ストロベリーティーの作り方

ストロベリーティー

春らしいフレッシュなイチゴを使った紅茶の作り方を紹介します。

出始めのイチゴを使うのはもったいないので、路地ものなどが出回って価格が落ちついたら作ってみてください。

香りがよく甘酸っぱくて、なにより雰囲気が春らしいのがよいですね。

ストロベリーティーの材料と道具

ストロベリーティー

ストロベリーティーの作り方

  1. イチゴの準備
  2. ガラス製ティーポット350mlで紅茶をいれる
  3. イチゴ果物をジャンピングティーポットに入れ紅茶を注ぐ
  4. 時間をおき香りと甘みを移す
  5. ティーカップに注ぐ

イチゴの準備

イチゴはサイズがまちまちなので「何個」と言いにくいのですが、茶葉4g湯300ccに対して3~5個くらいが目安です。

たくさん入れればイチゴの風味や甘みが増しますが、少しもったいない気もします。好みや飲むシーンに応じて加減してください。

イチゴは使う直前に洗い、5㎜幅くらいにスライスします。十字に切るのではなく、縦に四つ割りくらいにカット。

紅茶をいれる

アッサムのストレートティーを基本通りにいれましょう。

分量はガラス製ティーポット350mlで1ポット~2ポット分。紅茶の量に応じてイチゴも増やしてください。たくさん作ったほうが風味がよいです。

イチゴをジャンピングティーポットに入れ紅茶を注ぐ

ジャンピングティーポットに湯を注ぎ温める。しっかり温まったら湯を捨て、イチゴを入れる。

蒸らし終わったアッサムティーの茶葉を濾しながら注ぎましょう。

ストロベリーティー

時間をおき香りと甘みを移す

ウォーマーにのせ、保温しながら10分程度置き、イチゴの香りと甘みを移す。

イチゴはリンゴとくらべ甘みが少なく酸味が強いので、長く置くと酸味と渋みを感じやすくなります。あまり長く置かないほうがよいです。

ティーカップに注ぎ完成

あらかじめ温めておいたティーカップに注ぎでき上がり。

イチゴはリンゴに比べると甘みが弱く酸味が強いので、グラニュー糖や癖のないハチミツを加えると飲みやすくなります。甘みを加えることで風味もアップします。

ストロベリーティーにおすすめのアイテム

関連するページ

  1. ティースプーンとティーメジャー

    ティースプーンとティーメジャー

  2. 美味しい紅茶のいれ方・7「濃さを整え、注ぐ」

    美味しい紅茶のいれ方・7「濃さを整え、注ぐ」

  3. 紅茶専門店ティークラブ

    アッサムセカンドフラッシュ

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました。
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日々の暮らしの中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。