美味しい紅茶のいれ方・4「分量を間違えない」

美味しい紅茶のいれ方・4「分量を間違えない」

美味しい紅茶のいれ方・セブンルール4「分量を間違えない」

ほとんどの商品にいれ方、分量の目安が書いてあると思います。まずはその分量を参考にしてください。

商品に書いていない場合は、「茶葉=4~5g(ティーメジャー一杯またはティースプーン二杯)」・「湯量=300cc」で300cc用のガラス製ティーポットを使っていれてみてください。

ティーメジャーとガラス製ティーポットを使えば、“このくらい”の目分量でOK

重要ポイント「茶葉の分量」と「湯量」の両方を意識する

茶葉の分量は気にするけど、湯量にまで気が回っていない人が多いようです。茶葉を正確に計っても、湯量がブレたら台無しです。

特に陶器のティーポットは、湯量が分かりにくいのでミスしやすい。そして、そもそも湯量を意識してない人が案外多いと感じます。

ティークラブおすすめの分量

ストレートティー
茶葉:4~5g(ティーメジャー1杯)
湯:300cc
ミルクティー
茶葉:6~8g(ティーメジャー1杯半~2杯)
湯:300cc
アイスティー
茶葉:6g(ティーメジャー1杯半)
湯:300cc

湯量を間違えない方法

300ccの水を計量し、陶器のティーポットに入れ、湯量の目安(水位)を覚えておく。紅茶をいれる時に覚えておいた目安まで湯を注いでください。

毎日のように紅茶をいれる人はこの方法で大丈夫でしょう。けれども、紅茶に慣れていない人、たまにしか飲まない人は、湯量の目安を忘れてしまうのではないでしょうか。

そのような人には、湯量が分かりやすい「ガラス製ティーポット300cc用」をおすすめします。目分量でも湯量の間違いがほとんどないから安心です。

ガラス製ティーポット300cc用

茶葉の分量について

茶葉を量る方法は2つあります。

  • 目分量:ティースプーンやティーメジャーで計る
  • デジタル秤で計る

実は、慣れている人は、どういう方法でもOKです。例えば「手づかみ」だっていいのです。分量が正しくは計れれば何でも構いません。

慣れていない人は、「道具」を使いましょう。「ティーメジャー」または「デジタル秤」がおすすめです。

ティーメジャー

目分量で茶葉を計る道具には「ティースプーン」と「ティーメジャー」があります。他の道具でも茶葉を量ることはできますが、ティースプーンまたはティーメジャーが一般的です。

ティークラブでは、ティーメジャーをおすすめしています。

ティーメジャーをおすすめする3つの理由

  • 日本の家庭には正しいサイズのティースプーンが少ない(ない)
  • すくう回数が少ないほどブレにくい。手数が少ないほど煩わしさを感じない
  • 専用の道具を使うと気分が上がる

日本の家庭には正しいティースプーンが少ない

「ティーカップ一杯に対してティースプーン一杯」とか「一人分はティースプーン二杯」などと聞いたことがあると思いますが、ティースプーンのサイズが正しくなければ分量が変わってしまいます。

一般家庭にあるティースプーンタイプのスプーンは、ほとんどが「ティースプーンよりも小さい」。正しいティースプーンサイズのスプーンは少ないのです。

小ぶりな可愛いものが好まれるからか、または、紅茶よりコーヒーのほうが圧倒的にシェアを占めているからなのか、ティースプーンよりも小さめのコーヒースプーンサイズのものが圧倒的に多いのです。ひめスプーンと呼ばれるさらに小さいスプーンも案外使われています。

ティースプーン

すくう回数が少ないほどブレにくい。手数が少ないほど煩わしさを感じない 

「1ティーポットにティースプーン二杯」=「ティーメジャーなら一杯」このくらいなら大差ありません。

しかし、倍の量を作る時は、「ティースプーン四杯」ちょっと面倒ではありませんか?ティーメジャーなら二杯で済みます。

この差って案外大きいと思います。紅茶は気軽にシンプルに楽しんで欲しいので手数が少ないティーメジャーをおすすめします。

ティースプーンとティーメジャー

紅茶専用の道具を使うと、気分が上がる

最後は気分的なことで、おまけみたいなものです。ささっと一杯茶葉をすくい、ティーポットに軽やかに入れる。“プロっぽい”し、“大人っぽく”もある。そして、紅茶専用の道具を使うって、なんとなく気分が上がると思います。

