ミルクティーのミルクは「温めるか?」or「温めないか?」

ミルクティーのミルクは、「温めるか?」or「温めないか?」

ミルクティーのミルク=紅茶に牛乳を入れる時に「温めるか?」or「温めないか?」は、よくある質問。多くの人が悩むポイントのようです。

教科書通りなら「温めない」ですが、、、

当店でおすすめしている 美味しいミルクティーの黄金比『茶葉2倍紅茶のミルクティー』の場合は、ほんのり温める がおすすめ。

何故なら、、、

紅茶が冷めるからです。

当店がおすすめるティークラブ流:美味しい紅茶の黄金比は、『茶葉2倍紅茶=2対ミルク=1』。紅茶=100ccに対して、ミルクが50cc程度。紅茶の半量くらい冷たい牛乳を加えたら紅茶が冷めます。「熱々じゃなくて丁度良い」という温度ではなく、明らかにぬるい。

この温度のミルクティーを出して「美味しい!」と喜んだ人は過去に一人もいません。猫舌の人ですら、最初からぬるい紅茶は喜びません。

故に、、、

ミルクは温める。

ミルクティーのミルクは、ほんのり温める

ミルクの温度

ミルクの温度は、「人肌~風呂の湯」くらいの温度。40℃前後です。

沸かすのではありません。

70℃以上に沸かすと牛乳の嫌な匂いがでます。「牛乳を温めると臭みが出る」というのは、温め過ぎなのです。

電子レンジなら、20~30秒くらい温め、様子をみて温まっていなければ時間を延ばす。鍋で温めるなら、ほんのり湯気が出る程度。

どのような方法で温めるにしても「温め過ぎは厳禁」。

ぬるいのは問題ありません。冷蔵庫から出したキンキンに冷たい牛乳が室温程度に温まる。くらいでもOK。ぬるいと感じたら温め直せば良いことです。

なので、繰り返しますが『温め過ぎには要注意』です。

ミルクティーのミルクは、沸かさない!「ほんのり温める」

ストレートティーの濃さの紅茶の場合

ストレートティーで美味しい濃さの紅茶にミルクを入れる場合は、「紅茶=5~4対ミルク=1」くらいが適正比率。

この場合は、温めない牛乳でOK.

牛乳の量が少ないので、冷たいミルクを加えても、適度に温度が下がる程度でぬるくはなりません。ぬるくなるのが嫌な人は、ミルクを人肌程度まで温めてもOKです。

多くの人が言う「紅茶に入れるミルクは温めない」というのは、このケースが多いのでは、と考えています。

美味しいミルクティー

何年も試した結果です。

ほとんどの紅茶の本には、「ミルクティーのミルクは温めない。」と書いてあります。ネット上の情報を見ても、ほぼその通り。中には「温めてはいけない!」とまで断言している人もいます。

おそらく、ですが、、、
ストレートティーの濃さの紅茶にミルクを入れる前提の話ではないかと思います。また、英国での常識をそのまま日本に流用していたり、単に他人の受け売りで話している人がいるのではないかと思っています。

もちろん間違いではありません。
良いと思う方は、そのようにしていただいて構いません。

しかしながら、私の考えはちょっと違います。

  • 「ストレートティーの濃さの紅茶に少しのミルクを入れるミルクティー」よりも「濃い紅茶にたっぷりのミルクを入れたミルクティー」のほうが美味しい。
  • 「冷たいミルクを入れたぬるい紅茶」よりも「ほんのりと温めたミルクを入れた紅茶」のほうが美味しい。

と考えています。

英国と日本では、紅茶の質もミルクの質も違う。英国人と日本人では味覚が違う。日本の紅茶好きの感覚…。などを考え合わせ、さらに大きいのが「何年もかけて、何十人いや百人以上の人に試してもらった結果」です。

源泉になっているのは、たくさんの紅茶好きの声です。

私の考えが絶対的な正解ではありませんが、ティークラブの紅茶を飲む方には、『ミルクティーのミルクは、ほんのりと温める』、『茶葉2倍紅茶=2対ミルク=1:濃い紅茶にたっぷりミルク』をおすすめします。

紅茶お試しセット=初回限定=返金保証付き

【紅茶の賞味期限】
お手元に届く紅茶の賞味期限は、11~12か月後です。

【配送やお支払について】
・配送料=日本全国432円/4320円以上(一か所送付ごと)で無料
・支払い方法=クレジットカード・paypal・代引き・銀行振込・郵便振替
・商品の出荷=注文受付日の翌営業日(日祝休)に発送/受取り期日時間指定可能