業務用紅茶ならティークラブ

ダージリンシーズンティー・業務用紅茶

ダージリンシーズンティー・業務用紅茶

業務用紅茶ダージリンシーズンティー

ティークラブの業務用紅茶は、小売り用紅茶と同じ茶葉です。
小売り用紅茶よりも量をたくさんお求めいただくので価格は30%程度お求めやすくなっています。

ダージリンシーズンティーとは?

インド(国)・ダージリン(都市)にある茶園で収穫した紅茶がダージリンティー。

ダージリンで収穫した茶葉の中で、季節の新茶をダージリンシーズンティーと呼んでいます。

ダージリンシーズンティーは、収穫した日や収穫した茶園(生産者)を一切ブレンドしていません。収穫時期に応じて「ファーストフラッシュ」「セカンドフラッシュ」「オータムナル」を呼びます。

ダージリンシーズンティーは、収穫日や収穫茶園をブレンドしないため、毎年、毎シーズン味や香りが微妙に変わります。なので「同じ味、「安定した味」をお求めになる方には向きません。

ダージリンファーストフラッシュとは?

ダージリンシーズンティーの中で、春(3~4月)に収穫された茶葉が『ファーストフラッシュ=春摘み紅茶』です。

ファーストフラッシュは、収穫日や収穫茶園をブレンドしないため、その毎年により、また収穫する茶園により味や香りが微妙に変わります。一つの「例」として2015年ファーストフラッシュ・シーヨック茶園を紹介します。

ダージリンファーストフラッシュ『シーヨック茶園』の特徴

『水色(紅茶液の色)』
水色は浅く、きれいなレモンイエロー。
『水色=浅目・イエロー系』
『香り』
注ぎ立ての香りが甘く、ほのかな酸味や青みにフルーティーさやハーブっぽいニュアンスを感じます。
『香り=★★★★★ 5/5』
『味』
第一印象は、甘くマイルド。飲み進んでいくとコクや渋みを感じググっと旨みが増す印象。ただ、温度が下がっていくと渋みが増します。
味の強さは「ミディアムとフルボディーの中間くらい」
飲み終ってからの華やかな“余韻”が秀逸。
『コク=★★★★☆ 4/5』 『渋み=★★★★☆ 4/5』

ダージリンファーストフラッシュ『シーヨック茶園』ダージリンファーストフラッシュ『シーヨック茶園』

ダージリンファーストフラッシュのおすすめチャート『5/5=最適~1/5=不向き』
ストレートティー向き『★★★★★ 5/5』
ミルクティー向き『☆☆☆☆☆ 0/5』
アイスティー向き『★★☆☆☆ 2/5』

ダージリンファーストフラッシュダージリンファーストフラッシュ

ダージリンファーストフラッシュの茶葉のグレード

ティークラブのピュアダージリンオータムナルティーは、茶葉の等級が最高ランクの「FTGFOP1=ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ 1」です。

ダージリンファーストフラッシュの茶葉ファーストフラッシュの茶葉

ダージリンセカンドフラッシュとは?

ダージリンシーズンティーの中で、夏場(6~8月くらい)に収穫された茶葉が『セカンドフラッシュ=夏摘み紅茶』です。

セカンドフラッシュは、収穫日や収穫茶園をブレンドしないため、その毎年により、また収穫する茶園により味や香りが微妙に変わります。一つの「例」として2015年セカンドフラッシュ・シンゲル茶園を紹介します。

ダージリンセカンドフラッシュ『シンゲル茶園』の特徴

『水色(紅茶液の色)』
深みのある赤茶色で透明感の強い水色
『香り』
ティーカップから立ち上がるのは、『甘く香ばしい香り』と『新緑のような爽快な香り』
飲むと甘さと爽快さの中にほんのり酸味すら感じるフルーティーなアロマを感じます。
『香り=★★★★★ 5/5』
『味』
お茶の旨みがしっかり。充実した旨みの後から、心地よい渋みが広がります。
飲みすすむと「渋み」から「酸味」に。そして「甘み」にかわり、また「旨み」へ戻ってきます。
そして、「爽やかでフルーティーな香り」と「茶の旨み」の余韻が残ります。しばらく間、喉の奥から、鼻のあたりにふんわりと広がります。
骨格のしっかりした味と香りがあるクラシカルなセカンドフラッシュです。
『コク=★★★★★ 5/5』 『渋み=★★★★☆ 4/5』

