2016-03-02

二杯目の紅茶を美味しく 飲んでもらうための工夫。その2

カフェの紅茶を美味しくする工夫

お店で紅茶を提供する時、ティーポットに茶葉を入れた状態で出すと二杯目が濃くなります。これは、ティーポットの中に茶葉が残っているから仕方ないことです。

「茶葉をいれたまま提供するのが良いか、茶葉を抜いたほうが良いのか」は、まったく別の問題なので、この件は、別の機会にお話しします。カフェの紅茶、茶葉は入れたまま出す?抜いて出す?

今回は、茶葉を入れたまま提供した時に、二杯目が濃くなる“問題?”に対する工夫 「その2」を紹介します。

さし湯を提供する

冒頭の写真のお店では、「さし湯」を提供しています。

さらに、湯が冷めないように魔法瓶を使用。サイズがやや大きいという点は差し引いても素敵なサービスだと思います。

別の話ですが、魔法瓶の横に置いてるシルバーの容器がミルクピッチャー。こちらも大きい。「ミルクピッチャーが大きい=ミルクが多い」これは嬉しいです。

ミルクピッチャーのサイズを考えれれば、さし湯の魔法瓶の大きさも気にならない感じ。バランスは悪くないです。

こちらのお店は、当店の紅茶の取り扱い店ではなく大阪にあるティールーム。さすがは大阪。紅茶に対する気使いが違いますね。

下記の写真は、ケーキ屋のイートインでのさし湯のサービス。ポットが同じなのはご愛敬。たしか380円の超絶コスパですから。380円でさし湯がつく神対応。

紅茶のさし湯

二杯目の紅茶を美味しく 飲んでもらうための工夫。その1

関連記事

業務用紅茶ならティークラブ

紅茶通販ならティークラブ