アイスティーにおすすめの紅茶の種類

アイスティーにおすすめ紅茶
アイスティーは、レシピ通りにやれば、どんな茶葉でも作ることができます。好みの茶葉がある方は、好みの茶葉から試してみてください。茶葉の特徴によって、多少の向き不向きがあるので、そのあたりは後述でお話します。

まずは、茶葉の種類に詳しくない人や茶葉の好みがハッキリしない人にアイスティーにおすすめの紅茶の種類を紹介します。

ストレートアイスティーには「ディンブラ」or「アールグレイ」

水色、味、香りのバランスがNO1【ディンブラ】

ディンブラは、癖がなく飲みやすく、アイスティーの色も美しい。ストレートアイスティーには、まずはディンブラをおすすめします。

香りと余韻が群を抜く【アールグレイ】

紅茶は冷たくすると香りが弱くなりますが、アールグレイはアイスティーでも香りが残ります。また、飲んだ後に喉の奥から鼻に抜ける余韻が他の紅茶にはない特長です。

ホットのアールグレイは苦手な人でも「アイスティーは、アールグレイでないと物足りない」という人がたくさんいらっしゃいます。とはいえ、アイスにしてもとにかくアールグレイは無理!というかが一定数いるので、好き嫌いは分かれます。

ディンブラとアールグレイが、アイスティーの2トップですが、「アッサムCTC」や「ダージリン」、「キーマン」のアイスティーも悪くありません。アッサムCTC、ダージリン、キーマンが好きな方は、それぞれの茶葉でアイスティーを作られてもよいでしょう。

ただし、アッサムCTCとダージリンのアイスティーは、やや濁りやすいのが難点です。水質の影響もあるので、地域によっては何度作っても濁るかもしれませんし、濁らない地域もあるでしょう。

その一方、キーマンは濁らず味わい深いアイスティーができます。実は、キーマンはアイスティーが作りやすい茶葉です。キーマンが好きな方は、ぜひアイスティーも試してみてください。

アイスティーの作り方を見る≫

アイスティーにおすすめの紅茶の種類

アイスミルクティーには「アッサムCTC」or「アールグレイ」or「キャラメルティー」

アイスミルクティーには、ミルクティーにむく紅茶が向きます。あたりまえの話ですが。

コクのある濃いめの紅茶になる【アッサムCTC】がイチ推し。

次いで香りが良い【アールグレイ】。

【アールグレイとアッサムCTC】を1対1で混ぜるのもおすすめです。アールグレイの香りとアッサムのコクのいいとこ取り。アールグレイだけだとやや香りが立ちすぎ、コクが弱いかなぁという不満を解消。いいバランスで香りとコクが出てきます。

【キャラメルティー】は冷えてもキャラメルの香りが残りほどよい紅茶のコクがあるためアイスミルクティーに向きます。キャラメルティーのアイスミルクティーに白みつを加えた味は一度試してほしいです。

アイスミルクティーの作り方の作り方を見る≫

アイスミルクティーにおすすめの紅茶の種類

アイスティーに向く茶葉とは?

「タンニンが多い紅茶は向かない。」とか、「タンニンの少ない茶葉がアイスティー向き。」といいます。間違いではないけど、正解でもないというの私の考えです。

タンニンが多くても美味しいアイスティーはできるし、タンニンが少ない茶葉で美味しいアイスティーができるわけではないからです。

タンニンとアイスティーの関係が示すのは「濁る・濁らない」に関してです。

濁る・濁らないの一点に関しては、タンニンが少ない茶葉は濁りにくい。タンニンが多い茶葉は濁りやすい。これは事実です。けれども、濁らないのと味・美味しいのかは別の問題です。

タンニンが少ない茶葉は、濁らないけど、味は軽い。
タンニンが多い茶葉は、濁りやすいけど、味はよい。

濁らないけど、薄いアイスティーではイマイチだと思いませんか。

すべての茶葉でアイスティーはできる。好みで選べばよい

どの茶葉でもアイスティーはできます。

レシピ通りに作れば、一般的にいわれるほど濁りはしません。時には、キレイにクリアな水色ではなく、多少濁り気味くらいになったりはしますが、味・美味しさを優先すればアリだとティークラブでは考えています。

なお、水質によっては、水質×茶葉の相性でレシピ通りに作っても濁る場合があります。こればかりはどうしようもないので、冷やし過ぎないで飲むとか茶葉をかえていただくしかありません。

ティークラブの茶葉
ディンブラ・キーマン:濁りにくい
アールグレイ・ウバ・ダージリン・アッサム・キャラメル:地域差がある(やや濁りやすい)

ホットティーの味わいとアイスティー味わいは、完全にイコールではありません。温度によって味の感じかたが変わるからです。とはいえ、ある程度はホットティーのイメージに近い味をアイスティーでも楽しむことができます。なので、好きな茶葉が決まっている方やアイスティーに慣れている方は、好きな茶葉を選べばOKです。

例えば、ウバのアイスティーは渋みが強い。やや濁りやすい。ウバのアイスティーは、一般的にはおすすめしないのですが、ウバが好きな人なら「渋味が美味しい」と思うかもしれません。好みの茶葉のアイスティーを試してみてください。

いずれにしても紅茶は嗜好品です。「飲んでみて、好きか嫌いか」でOK。いろいろな情報がありますが、情報に左右され過ぎないで、飲んでみて自分好みの茶葉をみつけてください。

あなたの好みの紅茶の一つがティークラブの紅茶であれば、とても嬉しいです。

関連するページ

  1. スパイスチャイの作り方

  2. 2020年以前の投稿の一部を削除しました。

  3. 紅茶専門店ティークラブ

    ブルガリア産ローズジャムで作る紅茶に合うカナッペ

  4. 紅茶の湯の沸かし方

    紅茶をいれる時の湯の沸かし方や温度に関して

  5. 美味しい紅茶のいれ方・3「ティーカップ二杯以上いれる」

    美味しい紅茶のいれ方・3「ティーカップ二杯以上いれる」

  6. クリームリーズのサンドイッチとアールグレイ

    クリームチーズサンドとアールグレイ

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。