2017-09-25

カフェの紅茶メニューの「メニュー表記について」

業務用紅茶ならティークラブ
グランドメニューの紅茶のメニュー表記は、「茶葉の種類ごとの名前を表記する」を一般的だと考える人が多いようです。

また、美味しい紅茶を出すのなら「茶葉名を表記したほうが良いのでは?」、「茶葉の種類を選べるようにしたい」と考える方がいらっしゃいます。

それ自体間違いではありませんが、私はこの意見に懐疑的な見方をしています。

なぜなら、『茶葉の種類まで詳しいお客さまは少ない』からです。

多くのお客さまは、美味しい紅茶が飲みたいと思っていたとしても、茶葉の種類の特長までは詳しくありません。当店は、一般のお客さまに小売り用の紅茶を販売していますが、紅茶の種類、茶葉名まで詳しい人は多くありません。

また、『茶葉を選べるのを喜ぶ人(選ぶ楽しさを歓迎する人)と選ぶのが手間だと考える人』では、『後者が多い』と思っているからです。

私が紅茶専門店に行った時にも「種類が多すぎてわからない」、「どれを選べばいいの…」という声を何度も聞いたことがあります。紅茶専門店来する人ですら、戸惑う人が多いのです。カフェやレストランなら尚更です。

とはいえ、茶葉に詳しい人もいるし、選ぶのが楽しい人もいます。なので、茶葉名を表記することを否定はしませんが、安易に「一般的」とも考えられる「茶葉名を表記する方法」に流されないほうが良いと思います。

では、どのような紅茶のメニュー表記が良いのか?

その答えを知っているのは、あなたの店のお客さま(既存客さんと見込み客さん)です。

お店のターゲット=お客さま(既存客さんと見込み客さん)を明確にし、お客さまにとって最適なメニュー表記はどのようなものなのか?を考えてください。

迷っているのなら、相談にのります。お気軽にお声がけください。

関連記事