ティーバッグのベターないれ方=マグカップで抽出する方法

ティーバッグのベターないれ方

ティーバッグの最もシンプルで最も美味しいいれ方は、こちらの記事で紹介しました。

最も美味しいいれ方=「ベストな方法」に次ぐ「ベターな方法」=「ティーポットを持ってない人におすすめな方法」=「マグカップで抽出する方法」をお教えいます。

ティーバッグをマグカップで抽出する方法:ストレートティー

  1. 温めた大きめのマグカップにティーバッグを入れる 
  2. 汲み立ての水の沸かし立てを注ぐ 
  3. 蓋をして蒸らす 
  4. カップの中を軽く混ぜ、ティーバッグを引き上げる 

ティーバッグをマグカップで抽出する方法
ティーバッグをマグカップで抽出する方法

ティーバッグをマグカップで抽出する方法:ミルクティー

  1. 温めた大きめのマグカップにティーバッグを入れる 
  2. 汲み立ての水の沸かし立てを注ぐ
    湯量を減らし濃い紅茶を抽出する 
  3. 蓋をして蒸らす 
  4. カップの中を軽く混ぜ、ティーバッグを引き上げる 
  5. 温めたミルクを加える
    ミルクの量は、減らした湯量と同量程度。でき上がり量が300ccくらいになる 

ティーバッグをマグカップで抽出する方法
ティーバッグをマグカップで抽出する方法
ティーバッグをマグカップで抽出する方法

ティーバッグのベターないれ方=マグカップで抽出する方法5つのポイント

  1. お気に入りのティーバッグか良質なティーバッグを鮮度の良いうちに使う
  2. 汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う
  3. 300cc以上の大きめのマグカップを使う
  4. 分量を間違えない
  5. 蒸らす

【Point1~5】までを順に説明します。

Point1・お気に入りのティーバッグか良質なティーバッグの鮮度の良いものを用意する

お気に入りのティーバッグを用意する。そして、ミルクティーが飲みたい時は、ミルクティー向きの茶葉のティーバッグをお使いください。分からないうちはいろいろ飲んで見つけるしかありません。

スーパーやコンビニなどで売っているL社やN社のティーバッグが好きならそれでいい。嗜好品ですから、紅茶専門店の紅茶よりN社の味が好きでも良いのです。

ただし、「今飲んでいるティーバッグがお気に入りじゃない」のだとしたら、「美味しくないと思っている」のなら、いれ方を学んでもそれ程美味しくはなりません。いれ方でも紅茶の味は変わりますが、僅かです。

もう一つ。重要なポイントが「鮮度」

スーパーなどで売っているティーバッグは、リーフティーよりも茶葉が細かいため劣化が速い。

ティーバッグ一つ一つパッケージされているタイプは良いのですが、100個入りなどの大きなパックは要注意。開封後は、長くても1か月。なるべく2~3週間程度をめどに飲み切ることをおすすめします。

紅茶専門店などのリーフティーと同質の茶葉のティーバッグは、リーフティーと同等の期間大丈夫です。

Point2・汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う

汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う。

Point3・300cc以上の大きめのマグカップを使う

ティーポットと同じ容量を抽出するので湯量が300ccくらい必要。300cc以上入る大きめのマグカップを用意してください。200cc~250ccくらいの小さめのマグカップが多いので注意。

Point4・分量を間違えない

ティーバッグに何グラムの茶葉が入っているかを商品のパッケージなどで確認してください。

ポット用=ティーカップ二杯用は、「4~5g」くらいが中心。ティーカップ一杯用は「2g」くらいが多いです。

【ストレートティー】
ポット用=ティーカップ二杯用=ティーバッグ1個
ティーカップ一杯用=ティーバッグ2個

湯量・・・300cc

【ミルクティー】
ポット用=ティーカップ二杯用=ティーバッグ1個
ティーカップ一杯用=ティーバッグ2個

湯量・・・200cc
※本来は、茶葉の分量を増やして、湯量は300ccにすべきなのですが、マグカップの場合はそれができません。次善策です。

湯量を減らして濃いめの紅茶を作り、ほんのり温めたミルクを100cc程度加えてミルクティーにしてください。

ティーバッグは、紅茶の葉を計量して袋に入れたもの。すでに計量済みなので茶葉の分量のミスが少ない。これがティーバッグ最大のメリットといえるでしょう。

Point5・蒸らす

紅茶は、蒸らす(抽出時間をおく)ことで旨みなどを抽出します。茶葉に応じた蒸らし時間は絶対に必要。ティーバッグも同じです。くどいようですがティーバッグは紅茶ですから。

蒸らし(抽出)時間の目安

蒸らし時間の目安は、商品に書いてあるはずです。
分からなければ、ティーカップ一杯用のティーバッグは、茶葉が細かいので「1分前後」。
ポット用(ティーカップ二杯用)ティーバッグは、通常のリーフが入っていることが多いので、「3分前後」が目安です。

ミルクティーの場合は、30秒~1分くらい抽出時間を伸ばしてください。
※本来は、茶葉の分量を増やし300ccの湯量で抽出すべき。その場合は抽出時間は伸ばしません。この方法は苦肉の策です。

紅茶の抽出は1回

紅茶の抽出は1回だけ。ティーバッグも同じです。

緑茶や中国茶のように何回も抽出しません。コーヒーと同じイメージといえば分かりやすいでしょうか。

一回の抽出で旨みを全部抽出する。そのために「蒸らし時間が長い」と言ってもいいのでしょう。短い時間で抽出し、2~3回抽出するのは『もったいない』。茶葉の美味しさを抽出しない紅茶を飲んでいるからです。

紅茶の抽出は1回。じっくりと蒸らして旨みを引き出しましょう。

ティーバッグの引き出し方

マグカップで抽出した場合、ティーバッグの中に紅茶の旨みが閉じこもっています。
スプーンで軽く混ぜてからティーバッグを引き上げてください。
強く混ぜたり、ティーバッグを押したりすると渋みの原因となります。ティーバッグの中から旨みが出て、カップ全体の濃さが整えば良いので軽~く混ぜればOKです。

以上が【ティーバッグのベターないれ方=マグカップで抽出する方法のポイント】です。

難しいことはないと思いますから、ぜひぜひ実践してみてください。

【紅茶の賞味期限】
お手元に届く紅茶の賞味期限は、11~12か月後です。

【配送やお支払について】
・配送料=日本全国432円/4320円以上(一か所送付ごと)で無料
・支払い方法=クレジットカード・paypal・代引き・銀行振込・郵便振替
・商品の出荷=注文受付日の翌営業日(日祝休)に発送/受取り期日時間指定可能