美味しい紅茶のいれ方・6「蒸らす」

美味しい紅茶のいれ方・6「蒸らす」

美味しい紅茶のいれ方・セブンルール6「蒸らす」

紅茶は、蒸らす(抽出時間をおく)ことで旨みなどを抽出します。茶葉に応じた蒸らし時間は絶対に必要です。

蒸らし時間を置くことで「茶葉が紅茶に」「湯が紅茶に」変わるのです。蒸らさなければ葉っぱとお湯です。

たまに「待てん!」みたいな人がいます。やたらとせっかちを強調する人がいるんですね(笑)。こういう人は残念ながら紅茶は向きません。少なくても美味しい紅茶とは縁が遠い。仕方ないですね。

逆に紅茶が好きな人からは「ジャンピングを見るのが楽しい」「ぼーっと茶葉のうごきを見ていると癒される」「紅茶をいれる時間からホッとする」という声をたくさん聞きます。

蒸らし時間を置く

蒸らし(抽出)時間の目安

蒸らし時間の目安は、商品に書いてあるはずです。販売者のおすすめのいれ方と自分の好みに合わせて数回試してみれば分かるでしょう。

私の場合、はじめての茶葉に接した時は、その商品のいれ方で飲んでみます。例えば、湯の温度85℃で書いてあったら85℃でいれてみるし、蒸らし時間が9分だったらそうします。その後、自分が普段のいれ方で飲みます。そして、良いほうを選びます。

ティークラブおすすめの蒸らし時間

ダージリン(フルリーフ)
4~5分
キーマン(フルリーフ)
3~4分
アッサムCTC・ディンブラ・ウバ・アールグレイ・キャラメルCTC(ブロークン)
3分

多少長くなっても大きな問題はありませんが、短いと茶葉の旨味が出ないのでNGです。

人によっては長く感じる人がいるかもしれませんが、なにもしないで(他のことをするのは構いませんが)待つだけです。テクニックもなにもいりません。時間が紅茶を美味しくしてくれます。少し間だけお待ちください。

p-image0602png

紅茶の抽出は1回

紅茶の抽出は1回だけです。

緑茶や中国茶のように何回も抽出しません。コーヒーと同じイメージといえば分かりやすいでしょうか。

一回の抽出で旨みを全部抽出する。そのために「蒸らし時間が長い」と言ってもいいのでしょう。

短い時間で抽出し、2~3回抽出するのは『もったいない』。茶葉の美味しさを抽出しない紅茶を飲んでいるからです。

「美味しい紅茶を1回飲むのか?」「残念な紅茶を2~3回飲むのか?」大人なら前者ではないでしょうか。

紅茶の抽出は1回。じっくりと蒸らして旨みを引き出しましょう。

紅茶のいれ方に難しいテクニックやプロの技はありません。誰にでもできるシンプルなことなので、手抜きをしないでやってみてください。

美味しい紅茶のいれ方の「セブンルール」

  1. 品質の良い新鮮な茶葉を使う
  2. ティーポットでいれる
  3. ティーカップ二杯以上いれる
  4. 分量を間違えない
  5. 汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う
  6. 蒸らす
  7. 濃さを整え、注ぐ

関連するページ

  1. スコーンの相棒クロテッドクリーム

    スコーンの相棒「クロテッドクリーム」

  2. ブルガリア産ローズジャムの取り扱いサイズが変わりました。

  3. 紅茶のいれ方「95~98℃の湯を使う」に関して

  4. 2020年セカンドフラッシュ「グームティー茶園」「シーヨック茶園」2茶園の特長

  5. 最も美味しいティーバッグのいれ方

    ティーバッグの美味しいいれ方 7つのポイント

  6. ティーポットの正しい扱い方と紅茶の美しい注ぎ方

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。