contents

美味しい紅茶を
お探しに方に

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 紅茶のいれ方:カフェ用
  4. カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・2「ティーポットでいれる」

カフェや喫茶店、飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール・2「ティーポットでいれる」

ティーカップで紅茶を抽出する、鍋や計量カップ、筒状のティーサーバー(コーヒーサーバー)などで紅茶をいれることはできます。けれども、美味しい紅茶をいれるのは難しいです。

その一方、ティーポットで紅茶をいれるのは単純に簡単なことです。

代用のものを使うと余計な手間はかかるし、難しい。ティーポットは簡単。なので、美味しい紅茶をいれたい時は「ティーポットでいれる」。

ここから先は、「なぜ、ティーポットでいれるのか?」というよりも、ティーポットのメリットを含めつつ「ティーポットで紅茶をいれる時の注意点」をお話します。

ティーポットでいれる

ティーポットを使う時の2つの注意点

  • 丸いティーポットを使う
  • 作る分量に適した大きさのティーポットを使う

丸いティーポットを使う

丸い形状(球体)のティーポットは、茶葉のジャンピングに最適で茶葉の旨味を引き出してくれます。

市販のティーポットはほとんどが丸い形なので、一般的なティーポットを使っていれば、ほぼ問題ありません。

稀に丸くないデコラティブな形状のティーポットもあります。そのタイプは美味しい紅茶を抽出するのには向いていません。丸いティーポットで紅茶を抽出した後に、茶葉を抜いた紅茶を移しかえて使う方が向いています。

丸いティーポットを使う

筒形のティーサーバーなどは要注意

現実的に使っている人がいたり、使うかもしれないと思う筒形のティーサーバー(フレンチプレス)、三角っぽい形状のコーヒーサーバーや四角っぽい計量ビーカーを使うのは要注意です。

これに関して、私は何度も試しています。全然ダメなわけではありませが、丸いポットが100点満点中90~100点くらいになるとしたら、コーヒーサーバーなどを使うと60~80点前後くらいという感じですね。

この差を微差と見るか、結構違うなぁと見るのはあなた次第ですが、一つだけ言えるのは、「丸いティーポットを越えることはない」ということ。そして、「丸いティーポットを使うことと、他の道具を使うことに手間などの差はない」ということです。

余計な手間や気を使わないで、美味しい紅茶をいれたいのなら、他のもので代用せずに、丸いティーポットを使うことをおすすめします。

丸いティーポットを使う

作る分量に適した大きさのティーポットを使う

同じ分量、同じ割合で紅茶を作っても、紅茶の味が変わります。

  • A:茶葉:4g/湯:300cc
  • B:茶葉:8g/湯:600cc
  • C:茶葉:4g/湯:300cc
  • A=〇:ティーカップ2杯分の紅茶をいれる時は、2杯分を抽出する大きさ(300cc用)のティーポットを使う。 
  • B=〇:ティーカップ4杯分の紅茶をいれる時は、4杯分を抽出する大きさ(600cc用)のティーポットを使う。 
  • C=×:ティーカップ2杯分の紅茶をいれる時に、4杯分を抽出する大きさのティーポットを使わない。 

作る分量に適した大きさのティーポットを使う

同じ分量や同じ割合で紅茶を作っても、紅茶の味が変わります。

ティーポットは、大は小を兼ねません。美味しい紅茶をいれるためには、作る分量に合った大きさのティーポットを使いましょう。

これも試しています。正しいサイズのティーポットが100点満点中90~100点くらいになるとしたら、大きさの合っていないティーポットで紅茶をいれると60~80点くらいという感じですね。

常に一人用(ティーカップ二杯分)のティーポットを使う場合は問題ありません。一人分を作る時もあれば、二人分を作ることもあるから、二人用の大きなティーポットで両方兼ねようは、よろしくないのです。

ランチタイムの食後の紅茶などで、カップ一杯分の紅茶を作る時もあれば、まとめて四杯分の紅茶を作るかもしれないとお考えでしたら、大きなティーポットと一人用の小さなティーポットを両方ともに複数個用意するのがよいでしょう。

作る分量に適した大きさのティーポットを使う

カフェ・喫茶店・飲食店の美味しい紅茶のいれ方のセブンルール

関連記事

販売者・サイト運営者

ティークラブは、生産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。

紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ・堀内芳昌
「好きを仕事にした方」「美味しいものが好きな方」「喜ばせたい人がいる方」と共に学び、共に成長し、供に繁盛を目指していきたいです。