2016-01-18

二杯目の紅茶を美味しく飲んでもらうための工夫

業務用紅茶ならティークラブ

お店で紅茶を提供する時、ティーポットに茶葉を入れた状態で出すと二杯目が濃くなります。これは、ティーポットの中に茶葉が残っているから仕方ないことです。

「茶葉をいれたまま提供するのが良いか、茶葉を抜いたほうが良いのか」は、まったく別の問題なので、この件は、別の機会にお話しします。

今回は、茶葉を入れたまま提供した時に、二杯目が濃くなる“問題?”に対する工夫を紹介します。

このお店では、二杯目は「ミルクティーをすすめ」さらに「さし湯ができる」ことを伝えています。

とても良いサービスです。

ちなみに、こちらのお店は、山口県萩市にある「ギャラリーカフェ藍場川の家」。
当店ティークラブの紅茶の取り扱い店です。

参考にできる部分を取り入れて、工夫してみてください。
考えてみて、やってみて、疑問があれば遠慮なくお問い合わせください。

関連記事