業務用紅茶ならティークラブ

紅茶のいれ方:カフェ用

アイスミルクティーのいれ方・カフェ用

アイスミルクティーのいれ方・カフェ用

カフェや飲食店で提供するアイスミルクティーの“ありがちなもの”より美味しく、他店との差別化できるいれ方~提供の仕方をお教えします。

ポイントは、ストレートアイスティー+ミルクではなく、アイスロイヤルミルクティー=チャイを作ることです。

★ストレートティーのいれ方・カフェ用はこちら≫
★ミルクティー(Tea with Milk)のいれ方・カフェ用はこちら≫
★アイスティーのいれ方はこちら≫

アイスミルクティーの材料と道具(2グラス分)

  • アッサム茶葉 5g
    アールグレイ茶葉 5g
  • 水(湯) 150cc
  • 牛乳 250cc
  • 煮出し時間 2分
  • ミルクパン

アイスミルクティーの材料と道具(8グラス分)

  • アッサム茶葉 16g
    アールグレイ茶葉 16g
  • 水(湯) 600cc
  • 牛乳 1000cc
  • 煮出し時間 6分
アイスミルクティーのいれ方・カフェ用
4グラス分の分量

Step1 ミルクパン・鍋に水と牛乳を入れ加熱する

ミルクパンに水と牛乳を入れ加熱する
沸騰直前に火力を弱める

Step2 茶葉を入れ煮出す

茶葉を入れ、弱火で2~6分、かき混ぜながら煮出す

茶葉を入れ煮出す
茶葉を入れ煮出す
煮出し終わり
煮出し終わり

Step3 茶葉を漉し、氷水で冷やす

茶漉しで茶葉を濾しながらボールなどに移す

ボールを冷水(氷水)に浸け、容器の外側から冷やす。2グラス分ならすぐ冷える。

茶葉を漉し、氷水で冷やす

Step4 氷を入れたグラスに注ぐ:保存容器に移し替え冷蔵庫で保存する

ミルクティーが冷えたら、氷を入れたグラスに注ぎ提供する。ストローを添える。

ミルクティーが冷えたら、保存容器に移し替え、冷蔵庫で保存する。
オーダーごとに、氷を入れたグラスに注ぎ提供する。ストローを添える。

冷蔵庫で24時間保存可能。匂い移りに注意する。

温め直してホットも可。作り置きのミルクティーはホット、アイス兼用。

アイスミルクティー

“ありがちなアイスミルクティー”より美味しく、他店との差別化できるポイント

アイスロイヤルミルクティー(チャイ)にする

一般的にアイスミルクティーは、「ストレートアイスティー+ミルク」
悪くはないけど、良くもない。

ホットのストレートティーとミルクティーと同じことです。

濃い紅茶+たっぷりミルクが美味しい。しかし、濃い紅茶のアイスティーは濁る…。濁らない、濃いアイスティーは作れない…。

濁りの問題をクリアし、コクのあるアイスミルクティーにするために、牛乳で煮出したロイヤルミルクティー=チャイを冷やしたアイスミルクティーをおすすしめます。

ロイヤルミルクティー

白みつ

このレシピで作ったアイスミルクティー=アイスチャイは、紅茶のコクと香り、ミルクのコクと甘みが出ているので、そのまま飲んでも良いのですが、白みつを加えるとググっとコクが増す。

ガムシロだと甘みがクドく後味が悪い。白みつは、かき氷にたっぷりとかけて食べられるくらいに上品でクドくない甘みが特徴。

アイスミルクティーに白みつを加えると「コクが増し」「上品な甘み」「後味のスッキリとした甘さ」になり、ワンランク上のアイスミルクティーになります。

白みつが決め手