ティーバッグのいれ方「ソーサーでふたをする方法」をおすすめしない理由

ティーバッグのいれ方

美味しいティーバッグの美味しいいれ方として、巷で実しやかに囁かれている「ソーサーで蓋をする方法」をティークラブでは、おすすめしていません。

なぜなら「ティーポットで抽出したほうが断然美味しいから」です。

蓋をすれば、蓋をしないより少しは美味しくはなりますが、言うほどではなくて五十歩百歩です。

とはいえ、これで終わったらわざわざ記事を書く意味がないので、もう少し説明を追加します。

ティーバッグのいれ方「ソーサーでふたをする方法」をおすすめしない理由

こちらをご覧ください↓

ティーバッグの美味しいいれ方

リーフティーを茶漉しに入れカップで直接抽出する。

ほとんどの人がやっていないのではないでしょうか。

「茶葉が湯に浸かっていない」などというのなら、先端をちゃぽんと沈めれば良いだけのこと。この状態で茶葉は湯にギリギリ浸っています。

こちらをご覧ください↓

ティーバッグの美味しいいれ方

前述の写真と意味合いは同じです。

こちらをご覧ください↓

ティーバッグの美味しいいれ方
左は、リーフティーを茶漉しに入れカップで抽出したもの。右は、ティーバッグをカップに入れ抽出したものです。
右はティーバッグだからOK。左はリーフティーだからNGでしょうか?

当店では両方ともおすすめしていません。

なぜなら、ティーバッグは紅茶だからです。

蓋をする、蓋をしないの問題ではないのです。

カップで抽出することが『“美味しい紅茶のいれ方”としては、よろしくありません。』ということです。

ティーバッグは紅茶です。インスタントティーではなくバッグの中には紅茶が入っています。だから、リーフティーと同じように、ティーポットを使って入れるのが美味しい抽出方法なのです。

そして、リーフティーと同じように、ティーカップ一杯分の紅茶を作るのではなく、ティーカップ二杯以上作るのが美味しい抽出方法になります。

折角ティーポットを使っても、「ティーカップ一杯用のティーバッグを使い、150ccの湯で、ティーカップ一杯分の紅茶を作る」のでは意味がないので注意してくださいね。

手軽に抽出するのはOK

「簡単に済ませたい」「ティーポットで抽出する余裕はない」「紅茶いれる場面で空気を読んだらこだわれない…」という時もあると思います。

そんな時は、ティーカップで抽出すればいいし、チャッチャッと済ませればいいと思います。

生活の中にはいろいろなシーンがありますからね。キチンと美味しい紅茶をいれる時、手軽に済ませる時などを使い分けてはいかがでしょうか?

もちろん、毎回美味しい紅茶を飲むのは多いいにOK。だとしたら、ティーカップにふたをするなどという小手先だけのテクニックを使うのではなく、リーフティーと同じように抽出しましょう。 “情報のための情報” にのせられないほうが良いと思いますよ。

Pick up

関連するページ

  1. トキメク究極のロシアンティー

    ときめく2つのロシアンティー

  2. 茶飲み話をおおいに楽しもう

    茶飲み話をおおいに楽しもう

  3. アイスティーの作り方

    アイスティーの作り方。グラスに直接注ぐ方法をおすすめしない2つの理由

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました。
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌

紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。