業務用紅茶ならティークラブ

業務用紅茶の一覧

業務用紅茶ピュアダージリンティー

ピュアダージリンティーとは?

インド(国)・ダージリン(都市)にある茶園で収穫した紅茶がダージリンティー。

当店では、ダージリンで収穫した茶葉100%のブレンドティーを『ピュアダージリンティー』と呼んでいます。

これに対して、ダージリンで収穫した茶葉で、収穫した日や収穫した茶園(生産者)を一切ブレンドしない茶葉を「ダージリンシーズンティー」と呼び、収穫時期に応じて「ファーストフラッシュ」、「セカンドフラッシュ」、「オータムナル」を販売しています。

『ダージリン100%じゃないダージリンティー』

なぜ、ダージリン100%のブレンドティーとわざわざ言うのか?

多くのダージリンティーは、ダージリン100%じゃないからです。

ダージリンティーは、インドの紅茶生産量の僅か「1%」。希少で高価。安価で大量には売れない。

スーパーなどでもダージリンは販売されている。そのような紅茶は「ダージリン+ダージリン以外の茶葉のブレンド」です。

業務用紅茶ならティークラブ

ダージリン100%だから、香りが良く、旨みが多く、まろやか

ダージリンで収穫した茶葉100%だから、ダージリンの個性である「香りの良さ」や「スッキリした味」はしっかりと残しながら、「まろやか」で「ほど良いボリューム感があり、茶の旨みの多い味」なのです。

紅茶はブレンドすると個性が弱まり「マイルド」で「丸み」がでます。また、ブレンドすると「繊細さ」が弱まり「ふくよか」で「ボリューム感」がでます。

業務用紅茶ダージリン

ピュアダージリンティーの香り

ポットに湯を注いだ瞬間から、若草やハーブのような爽やかな香り、お茶の香ばしい香りが広がります。カップに注ぐとお茶の香ばしさや甘い香り、果実のような甘い香りと若草のような爽やかな香りが広がります。

ピュアダージリンティーの味

茶の旨み、味の要素が多く、深いコクがありながら、スッキリとした味です。
後味がスッキリ爽やかキレが良い。

適度に渋みがあります。濃い味の紅茶や渋い紅茶が苦手な人には難しいかもしれません。

業務用紅茶ダージリン

ピュアダージリンティーの茶葉のグレード

ダージリン茶葉の品質にはピンからキリまでかなりの差があるのですが、ティークラブのピュアダージリンティーは、茶葉の等級が最高ランクの「FTGFOP1=ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ 1」のみを使用しています。

業務用紅茶ダージリン

ピュアダージリンティーの飲み方・使い方

  • ストレートティー=◎
  • ミルクティー(Tea with Milk)=×
  • アイスティー=△(濁りやすい)

ピュアダージリンティーのレシピ

ストレートティー

  • ピュアダージリン茶葉=4~5g
  • 湯=300cc
  • 蒸らし時間=3~5分

業務用紅茶ならティークラブ

紅茶の種類 ピュアダージリンティー
茶葉の原産地 インド・ダージリン
茶葉のグレード FTGFOP1
内容量・発注ロット 200g(注文は1K~。茶葉の種類は混合可)