アイスティーにむく紅茶の種類・むかない紅茶の種類

アイスティーにむく紅茶の種類・むかない紅茶の種類

アイスティーにむく紅茶の種類・むかない紅茶の種類

ザックリした答えを先にいうと、ホットティーで好みの紅茶がアイスティーにもむきます。「むく」というよりは、ホットティーで好きな茶葉のアイスティーがおすすめです。

ウバのように「ホットティーにはむくけど、アイスティーは飲みにくい」、アールグレイのように「ホットには飲まないけど、アイスティーはアールグレイ」という茶葉も一部にはあります。ただこれも、味の好みの問題です。

アイスティーには「この茶葉」というのは、商業的な戦略を除けば、世間一般でいわれているほどでもないのです。温い時に美味しい紅茶は、ぬるくなっても、冷たくしても美味しいものが多いです。

アイスティーと紅茶のタンニン

「タンニンが多い茶葉はアイスティーに向かない。」
「タンニンの少ない茶葉がアイスティー向き。」
やや古い考え方という気もしますが、いまだに結構いわれていると思います。

「半分正解、半分不正解」が私の考えです。

アイスティーの濁りと水色に関しては、概ね「正解」。
アイスティーの味わいに関しては、好みもあるけど「不正解」。少なくても、ティークラブの紅茶や当店と似たような紅茶が好きな人にとっては、違うと思います。

アイスティーの濁りと水色と紅茶の種類

タンニンが多い紅茶は、アイスティーにすると濁りやすく、水色のキレイなアイスティーが作りにくい。対して、タンニンが少ない茶葉は濁りにくい。これは間違いないです。

濁りにくさでいえば、タンニンが少ない茶葉を使ったほうがいいです。

スーパーで売られている茶葉などは代表的ですね。スリランカなら「キャンディ」。インドなら軽めの「ニルギリ」などが濁りにくいです。また、中国紅茶はタンニンが少なく濁りにくい茶葉が多いです。

とはいえ、タンニンが多い茶葉でも濁らないアイスティーはできます。濁りやすいのは間違いありませんが、無理ではありません。

ダージリンアッサムディンブラアールグレイのアイスティー

タンニンが多い茶葉でも濁らないアイスティーは作れる

アイスティーの味わいと紅茶の種類

タンニンが少ない茶葉は、濁らないけど、味が軽い。
タンニンが多い茶葉は、濁りやすいけど、味がよい。

濁らないけど、味が薄いアイスティーではイマイチだと思うんですよね。となると、「タンニンの少ない茶葉がアイスティー向き。」というのは違ってきます。

味わい深いアイスティーが飲みたいのでしたら、タンニンが多い茶葉を使ったほうがよいです。というよりも、日頃飲んでいる紅茶葉を使えばいいのです。好きな味の紅茶を飲んでいるのですから、アイスティーも同じ茶葉を使うのが自然でありませんか。

ファーストフラッシュが好きで、アイスティーが飲みたいのなら、ファーストフラッシュをアイスティーにすればいいのです。アッサムも同じです。タンニンが少ない軽い茶よりも断然美味しいし、何より自分好みです。

ダージリンアッサムディンブラアールグレイのアイスティー

好みの茶葉でアイスティーは作れる

アイスティーはレシピ通りに作る

ホットティーは少々適当でも大丈夫です。だいたい合っていれば大きな問題はありません。例えば、うっかり10分蒸らしたとしても、好みの茶葉を使っていれば、渋すぎて飲めないなんてことはありません。

一方、アイスティーは、茶葉が1g多かったら、蒸らし時間が30秒過ぎたら、要注意です。問題ないかもしれませんが、濁り気味になるかもしれません。

ちょっと面倒かもしれませんが、アイスティーはレシピ通りにキッチリ作る。これを守れば、いうほど濁らないです。

ただし、水質や茶葉の質によっては、レシピ通りに作っても濁る場合があります。環境によることなので、残念ながらどーしようもありません。浄水器や茶葉の見直しをおすすめしますが、経費のかかることですからね。できる範囲で考えてみてください。

ダージリンアッサムディンブラアールグレイのアイスティー

この後氷で急冷しアイスティーに

紅茶は保存しない

紅茶はなるべく保存しない。ホットもアイスも。

「アイスティーが濁る」が親の仇のようにいわれますが、実はホットティーだって時間が経てば濁るのです。アイスティーが濁るのではなくて、紅茶は時間が経てば、そして冷えれば、濁るのです。

茶葉から作るアイスティーは、市販のペットボトルの紅茶のように冷蔵庫で保存ができません。

冷蔵庫に入れておいて、いつでも冷たい紅茶を飲むことは、残念ながらできないのです。これをやって「紅茶が濁る!」「濁らないようにするのは?」というのは、厳しいです。

保存しなければ、日頃飲んでいるお好きな茶葉でアイスティーをいれても大きな問題はないはずです。

もし、冷やしたら、即濁るようでしたら、レシピを確認してみましょう。もしかしたら、勘違いしているかもしれません。

白く濁ったら嫌ですが、多少クリアじゃない水色になるくらいなら、味の薄いアイスティーよりはよいように思いますが、いかがでしょうか?

紅茶は作ったらなるべくで早めに飲みましょう。もし、飲み切れない場合は、室温より冷やさない。そして、なるべく早く飲む。このようにすれば、アイスティー用の茶葉とか夏用の茶葉などを用意しなくても、一年中好みの紅茶を飲むことができます。好きな味の紅茶が一年中飲めて、茶葉の鮮度も保てる。一石なん鳥かですよ。

アイスティー

アイスティーを冷蔵に保存したいのなら

冷蔵庫に保存するなら、タンニンの多い茶葉はアイスティーにむきません。ほぼ濁るからです。冷蔵庫に保存しても濁らないアイスティーができるのはタンニンが少ない茶葉です。ただし、味の軽い飲み、飲み応えのないアイスティーになってしまいます。

それなら、普段飲んでいる茶葉の水出し紅茶のほうがよいと思います。水出しは、熱湯抽出と違ってタンニンが抽出されないため濁る恐れはありません。ただし、味わいは軽いです。

熱湯抽出→急冷式のアイティーに比べると味は軽くなりますが、アイスティー用の茶葉やタンニンが少ない茶葉のアイスティーよりは、好み味になるはずです。自分が好きな紅茶の味なのですから。

ディンブラがおすすめ

ティークラブの紅茶では、アイスティーにはディンブラが一推しです。

好みの茶葉がある方は、お好み茶葉でアイスティーを試してみてください。好みの茶葉がハッキリしていない方は、ディンブラのアイスティーを試してみてください。濁りにくく、癖がなく飲みやすく、香り・味・コクなどのバランスが一番だからです。

人によっては今まで一番美味しいアイスティーができるかもしれませんよ。

関連するページ

  1. サイト内の投稿内容について

    サイト内の投稿内容について

  2. セパレートティーのメディア掲載

    セパレートティーは、さまざまなメディアで紹介されています

  3. ファーストフラッシュの水出し紅茶

    ファーストフラッシュの水出し紅茶

  4. 新しい紅茶の飲み方「常温ティー」はいかがですか?

  5. アイスミルクティーの夏テク

    アイスミルクティーの夏テク

  6. 紅茶専門店ティークラブ

    ブルガリア産ローズジャムで作る紅茶に合うカナッペ

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。