ダージリンセカンドフラッシュ『シンゲル茶園』シンゲル茶園

ダージリンセカンドフラッシュのおすすめチャート『5/5=最適~1/5=不向き』

ストレートティー向き『★★★★★ 5/5』
ミルクティー向き『★☆☆☆☆ 1/5』
アイスティー向き『★☆☆☆☆ 1/5』
150909-001

ダージリンセカンドフラッシュの茶葉のグレード

ダージリンセカンドフラッシュの茶葉は、茶葉の等級が最高ランクの「FTGFOP1=ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ 1」です。

ダージリンセカンドフラッシュの茶葉セカンドフラッシュの茶葉

ダージリンオータムナルとは?

ダージリンシーズンティーの中で、秋(10~11月)に収穫された茶葉が『オータムナル=秋摘み紅茶』です。

ファーストフラッシュは、収穫日や収穫茶園をブレンドしないため、その毎年により、また収穫する茶園により味や香りが微妙に変わります。一つの「例」として2014年オータムナル・キャッスルトン茶園を紹介します。

ダージリンオータムナル『キャッスルトン茶園』の特徴

『水色(紅茶液の色)』
やや浅目のオレンジ系の水色。オータムナルティーらしい色合いです。
『水色=浅目・オレンジ系』
『香り』
華やかな甘みの強い香りの中に青みを感じます。
『香り=★★★★★ 5/5』
『味』
第一印象は、優しくマイルド。飲み進んでいくとコクや渋み、甘み感じます。冷めてからの渋みと甘み、華やかな余韻が秀逸。
ダージリンシーズンティー(季節の紅茶)らしい味、ファーストフラッシュ(春摘み)が好きな人におすすめ。
『コク=★★★★☆ 4/5』 『渋み=★★★☆☆ 3/5』

オレンジ系の水色「キャッスルトン茶園」150112-002

ダージリンオータムナルのおすすめチャート『5/5=最適~1/5=不向き』
ストレートティー向き『★★★★★ 5/5』
ミルクティー向き『★☆☆☆☆ 1/5』
アイスティー向き『★★☆☆☆ 2/5』

ダージリンオータムナルティーオータムナルのティータイム

ダージリンオータムナルの茶葉のグレード

ティークラブのピュアダージリンオータムナルティーは、茶葉の等級が最高ランクの「FTGFOP1=ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ 1」です。

ダージリンオータムナルティーの茶葉ダージリンオータムナルティーの茶葉

業務用紅茶ダージリンシーズンティーのいれ方(基本)

ストレートティーのいれ方

  • 茶葉・・・4g~5g
  • 湯量・・・300cc
  • 蒸らし時間・・・4~5分

 

ミルクティーのいれ方

ミルクティーは不向き

アイスティーのいれ方

  • 茶葉・・・6g
  • 湯量・・・300cc
  • 蒸らし時間・・・2分

 

業務用紅茶ダージリンシーズンティーの商品詳細

商品名(種類) ダージリンシーズンティー
・ファーストフラッシュ(販売期間=5月~9月)
・セカンドフラッシュ(販売期間=9月~1月)
・オータムナル(販売期間=1月~4月)
茶葉の収穫時期 ・ファーストフラッシュ3月~4月
・セカンドフラッシュ=6月
・オータムナル=11月
茶葉の原産地 インド・ダージリン・茶園は毎年、毎シーズン変わります
茶葉の等級 FTGFOP1
内容量・発注ロット 200g(ご注文は1K~。茶葉の種類は混合OK)
注意点 茶葉の品質は、毎年同等レベルです。しかし、収穫年により茶葉の大きさや色合い、紅茶の風味は変化します。