ティーバッグのデメリット

ティーバッグ最大の欠点

ティーバッグのデメリットは

ズバリ、「高いこと」です。

「えー、ティーバッグって安くない?!」と思う人がいると思いますが、考えてみてください。

ティーバッグの紅茶を作るには、「茶葉+ティーバッグの資材」が必要。最近増えている一つずつパッケージされた個別包装ならさらに資材代がプラス。さらに、ティーバッグにする加工賃や個別包装の加工賃が追加されます。

「茶葉代+資材代+加工賃」となるので、茶葉代だけのリーフティーよりも当然、高値になります。

実は、「ティーバッグは、リーフティーよりも割高」なのです。

デメリットというのはちょっと違いますけどね。当然の価格なので…。

ティーバックは安い?!

「そんなこと言っても、市販のティーバッグって安くない?」と思うかもしれません。

「茶葉+ティーバッグの資材代+加工の手間賃」ということを考えれば、スーパーやコンビニなどで販売されるティーバッグが安価なのは、使われている茶葉自体がそーとー安価だということ。当然、それ相応の品質。

だから、「ティーバッグは、低品質」「ティーバッグは、美味しくない」と思う人が多いのだと思いますが、分相応の品質なので当たり前のこと。低品質や美味しくないを欠点というのはちょっと違うのではないでしょうか。

ティーバッグのメリット

ティーバッグのメリットは、「計量してある」こと。

「茶葉が計量してある → 茶葉の計量ミスがない → 美味しい紅茶が手軽にいれられる」ことがティーバッグの利点です。

実は、「リーフティーよりも手軽に美味しい紅茶がいれられる」ことがティーバッグの利点。紅茶初心者やたまにしか紅茶をいれない人にはありがたい商品なのです。

付け加えると「抽出後の茶葉の処理が楽」。忙しい朝や職場などでは大きなメリットになるでしょう。

関連記事

  1. ティーバッグのベターないれ方=マグカップで抽出する方法

  2. ティーバッグは低品質ではない

    ティーバッグは低品質な紅茶ではありません。

  3. ティーバッグのいれ方

    ティーバッグのいれ方「ソーサーでふたをする方法」をおすすめしない理由

  4. 最も美味しいティーバッグのいれ方

    ティーバッグの美味しいいれ方 7つのポイント

  5. ティーバッグの最もシンプルで、最も美味しいいれ方

    ティーバッグの最もシンプルで、最も美味しいいれ方

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