contents

美味しい紅茶を
お探しに方に

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 紅茶のいれ方:カフェ用
  4. カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール「1」品質のよい新鮮な茶葉を使う
カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・1「品質のよい新鮮な茶葉を使う」

カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール「1」品質のよい新鮮な茶葉を使う

カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール「1」は、紅茶の味に最も大きな影響を及ぼす茶葉についてです。

品質のよい茶葉とは?

紅茶の茶葉には等級や品質の差があり、上等な茶葉ほど味はよいです。これ自体は間違いありません。けれども、紅茶の味や香りのの飲みは人それぞれ。好き嫌いと品質は別の話です。

茶葉の品質と好みを合わせて選びましょう。

もう一点、価格と品質はイコールでありません。高価な茶葉は質がよいものが多いのですが、絶対ではありません。

価格は、流通経路や輸送方法、希少性、広告費などさまざまな要素によって決まります。なので「高価な茶葉=質がよい」とは限らないのです。ヨーロッパからの輸入紅茶などが代表的ですね。価格は参考程度にするのがよいでしょう。

品質のよい新鮮な茶葉を使う

新鮮な茶葉とは?

新鮮な茶葉は、取れたての新茶という意味ではなくて、製造から時間経過の少ない茶葉、開封後時間の立っていない茶葉のことです。

特に重要なのは、開封後時間の経っていない茶葉を使うことです。

美味しい紅茶を提供するには、開封後1か月以内の茶葉を使いましょう。

とはいえ、2か月3か月経っても問題なく飲むことはできます。飲めないほどに変質の変化・劣化がおきるわけではありませんが、風味は落ちています。徐々に、微妙にですが…。開封したら1か月程度をめどに、なるべく早めに使い切ることをおすすめします。

品質のよい新鮮な茶葉を使う

美味しい紅茶のいれ方ポイント1が「茶葉」の理由

なぜ、美味しい紅茶のいれ方の「一番初めの項目に「茶葉」なのか?

紅茶の味は、茶葉が元々持っている味を越えないからです。

料理は、貧弱な食材、古い食材などを調理技術や調理法の工夫、味付けなどで美味しくすることはできます。もちろん限界はあるし、よい素材のほうが美味しい料理になるのは当たり前のことです。

紅茶は、茶葉に湯を注いで蒸らすだけ。

食材のように調理したり、味付けしたりしないので、茶葉が本来持っている味以上にはなりません。

「紅茶はいれ方で決まる」という人がいますが、半分正解、半分嘘です。

質がイマイチな茶葉や古い茶葉、開封後時間の経った茶葉をいれ方で美味しくすることはできません。紅茶抽出のプロや紅茶の名人などの人がいれても無理です。「紅茶は、いれ方“だけ”では美味しくはならない」のです。だから、「紅茶はいれ方で決まる」半分は“嘘”。

けれども、茶葉だけよくしてもいれ方の手順や方法が間違っていたら美味しい紅茶にはなりません。そもそも、紅茶の正しいいれ方知らない人もいます。だから、いれ方は大切。「紅茶はいれ方で決まる」半分は“正解”ですね。

「茶葉といれ方がセット」で美味しい紅茶になるのです。

だから、一番初めが「茶葉」なのです。

カフェや喫茶店・飲食店で使う茶葉の決め方

紅茶の茶葉は、自分のお店で使う食品(素材)ですから、自分がおいしいと思うもの、自分が気に入ったものを使うのがシンプルな決め方でしょう。

または、自分のお店の見込み客に合うと思ったものを使うのがよいと思います。

自分がよいと思った紅茶葉を見つけたら、「カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール2~7」を実践してみください。誰にでもできるシンプルなことですから、お客様に喜んでいただける紅茶を出すことができるはずです。

カフェ・喫茶店・飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール

関連記事

販売者・サイト運営者

ティークラブは、生産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。

紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ・堀内芳昌
「好きを仕事にした方」「美味しいものが好きな方」「喜ばせたい人がいる方」と共に学び、共に成長し、供に繁盛を目指していきたいです。