Read Article

香りがよく、濁らない「アイスティー」の作り方

香りがよく、濁らない「アイスティー」の作り方

香りがよく、濁らない「アイスティー」の作り方

アイスティー作りのポイント

  • 良質の茶葉を使う 
  • 熱湯抽出 
  • 紅茶を濃くいれて、蒸らし時間は短くする
  • 茶葉と湯量の比率で【1.5倍の濃さ】通常4g→6g 
  • 蒸らし時間は【70%程度】通常3分→2分 
  • ティーポットを大小2つ使い、アイスティーベースを作る

良質な茶葉ティーポットを2つ使い、アイスティーベースを作れば失敗なくアイスティーができる
絶品!コクのあるアイスミルクティーの作り方はこちら≫

アイスティーの材料と道具(2グラス分)

  • 茶葉(どの茶葉でもOK.中でもディンブラ、アールグレイがおすすめ)・・・6g 
  • 湯・・・300cc
  • 氷・・・適量 
  • ティーポット(大小2つ)←ポイント 
  • 茶漉し/・バースプーン/・タイマー/・カラフェ 

アイスティーの作り方 Step1~Step5

Step.1 基本通りの手順、ポイントでホットティーを作る

基本のホットティーのいれ方で、紅茶をいれる
ただし、茶葉を1.5倍にし、蒸らし時間は2分にする
p-image0499png

Step.2 氷を入れた別のポットに茶葉を濾し、移し替える

蒸らし終わったら、氷を入れた別のポットに茶葉を濾しながら移し替える。

茶漉しを使って一気に移す。
ガラス製ティーポットの茶漉しは湯の抜けが遅いので、別の茶漉しを使う。

ポットのサイズは、紅茶をいれたティーポットより大きめにする。
150625-003

Step.3 素早くかき混ぜ一気に冷やす

素早くかき混ぜ、一気に冷やす。

手でティーポットの側面をさわりながらかき混ぜ、常温程度まで冷えたら終了。冷やし過ぎない。

この段階でキンキンに冷やす必要はありません。とはいえ、ぬるいのはNG.常温は人肌より低いのでやや冷たくなったらOK

150625-002
「Step2~Step3」をスキップしない。その理由はこちら≫

Step.4 冷えたら素早く氷を抜き、アイスティーベースの完成

粗熱が取れ、ほんのり冷たくなったら、すぐに氷を抜きながら保存容器に移し替える。

「アイスティーベース」の完成。

いつまでもかき混ぜて氷を溶かすと薄まるから×
氷を全部溶かすのではなく、ほんのり冷えたら、すぐに氷を抜く。

また、冷やし過ぎると濁りの原因になる。キンキンに冷やさない。
p-image0501png

Step.5氷をいれたグラスに注ぎアイスティーの完成

氷をいれたグラスにアイスティーベースを注げば、アイスティーの完成。

アイスティーベースを作れば、ベーシックなアイスティーもアレンジアイスティーも簡単
p-image0500png

常温ティーのすすめ

アイスティーベースを“氷を入れない”グラスに注ぎ、常温のまま飲む「常温ティー」。

アイスティーベースを冷やさずそのまま飲む「常温ティー」。密かにおすすめします。

常温紅茶

ストレートアイスティー向き

このレシピで作ったアイスティーは、ストレートティー向きです。

ミルクを加えてアイスミルクティーにするのは、悪くはないのですがちょっと弱い。

なぜなら、紅茶が普通の濃さ(やや軽いくらい)だからです。

ホットミルクティーのことを考えて欲しいのですが、美味しいミルクティーは、「濃いめの紅茶にたっぷりのミルク」です。普通の濃さの紅茶にミルクを入れるとライトなやや水っぽいミルクティーになります。

アイスティーも同じこと。普通の濃さのアイスティーにミルクを入れると紅茶のコクもミルクのコクも弱くボンヤリとしたアイスミルクティーになります。紅茶の味がボヤけ水っぽく感じるはずです。

「濃いめアイスティーを作ればよいのでは?」と考えるかもしれません。

考え方は、正解。しかし、アイスティーは、濃くすると濁ります。だから、このレシピよりも濃いアイスティーを作るのは至難の業なのです。

結論として、このレシピ通りに作りストレートアイスティーで飲む。または、ライトなのは承知してアイスミルクティーにしてください。

アイスミルクティーの作り方

コクのあるアイスミルクティーを飲みたい人はこちらをご覧ください≫

アイスティーを作り置きするポイント

このレシピでアイスティーを作ると2杯分できます。
飲まなかった分は、保存ができます。

また、アイスティーは大量に作って保存することができます。
大量に作る場合は、このレシピの分量の何倍かを作ってください。

アイスティーの保存方法

香りが逃げないように蓋をして、暑くない室温に置く
冷蔵庫に保存すると濁ります。

アイスティーの保存期間

暑くない室温で5~6時間。2~3時間くらいで濁ってくる可能性あり。

保存できるといっても、朝作って夜までとか、午後に作ったものを翌日までとかはダメですよ。なので、家庭ではアイスティーの保存は、あまり現実的ではないと思います。

最後に…

アイスティーは、難しいと思っているが多いのですが、ホットティーを普通にいれられる、問題なくいれられる人なら難しくないはずです。ぜひ、作ってみてください。

アイスティー関連のおすすめ商品

アイスティーのレシピ

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top