アイスミルクティーの夏テク

アイスミルクティーの夏テク

アイスミルクティー(アイスチャイ)の作り方の夏テクを紹介します。

ポイントは、「かき混ぜながら2分煮出す」作業の簡略化です。夏場につきっきりで2分煮出すのは暑いですからね。煮出す代わりに蓋をして蒸らすのですが、詳しくお話する前にアイスミルクティー(アイスチャイ)の作り方をおさらいしておきましょう。

アイスミルクティー(アイスチャイ)の作り方

  1. 牛乳と水を小さめの片手鍋(ミルクパンなど)に入れ加熱する
  2. 沸騰直前に火を弱め、茶葉を入れる
    かき混ぜながら2分煮出す
  3. 茶葉を濾し、別の器に移し替える
    容器ごと冷水に浸け、容器の外側から冷やす
  4. 冷えたら氷を入れたグラスに注ぎでき上がり

アイスミルクティー(アイスチャイ)急冷式の作り方

  1. 茶葉をふやかす湯を沸かす
  2. 牛乳を小さめの片手鍋(ミルクパンなど)に入れ加熱する
  3. 牛乳が温まってきたら、茶葉を小さな器やティーカップなどに入れ、湯をかけふやかす
  4. 沸騰直前に火を弱め、茶葉を加える
    かき混ぜながら2分煮出す
  5. 氷を入れた容器を用意し、茶葉を濾しながら移し替える。かき混ぜて冷やす
  6. 氷を入れたグラスに注ぎでき上がり

どちらの作り方で作っても特別難しいことはありません。ただ、「かき混ぜながら2分煮出す」が夏場は暑いんですよね。快適なキッチンだったりしてそれほど気にしない方は、そのまま作っていただければOKです。

アイスミルクティーの夏テク

茶葉を入れる前までの作業は基本通り

  • 茶葉を入れた後、30秒ほどかき混ぜながら煮出す。←これは必要
  • 火を止め、蓋をして、2分程度蒸らす。←蓋必須

その後は手順通りです。

アイスミルクティーの夏テク

茶葉を入れた後30秒ほどかき混ぜながら煮出す

アイスミルクティーの夏テク

「蓋をする前」火を止め蓋をして2分程度蒸らす

アイスミルクティーの夏テク=煮出し時間を短く、蓋をして蒸らす

熱源の前でかき混ぜながら煮出すのが暑いので「煮出し時間を短くして、蓋をして蒸らす」これで暑さが軽減できるでしょう。

ホットミルクティーと違いアイスミルクティーは、ぬるくなっても構わないので(むしろ好都合)、蓋をして蒸らす作り方は有効です。

+アルファーの甘夏テク=甘くする

冷たくしてから白みつを加えてもいいですし、温かいうちにグラニュー糖やきび砂糖、ハチミツなどを溶かしてから冷やしても構いません。

アイスミルクティー(アイスチャイ)は、甘くするとコクや風味がグッと増します。

汗をかく夏場は糖分を必要。塩分を合わせて摂りたい時は、塩気のあるナッツやチーズなどを一緒に食べるのもおすすめです。ケーキだと糖分が増えますからね。

アイスミルクティーの夏テク

「蓋をして蒸らした後」甘くするとコクや風味がグッと増す

初夏や梅雨時期はストレートアイスやストレートアイスティー+牛乳のミルクティーもよいのですが、真夏になったら甘いアイスミルクティー(アイスチャイ)がおすすめです。生姜やシナモンなどのスパイスをきかせた甘くてスパイシーなアイスミルクティーもGoodですね。

「アイスミルクティーの夏テク」で作る時の暑さを軽減して、甘いアイスミルクティーで暑い夏を乗り切りましょう。

アイスミルクティーにおすすめ紅茶

→ アッサムCTC
→ キャラメルCTC
→ アールグレイ

関連するページ

  1. アイスティーの美味しい飲み方

    アイスティーの美味しい飲み方

  2. アールグレイ

    アールグレイの特徴「その2」

  3. アイスティーの弱点

    アイスティーの弱点

  4. アップルティー

    美味しいアップルティーを作る3つのポイント

  5. お茶の葉が紅茶に、お湯が紅茶にかわる時

  6. チャイとは?

    チャイとは?

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。