2016-01-01

業務用紅茶キーマン(祁門紅茶)

キーマン紅茶とは

中国・安徽省・祁門で収穫された紅茶がキーマン(祁門紅茶)。

「キーマン」、「キームン」、「キーモン」などの呼び名がありますが、当店では「キーマン」と呼んでいます。

ティークラブのキーマンは、上位クラスの上質な茶葉を選んでいるため、独特の燻したようなスモーキーな香りはありますが、その香りは柔らかく、嫌味はありません。また、渋みがほとんどなく、まろやかで甘みの強い味わいです。

キーマン紅茶

キーマン(祁門紅茶)の特徴

『香り』

独特のスモーキーな香りが一番の特徴。茶葉由来の香ばしい甘さもあり、深みのある複雑な香り。

他の紅茶にはない独特の香りのため、好き嫌いがハッキリと分かれる。

『味』

ストレートで飲むとほのかに「中国茶」や「ほうじ茶」っぽいニュアンスを感じ、ディンブラやアッサムのような“いわゆる普通の紅茶”っぽいニュアンスは弱いです。

渋みがほとんどなくマイルド、甘く、ふくよかな旨みがあります。当店で一番渋みがない茶葉。

力強いアッサムやウバとは違い『まろやかで、ふくよかで、コクがあるけど、渋みがない』独特の味わいがあります。

キーマン紅茶

茶葉のグレード「特級」

中国紅茶には、インド紅茶のようなFOPなどのグレード分けの概念がありません。中国紅茶のグレードで「特級」は、最上級クラスです。

上質なキーマンは、茶葉が黒く、小さめで、茶葉の撚りが強いのが特徴です。

インド紅茶のグレードを当てはめれば、芯芽をたくさん含んだ茶葉を細くよじったもの「FOP(フラワリーオレンジペコー)」クラスに該当する感じです。

キーマン紅茶の茶葉

キーマン紅茶の飲み方・使い方

  • ストレートティー=〇
  • ミルクティー(Tea with Milk)=〇
  • アイスティー=〇

キーマン紅茶

キーマン紅茶のレシピ

ストレートティー

  • キーマン茶葉=4g
  • 湯=300cc
  • 蒸らし時間=3分

ミルクティー(Tea with Milk)

  • キーマン茶葉=6~8g
  • 湯=300cc
  • 蒸らし時間=3分
  • 牛乳=100g前後

アイスティー※2グラス分

  • キーマン茶葉=6g
  • 湯=300cc
  • 氷=適量c
  • 蒸らし時間=2分
紅茶の種類 キーマン(祁門紅茶)
茶葉の原産地 中国・安徽省・祁門
茶葉のグレード 特級
内容量・発注ロット 200g(ご注文は1K~。茶葉の種類は混合OK)
関連記事

業務用紅茶ならティークラブ

紅茶通販ならティークラブ