要注意。2回くらいで十分です。

ポットを揺らしたり、回したりすると渋みが出やすいので、ポットを揺らして濃さを整えるのはおすすめしません。

「蒸らし~提供の仕方」とルール7

紅茶(ストレートティー)のいれ方の復習

1.汲み立ての新鮮な水を沸かす
2.ティーポットを温め、計量した茶葉を入れ、沸かしたての湯を注ぐ

3-1.蒸らし時間を置く(ルール6)
ティーポットの中を軽く混ぜ(ルール7)、温めた別のティーポットに茶葉を濾しながら移し替える
お客様の前でスタッフが1杯目を注ぐ。茶葉を抜いた紅茶が入ったティーポットをテーブルに残す

3-2.蒸らし時間を置く(ルール6)
ティーポットの中を軽く混ぜ(ルール7)客席に運ぶ。お客様の前でスタッフが1杯目の紅茶を注ぎ、2杯目の紅茶(茶葉が入ったティーポット)をテーブルに残す

3-3.湯を注いだらすぐに、砂時計、ティーカップなどと一緒にお客さまに提供する
お客さまが砂時計などで蒸らし時間をみて、お客様が紅茶を注ぐ
※ルール7濃さを整える作業をスタッフが行うことはほぼ不可能

濃さを整える

「3-1」の場合は、紅茶を全て移し替えるため「ルール7濃さを整える」を行わなくても問題はありません。とはいえ、葉の中に旨味が残らないように混ぜることをおすすめはします。混ぜない場合は、最後の一滴まで移し替えるようにしっかりと注ぎきりましょう。

「3-2」は、混ぜて濃さを整える作業は必須です。

「3-3」はお客様まかせになるため濃さを整えるのは難しいです。できればテーブルポップなどでフォローしましょう。

カフェ・喫茶店・飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール

  1. 品質のよい新鮮な茶葉を使う
  2. ティーポットでいれる
  3. ティーカップ2杯以上いれる
  4. 分量を間違えない
  5. 汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う
  6. 蒸らす
  7. 濃さを整え、注ぐ

関連記事一覧