紅茶初心者が美味しい紅茶をいれる方法

紅茶初心者が気軽に美味しい紅茶をいれる方法

美味しい紅茶は、実にシンプルです。
コーヒーや緑茶よりもはるかに簡単です。

好みの茶葉・新鮮な茶葉と手軽な道具があれば、紅茶に慣れていない人でも「気軽に、手軽に、美味しいは紅茶いれられます。」

紅茶に慣れていない人が気軽に紅茶をいれるには、ジャンピングが見える「ガラス製ティーポット」と茶葉を計る道具「ティーメジャー」をおすすめします。

一人用のガラス製ティーポット

ガラス製ティーポット300㏄用は、便利な「一人用サイズのティーポット」で、「湯量が分かりやすい」「ジャンピングが見える」ので、紅茶初心者には特におすすめアイテム。

陶器のティーポットは素敵ですが、湯量が分かり難く、ジャンピンが見えないため初心者にはやや扱いにくいです。

※ガラス製ティーポット300cc(一人用)が廃盤となりガラス製ティーポット350ml(一人用)に代わりました。

茶葉を量る道具

茶葉を量る専用の道具ティーメジャーを合わせて持っている便利です。茶葉の計量ミスが少なくなり、気軽に紅茶をいれることができるようになります。

ただし、デジタル秤を使うのでればティーメジャーは必要ありません。「ティーメジャーで目分量で量る」と「デジタル秤で量る」は好みの問題です。個人差がありますから、どちらでも構いません。

紅茶初心者さんや紅茶がうまくいれられないと思う人は「好みの茶葉」と「ガラス製ティーポット300㏄用」「ティーメジャー」を使って紅茶をいれてみてください。

紅茶初心者でも「ティーメジャー」と「ガラス製ティーポット」を 使えば、美味しい紅茶は目の前

ガラス製ティーポット350ml(一人用)ティーメジャー・4種類の茶葉がセットになったお試しセット

ちょっとだけ詳しく美味しい紅茶のいれ方を紹介します

紅茶初心者におすすめの紅茶のレシピ(1ポット=ティーカップ2杯分)

  • 茶葉 ストレートティー=4~5g※ティーメジャー1杯
    ミルクティー=6~8g※ティーメジャー1杯半~2杯
  • 湯 300cc(ティーカップ2杯分)※ティーポットの8分目
  • 蒸らし時間 アッサム、ディンブラ、アールグレイなど=3分/ダージリン=5分
  • ガラス製ティーポット350ml(一人用)>
  • ティーメジャー

茶葉は好みのものを鮮度のよいうちに使うことをおすすめしますが、とりあえずは、お手持ちのものでも構いません。まず、自分で紅茶をいれてみましょう。

ティーメジャーとティーポット

Step1=汲み立ての新鮮な水を沸かす

汲み立ての新鮮な水を沸かす

  • 蛇口から汲んだ新鮮な水を沸かしましょう。浄水器の使用はOKです。
  • ペットボトルの水や汲み置きの水は、酸素が抜けているため不向きです。
  • 水質は「軟水」が向いています。硬水が出る地域は浄水器を使うなど工夫が必要。場合によっては軟水のボトルドウォーターも可

大きな泡がボコボコできるまでしっかりと沸騰させる

やかんの蓋は閉めて沸かし、湯気が勢い良く出て、湯気がハッキリと見えるくらいまで沸かしましょう。※湯気を確認する時火傷に注意

湯気がハッキリと勢い良く出るまで沸かす

慣れないうちは、沸騰したと思ったら蓋を開けて確認しても良いです。大きな気泡がボコボコト出るまで沸かしましょう。※蓋を開ける際には火傷に注意してください。

大きな気泡がボコボコできるまで沸かす

Step2=ティーポットに茶葉を入れ、湯を注ぎ、蒸らす

ティーポットを温める

ティーポットに湯を注ぎ、温まったら湯を捨てましょう。しっかり湯切りをしてください。

温めたティーポットに茶葉を入れる

  • 【茶葉の分量】
  • ストレートティー 4~5g(ティーメジャー1杯)
  • ミルクティー 6~8g(ティーメジャー1杯半~2杯)

茶葉はティーメジャーひとすくい
ミルクティーは、一杯半~二杯に茶葉を増やし、濃い紅茶にミルクを加える。

沸き立ての湯を注ぐ

湯量は約300㏄。ティーポットの8~9分目くらいまで湯を注ぎます。

湯は普通に注いでください。高いことろから注ぐとか、勢いよくなどはしなくていいです。逆にゆっくり慎重に注ぐことも不要。普通に注いでください。カップ麺にお湯を注ぐくらいのイメージでOKです。

蓋をして蒸らす

【蒸らし時間】
ダージリンは5分。他の茶葉は3分が目安です。
ティーポットを揺らしたりしないで静かに待ちましょう。
ダージリンティーのジャンピング

アッサムティーのジャンピング

Step3=【重要】濃さを均一にしてからカップに注ぐ

蒸らし終わったティーポットの中は、上部が薄く、下部が濃くなっています。

スプーンで底のほうから「上下に混ぜるイメージで」ティーポットの中を軽~く2回くらい混ぜ、ポットの中の紅茶の濃さを均一にしてから注ぎましょう。

【重要】ティーポットの中を核る混ぜて濃さを均一にしないで注ぐと、一杯目は薄く、二杯目は濃過ぎる紅茶になります。実は、一杯目も二杯目も残念な紅茶になっているのです。注ぐ前までは美味しくいれているのに「もったいない」ことになります。

濃さを均一にしてから注ぐ

  • 横にクルクル混ぜるのではなく、上下に混ぜるイメージ。
  • 強く混ぜる、回数をたくさん混ぜると“不要な渋み”が出るので要注意。
  • ポットを揺すると“不要が渋み”が出やすいから、ポットを揺するのはおすすめしません。

カップに注ぎできあがりです。

ストレートまたはミルクティーでお召し上がりください。

ストレートまたはミルクティーでお召し上がりください。

文字にしているので、多少小難しく感じるかもしれませんが、作業は極めてシンプルです。まずは、手順通りにやってみてください。

紅茶にいれ方に慣れたら、いろいろな紅茶を飲んでみて自分の好みの茶葉を見つけましょう。

美味しい紅茶のいれ方「セブンルール」

  1. 品質の良い新鮮な茶葉を使う
  2. ティーポットでいれる
  3. ティーカップ二杯以上いれる
  4. 分量を間違えない
  5. 汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う
  6. 蒸らす
  7. 濃さを整え、注ぐ

関連するページ

  1. アイスティーにむく紅茶の種類・むかない紅茶の種類

    アイスティーにむく紅茶の種類・むかない紅茶の種類

  2. ティークラブの紅茶が飲める店の訪問記事をストップしています。

  3. 自己紹介 堀内芳昌 物語り

    自己紹介 プロフィール

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました。
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日々の暮らしの中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。