最もシンプルな美味しいミルクティーのいれ方

最もシンプルな美味しいミルクティーのいれ方

最もシンプルな美味しいミルクティーのポイントといれ方をちょっとだけ詳しく説明します。

シンプルに美味しいミルクティーをいれる3つのポイント

シンプルに美味しいミルクティーをいれるポイントは

  1. ミルクティーに適した茶葉を使う
  2. 茶葉を増やして濃い紅茶をいれる
  3. ミルクをたっぷりと入れる

です。

ミルクティーに適した茶葉

  • 力強い味の茶葉 >>> 繊細な味わいの茶葉
  • コクや味の濃さ重視の茶葉 >>> 香り重視の茶葉
  • 上質な茶葉 >>> 低質の茶葉

ミルクティーには、繊細な味わいのフルリーフ(ホールリーフ)よりも、力強い味わいのブロークンやCTCの茶葉が向きます。紅茶の味がハッキリして、コクのあるミルクティーになります。

上質なブロークンや上質なCTCを使うと香りが良く、渋みが柔らかくコクのあるミルクティーになります。低質な茶葉のミルクティーも悪くはありませんが、紅茶の香りがミルクに負けたり、コクが弱かったり、渋みや雑味を感じたりするので今一つです。

ミルクティーに適した茶葉

ミルクティーに適した茶葉の種類

アールグレイは、ホールリーフや中国茶がベースのものはストレート向きが多いのですが、当店のアールグレイはBOPなので、ストレートティー、ミルクティーの両方でおいしくいただくます。

茶葉を増やして濃い紅茶をいれる

茶葉を増やして濃い紅茶をいれると、渋みがなくまろやかでコクのあるミルクティーになります。【茶葉2倍がおすすめ】

蒸らし時間を延ばしても濃い紅茶になります。しかし、まろやかさや味の厚みがなく、渋みが目立つミルクティーになります。

濃い紅茶にミルクをたっぷりと入れる

ストレートティーの濃さに少なめのミルクを入れると水っぽくなり、紅茶の味もミルクの味も弱まります。どちらの良さも感じない残念なミルクティーになりやすいです。

茶葉を2倍使った濃い紅茶にミルクをたっぷり入れる。すると紅茶とミルク両方のコクや風味を感じられるバランスの良いミルクティーができます。

紅茶とミルクの割合は、紅茶の分量の半分~1/3くらいのミルクの量が適正です。

普段飲んでいるミルクティーより多いのではないでしょうか。この割合でおいしく感じられるのは、茶葉を2倍程度に増やした濃い濃茶の場合です。ぜひ、濃い紅茶にたっぷりミルクを加えたミルクティーを試してみてください。

コクがあり、まろやかなミルクティーの黄金比

シンプルに美味しいミルクティーのいれ方

紅茶のいれ方の手順やポイントは、通常のストレートティーと全く同じです。

【ミルクティーのレシピ】一人分(1ポット=ティーカップ2~3杯分)

  • 茶葉 8g(ティーメジャー2杯)ストレートの2倍量
  • 湯 300cc(ストレートと同じ) 
  • 蒸らし時間 3分(ストレートと同じ) 
  • 牛乳 80~130mlくらい(紅茶の1/3~1/2) 

茶葉2倍ミルクティー

ミルクティーのいれ方の手順

  1. 汲み立ての新鮮な水を沸かす
  2. 温めたティーポットに茶葉を入れ、湯を注ぐ
  3. 蒸らす(ジャンピングが起こる)
  4. 温めた別のティーポットに茶葉を濾しながら移し替える
  5. ティーカップに注ぎミルク(好みで砂糖)を加える

Step1=汲み立ての新鮮な水を沸かす

水道の蛇口から出た汲み立ての新鮮な水を沸かしましょう。浄水器の使用はOKです。

やかんの蓋は閉めて沸かし、湯気が勢い良く出て、湯気がハッキリと見えるくらいまで沸かしましょう。湯気が出始めたくらいでは沸騰していません。※湯気を確認する時は火傷に注意

