キーマンのはちみつミルクティー

キーマンのはちみつミルクティー
寒い季節におすすめのキーマンのはちみつミルクティーの作り方を紹介します。

キーマンのはちみつミルクティーの作り方

【材料】1ポット=ティーカップ2~3杯分

  • キーマン・・・8g※ストレートティーの2倍
  • 湯・・・300cc
  • 牛乳・・・150ccくらい
  • はちみつ・・・ティースプーン2~3杯
  • ※茶葉の蒸らし時間・・・3分

【作り方】

  1. 汲み立ての水道水を沸かす
    ※水道蛇口から汲んだ汲み立ての水を使う。浄水器の使用はOK
  2. 温めたポットに、ティーメジャー2杯のキーマンの茶葉をいれる
    ※ストレートティーの2倍の茶葉を使う
    沸き立ての湯を注ぎ、蓋をして「3分」蒸らす
  3. 蒸らし終わったら、蓋を開け、ティーポットの中を軽~く2回くらい混ぜる
    ※濃さを均一にするため。強く混ぜない
    カップの7分目くらいまで紅茶を注ぐ(約100cc)
    ミルクをたっぷり入れるから、ストレートティーよりも少な目にする
  4. はちみつを加え、しっかりと混ぜて溶かす
    ほんのりと温めた牛乳をティーカップ1つに約50cc加え混ぜでき上がり

キーマンのはちみつミルクティー

美味しいはちみつミルクティーを作る3つのポイント

『美味しいはちみつミルクティーを作る3つのポイント』の前に、キーマン紅茶の特徴を簡単に…。

当店ティークラブのキーマンは、柔らかいスモーキーフレーバーと甘い茶葉の香りがあり、嫌味な燻香や埃っぽい香りはありません。

スモーキーフレーバーと甘みのある香りがはちみつの香りと相性抜群。

また、キーマンは当店の茶葉の中で、一番渋みが弱い茶葉。ほとんど渋みがありません。渋みのない紅茶だから、濃くいれても渋みが出ることはなくコクだけが増します。

そんなキーマンを濃い目にいれて、たっぷりのミルクとはちみつを加えたミルクティーは、香りが良くコクと甘みがあり寒い季節にピッタリ。

冬場に食べることの多いフルーツケーキやシュトレンなどドライフルーツを使ったスイーツとの相性も抜群によく、おすすめのペアリングの一つです。

[kanren2 postid=”25744″]

そんなキーマンの特徴を活かしたはちみつミルクティーをおいしく作るポイントは…

茶葉2倍ミルクティーにする

蒸らし時間を伸ばして濃くするのではなく、茶葉を増やして濃い紅茶をいれる。

茶葉の分量を2倍、少なくても1.5倍にしてください。

蒸らし時間を伸ばすと濃くなると同時に渋みが増えるから、茶葉を増やして濃い紅茶をいれる。
キーマンは渋みがないといっても、時間を伸ばすと渋みや苦みが出ます。

茶葉を2倍にした濃い紅茶を作る

たっぷりのミルクを加える

コクがあり味わい豊かなミルクティーを作るためには「濃い目の紅茶」に「ミルクたっぷり」これがポイント。

多くの人がストレートティーの濃さ(普通の濃さ)の紅茶に、ミルクを少し入れています。これも悪くはないのですが、もっとコクがあるミルクティーを飲みたければ「濃い目の紅茶」の「ミルクたっぷり」がおすすめ。

「ミルクたっぷり」の目安『紅茶:2対ミルク:1』

「ミルクたっぷり」と言っても分かりにくいと思うのですが、目安は「紅茶:2対ミルク:1」です。

多くの人が「紅茶:2」に対して「ミルク:1」は入れていないと思います。なので、はじめは計ってみると良いと思います。
その後は好みに応じて加減しながら、目分量でいれてください。毎回正確に測る必要はないので、慣れたらアバウトでOKです。

ミルクティーの黄金比

ミルクはほんのりと温める

ミルクは成分無調整の牛乳を使ってください。

このレシピは、ミルクをたっぷり加えるから、冷たい牛乳だと紅茶が冷めます。
紅茶が冷めない程度にほんのりと温めてください。

牛乳を沸かすと嫌な匂いが出たり、幕が張ったりするからNG.
そうならないように、人肌程度まで温まればOK。目安は40℃前後。

以上です。
作り方は、とっても簡単ですから、ぜひ作ってみてください。

関連するページ

  1. 紅茶の銘柄【初心者向き】

    紅茶の銘柄【初心者向き】

  2. 紅茶通販します

    配達員さんと対面しないで、紅茶が受け取れます。

  3. 絶品アイスミルクティー

    絶品!別格なアイスミルクティーの作り方

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。