ティーメジャーで気分も上がる

ティーメジャーのすくい加減の目安

ダージリン、アッサム、ディンブラ、アールグレイのすくい加減の目安

ダージリン、アッサム、ディンブラ、アールグレイの茶葉を4.0gすくった状態

アッサムのすくい加減の目安

アッサム4.0gとアッサム5.0gのすくい加減

デジタル秤で量る

「ティーメジャー(目分量)」と「デジタル秤」どちらを使うのかは、好みで考えてください。

「秤で量るなんて!」という人がいます。一方で、「目分量では不安」という人がいます。「デジタル秤で量るのは面倒」という人がいるかと思えば、デジタル秤に手間と感じないがいます。好みの問題なので、好きな方をお使いください。

ティークラブのお客様の中にも「ティーメジャー派」と「デジタル秤派」がいます。

ちなみに私はどちらも使います。時によりますね。デジタル秤が面倒とは一切思いませんが、自分用を一人分入れるような時は目分量でいいと思います。

デジタル秤で茶葉を量る

0.1gまで量るとより正確

デジタル秤を使う人は、湯量もデジタル秤で量ると安心です。

さじ加減

「さじ加減」という言葉があるように、紅茶をいれるのに神経質にキッチリにする必要はありません。また、好みに合わせて“加減”してください。

そもそも、一般的に美味しいと感じる分量を「茶葉4~5g」と言っている時点でキッチリしていませんからね。「4g」と「5g」って結構違います。大きく違ったらダメですが、だいたい合っていればOK。紅茶はコーヒーのようにキッチリしていないくても大丈夫なのです。

もちろん、キッチリするのは良いことなので、キッチリしたい人はそうしてください。キッチリやったほうがブレずに美味しいのですから。当店のお客様にも毎回デジタル秤で計量している方がいらっしゃいます。「分量がブレることがないから、毎回美味しくいただいています。」という声をいただいています。

『細か過ぎることを気にするな』

「0.1gでもズレたら紅茶の味が変わる」という人がいますが、『細か過ぎることを気にするな。』が当店の方針。

「0.1gでもズレたら紅茶の味が変わる」は、事実です。間違いではありません。それなら「0.1g計れるデジタル秤を使うべき」です。スプーンを使って目分量なんてナンセンスです。そして、湯量も同じように0.1gで計らなくては意味がありません。

しかし、茶葉量0.1g、湯量10ccの違いに気が付く人は稀。多くの人の反応を見ましたが、いれ方の細かい違いには気が付きません。大きくズレたらダメですが、だいたい合っていれば大丈夫。質の良い茶葉は、少々乱暴に入れたって美味しいのです。

【さいごに】
「分量を間違えない」は、美味しい紅茶をいれるために重要なことですが、神経質に気にする必要はありません。

実のところ、分量を正確にしても、一杯分の紅茶をいれたり(セブンルール3)、ティーポットが違っていたり(セブンルール2)など、他のセブンルールが守られていなければ、美味しい紅茶にはなりません。

もっと言えば、美味しい紅茶のセブンルールの他の6つが守られていれば、分量が多少違ってもそれなりに美味しい紅茶になるのです。紅茶の味そのものは美味しくできていて、味わいが濃いか薄いかということですからね。

気軽に紅茶をいれてください。大切なことは「茶葉の質・好み」と「慣れ」です。慣れてしまえば、実にシンプルなことです。

美味しい紅茶のいれ方の「セブンルール」

  1. 品質の良い新鮮な茶葉を使う
  2. ティーポットでいれる
  3. ティーカップ二杯以上いれる
  4. 分量を間違えない
  5. 汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う
  6. 蒸らす
  7. 濃さを整え、注ぐ

関連するページ

  1. ティーポットのお手入れ方法

    ガラス製ティーポットのお手入れ方法

  2. バラ香るトースト

    バラ香るトーストはいかがですか?

  3. ミニカボチャのプリン

    ミニかぼちゃのプリン・やわらかめの作り方

  4. 生姜とクルミのケーキ

    生姜とクルミのケーキ

  5. 大きなティーポットで少量の紅茶を作らない(やりがちなミス)

  6. 「水出しアイスティー」と「熱湯抽出→急冷式アイスティー」の比較

    「水出しアイスティー」と「熱湯抽出→急冷式のアイスティー」の比較。その1アールグレイ編

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。