慣れないうちは、沸騰したと思ったら蓋を開けて確認すると安心です。大きな気泡がボコボコト出るまで沸かしましょう。※蓋を開ける際には火傷に注意

Step2=温めたティーポットに茶葉を入れ、湯を注ぐ

ティーポットに湯を注ぎ、温まったら湯を捨てましょう。

温めたティーポットに茶葉を入れます。茶葉の分量は約8g(ティーメジャー2杯)

ティーポットの8分目くらいまで湯を注ぎましょう。

Step3=蓋をして蒸らす。

湯を注いだら、すぐにふたをして蒸らします。

蒸らし時間の目安は3分です。

アッサムティーのジャンピング

蒸らし間にジャンピングが起こります。

湯を注いだ直後は、茶葉が上部に浮かび上がり、少しすると茶葉が上下に動きます。この動きをジャンピングといい、美味しい紅茶を抽出する重要なプロセスです。

Step4=別のティーポットに茶葉を濾しながら移し替える

蒸らし終わったら、温めた別のティーポットに茶葉を濾しながら移し替えましょう。茶葉を多くいいれているため二杯目の紅茶が濃くなることを防ぐためです。

別のティーポットに茶葉を濾しながら移し替える

ティーポットが一つしかない場合

蒸らし終わったティーポットの中は、上部が薄く、下部が濃くなっています。そのまま注ぐと一杯目は薄く、二杯目は濃すぎます。

解消法として、スプーンで底のから「上下に混ぜるイメージで」ティーポットの中を軽~く2回くらい混ぜ、ポットの中の紅茶の濃さを均一にします。

それからティーカップに注げば、一杯目が丁度良い濃さになります。二杯目は濃くなりますが、混ぜない場合によりは柔らかいです。ミルクを多めに加えるか、湯で割ってからミルクを加えてみてください。

濃さを均一にしてから注ぐ

Step5=ティーカップに注ぎミルクを加える

ティーカップに注ぎ、ミルクを加えてでき上がりです。砂糖は好みですが、砂糖を加えると味に厚みが出ます。

ミルクは人肌に温める

ミルクをたっぷりと加えるので、冷たい牛乳を加えると紅茶がぬるくなってしまします。牛乳は人肌~お風呂の温度(40℃前後)に温ましょう。沸かすと臭みがるので、温め過ぎはNGです。

ミルクが先か?紅茶が先か?

自分でいれた紅茶は、味や濃さが分かっていますから、ミルクは先に入れても、後から入れても構いません。当店は、紅茶を先にティーカップに注ぎ、ミルクを後から注ぐ手順をおすすめしてますが、どちらが先でも構いません。

最もシンプルな美味しいミルクティーのポイントは、茶葉を増やして濃い紅茶をいれて、ミルクをたっぷりと入れることです。

ストレートティーの濃さの紅茶にミルクを入れたミルクティー、蒸らし時間を長くした紅茶にミルクを入れたミルクティーより、紅茶の風味が生きていて、コクがありながらまろやかで飲み応えのあるミルクティーができます。ぜひ、試してみてください。

関連するページ

  1. ミルクティーに向く紅茶とは?

    ミルクティーにおすすめの紅茶の種類

  2. MILLE ECLAT.ミルエクラ.

    MILLE ECLAT.ミルエクラ.

  3. 紅茶専門店ティークラブ

    ミルクティーと食べるブルーベリーマフィン

  4. アーモンドショコラと紅茶のペアリング

    アーモンドショコラと紅茶のペアリング

  5. セパレートティーのメディア掲載

    セパレートティーは、さまざまなメディアで紹介されています

  6. 美味しい紅茶のいれ方“7つ”のポイント・1 「品質のよい新鮮な茶葉を使う」

    美味しい紅茶のいれ方・1「品質のよい新鮮な茶葉を使う」

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