ミルクティーのミルク(牛乳)を温める道具

ミルクティーのミルク(牛乳)を温める道具

ミルクティーのミルク(牛乳)を温める道具としておすすめなのが耐熱計量ビーカーです。

計量ビーカーに牛乳を入れて電子レンジで数十秒。簡単にミルクティーのミルク(紅茶に加えるのミルク)ができ上がります。

簡単に計量できるから、ミルクティーを飲んでいる途中で「ミルクが足りない」や「ミルクが余る」が心配がありません。

ミルクティーのミルク(牛乳)を温める道具

ミルクティーのミルクを温める理由

ティークラブでは、コクのあるミルクティーとして「茶葉2倍で抽出した濃い紅茶+たっぷりのミルク」をおすすめしています。

紅茶のミルクの割合は「紅茶=2」対「ミルク=1」が目安。紅茶:100ml+ミルク50mlくらいです。

割合はお好みで多少前後しても構いませんが、ミルクの分量はたっぷり。冷たいミルク(牛乳)をたっぷり加えると紅茶が冷めてしまいます。そのためミルクを温めて紅茶に加えることをおすすめしています。

「温かい紅茶に冷たいミルクを加えると丁度良い温度になる」という話を聞いたことがあるかもしれません。それは、「ストレートティー濃さ~やや濃い紅茶に少なめのミルクを加える場合」の話です。そして、「英国人は熱々の紅茶を好まない」のもプラスされます。

ティークラブがおすすめすコクのあるミルクティーは、ミルクをたっぷりと加えるので、冷たいミルクを加えると紅茶が冷めます。熱々じゃなくてちょどよいという温度ではありません。ほとんどの人が「ぬるい」と思うでしょう。

ミルクティーのミルクは温める。ただし、沸かさない。沸かすと臭みが出るからです。

ミルクの温度は40℃前後がおすすめ。人肌~お風呂の温度くらいです。

ミルクティーのミルク(牛乳)を温める道具

ミルクを温める方法

ミルク(牛乳)を温めるのは、鍋で温めてのよいのですが、ちょっと手間じゃありませんか。ミルクの温度も分からない。

また、牛乳を温めた鍋って、丁寧に洗わないと汚れが落ちないのも手間に感じます。個人的には、鍋を使うことよりも鍋を洗う方に手間感じますね。

そこでおすすめしたいのが電子レンジで温めるです。

電子レンジでミルクを温めるの便利なのが耐熱計量ビーカー。

分量は目分量で構いませんが、目盛りが付いているから分かりやすい。キッチリ量らないとしても目盛りは便利です。

おおよそのミルクの分量が決まれば、レンジにかける時間も決まってきます。例えば、100mlなら20秒など。数回やれば好みの加減が分かるでしょう。

まとめ

コクあるミルクティーが飲みたければ、茶葉2倍で抽出した濃い紅茶にたっぷりのミルクがおすすめ。
ミルクは温かい紅茶が冷めないように温めましょう。
ミルクを温めるのは耐熱計量ビーカーを使って電子レンジが手軽です。

関連するページ

  1. セパレートティーの飲み方

    セパレートティーの飲み方“美味しい秘密”

  2. リアルアールグレイ?!生ベルガモット

    リアルアールグレイ?!生ベルガモット

  3. 菓子パンとアッサムのミルクティー

    朝食モーニングにおすすめの紅茶:菓子パンにアッサムのミルクティー

  4. 紅茶専門店ティークラブ

    紅玉リンゴと生姜のジャムの作り方

  5. アイスティーは甘くすれば濁らない

    アイスティーは甘くすれば濁らない

  6. 紅茶専門店ティークラブ

    ミルクティーのミルクは「温めるか?」or「温めないか?」

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました。
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌

紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。