contents

美味しい紅茶を
お探しに方に

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 紅茶のいれ方:カフェ用
  4. カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・5「汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う」
カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・5「汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う」

カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・5「汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う」

お店で美味しい紅茶をいれる時に “実際に行うとなると” 最も難しいのが「汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う」ではないでしょうか。

その一方、家庭では汲み立ての水の沸かし立ての湯を使うのは容易です。

茶葉の質を除いた場合、このポイントが家庭に比べ劣ることが多く、お店の紅茶がイマイチだと思われる原因になりやすいです。

一つお伝えしておきます。
味もさることながら、お店の紅茶の対する不満として聞いたり見たりするのが「紅茶がぬるい」です。紅茶好きだけの話ではありませんよ。カフェや喫茶店の紅茶(中にはコーヒーも)がぬるいのは多くの人がNGポイントとしていると感じます。

ピークまで沸いた沸かし立ての湯を使わないことが「ぬるい紅茶(出てきたときに熱々ではない)」の原因だと考えられます。

汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使うには時間がかかる

「汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う」は誰にでもできる簡単なことです。飲食店であれば、美味しい紅茶のいれ方のセブンルールの中で最も簡単なことなのかもしれません。

しかしながら、汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯で紅茶をいれるのには時間がかかります。これが、簡単なことなのに実践できない原因になっています。

スピードは重要

カフェや喫茶店にとって、スピードはとっても大事です。「100点の味だけど時間がかかる」と「80点だけど早い」を比べたら、早いほうがよいことが多いと思います。もちろん店にもよりますし、早ければいいってものでもありませんが…。

お店のコンセプトやターゲットにもよりますが、紅茶のいれ方のセブンルール・5「汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う」に関しては、「ベストではなくベター」でもいいと思います。

もちろん、できるお店はルール通りにベストを目指したほうがいいですよ。

そして、紅茶がぬるいは別問題。多くの人が気にしていると思うので、ぬるい紅茶にならないように注意をしましょう。

ここから先はベストに近いことをお話しします。コンセプトやターゲット、お店の状況などに応じてご自分で調整をしてください。

汲み立ての水を沸かす

汲み立ての水とは、水道の蛇口から汲んだ水。水道から出た新しい水ということです。

蛇口から汲んだ水でも「汲み置きしてはNG」です。5分10分くらい置くのは問題ありませんが、一晩などの時間が経った水はよろしくありません。また、沸かした湯をやかんに入れたままにしておくのもよろしくないです。

理想は、「紅茶をいれる時に水を汲み、すぐに沸かす」です。

浄水器に関して

浄水器を普段から使っているかたは、そのままお使いください。日頃、浄水器を使っていないかたは、紅茶のためにわざわざ浄水器を買う必要はありません。普通に飲んで美味しいと思う水を使えば問題ありません。

浄水器によっては「シンプルな浄水」以外の「アルカリイオン水」や「還元水」など、水の種類がある場合があります。その場合はどれがよいのかは言い切れません。ご自分で試してもらうしかないですね。水を飲んで美味しいかの判断ではなく、紅茶をいれて美味しい紅茶が抽出できる水を使ってください。

沸き立ての湯を使う

汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う。ピークに沸騰したら、すぐに注いでください。

湯気が少々出たくらいでは沸騰していません。シュンシュンと勢い良く湯気が出るまで沸かしてください。

湯は普通に注げばOK。高くから注ぐ必要なし

ピークまで沸いたら、すぐに注ぐ。

ただそれだけです。コツもなにもありません。

「沸騰直前を使う」とか「数分間沸かし続ける」とか、煩わしいことはしなくていいです。

そして、湯を高くから注ぐ必要はありません。注ぎやすい位置から注げばOK。また、湯は勢いよく注がなくてもいいし、丁寧に注がなくてもいいです。普通に注げばいいんです。湯の注ぎ方で紅茶の味は変わりません。

沸騰するタイミング合わせて、ティーポットに茶葉を入れて用意しておく。沸いたら注ぐ。それだけです。

湯は普通に注げばよい。もっと低い位置から注いでもOK

湯を沸かす道具

湯を沸かす道具は「やかん」または「電気ケトル」がおすすめです。

やかん・電気ケトル以外のものでも構わないのですが、その2つがティーポットに湯を注ぎやすく、湯が沸くの早いものが多いので、おすすめです。

やかんが湯を注ぎやすい

やかんが最も湯を注ぎやすい

「電気ケトル」

保温するタイプではなく、湯沸かしのための電気ケトルを使ってください。

注意点は、「湯が沸いた瞬間を見落としやすい」ことです。

やかんでしたら沸騰しても過熱をやめなければ沸き続けます。他の作業中などですぐに湯を注げない時1分くらい沸き続けて問題はありません。ただし、常に沸かし続けるのはよろしくありません。

対して、電気ケトルは、沸騰したら過熱をやめてしまいます。1分も経ったらピークに沸騰した状態ではなくなってしまいます。沸騰直後の湯をすすげないことがあるので、注意してください。

電気ケトル

電気ケトルは沸騰を見逃さない

差し水をして沸かす

一度沸かした湯を時間が経ってから、もう一度沸かした湯は美味しい紅茶には適しません。微妙な差ではありますが、汲み立ての水の沸かし立てに比べると劣ります。

とはいえ、湯を捨て、水を汲み、一から沸かすのは時間がかかります。そこで、差し水をすることをおすすめします。

残った湯に新しい水を足して沸かすのです。ティーポット1つ分でもよいので、新鮮な水を足してください。汲み立ての水を沸かした時に近くなり、湯が沸くまでの時間も短縮できます。

ただし、沸かしてから時間が経った場合は、新しい水を汲み直し、沸かしてください。決まりがあるわけではありませんが、湯が冷めている場合や1時間以上経った場合は、湯を捨て水を汲み直したほうがよいでしょう。

忙しいお店のほうがやりやすい

忙しいお店は、紅茶を頻繁にいれるでしょうから、必然的に新しい水を次々に足すことになります。すると、汲み立ての水を沸かすのに近い状態になります。そして、頻繁に沸かすから、湯がいつも温かい。新しい水を足して沸かし直せば時間がかかりません。

実は、忙しいお店ほど問題なくできるのです。

頭で考えるだけだと「忙しいからできない」となりますが、逆です。

忙しくない店や紅茶がたまにしか出ないお店は、沸かした湯は冷めるし、湯も古くなるから、毎回汲み立ての水を沸かさないといけなくなる可能性があります。

また、忙しいお店は多少時間がかかっても「忙しいからしょうがないね」と思ってもらえる可能性があります。対して、忙しくないお店や時間帯の場合は、遅いと「遅い!」「忙しくないのに何で遅いの?」となるでしょう。

紅茶がたまにしか出ない店や忙しくないお店は工夫や配慮が必要になります。

カフェ・喫茶店・飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール

関連記事

販売者・サイト運営者

ティークラブは、生産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。

紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ・堀内芳昌
「好きを仕事にした方」「美味しいものが好きな方」「喜ばせたい人がいる方」と共に学び、共に成長し、供に繁盛を目指していきたいです。