アイスセパレートミルクティーの作り方

アイスセパレートミルクティー

セパレートティー「アイスセパレートミルクティー」のレシピ

【材料】(一人分)
アッサム or アールグレイのアイスティー・・・100ml
白みつ・・・20ml
牛乳(成分無調整)・・・40ml
氷・・・適量
セパレートティーの材料

【道具など】
ミニ計量カップ30ml(白みつ用)
ミニ計量カップ50ml(牛乳用)
背か低く、やや口が広がったオンザロックグラス
セパレートティーに必要な材料や道具

【作り方】

Step1=アッサム or アールグレイのアイスティーを作る


アッサムCTCまたはアールグレイのアイスティーベースを作る。アイスティーの作り方を見る≫

アイスセパレートミルクティーには『コクがありミルクティー向きのアッサムCTC』または『しっかりした味と香りのアールグレイ』をお使いください。

Step2=アイスティー、白みつを計量する

【白みつ】は、20mlが正確に計れる【ミニ計量カップ30ml】で計量してください。

一般的な200~250ml用の計量カップは、サイズが大き過ぎるため正確に計ることができません。

アイスティーは100mlより少なくても構わないが、多くしないこと。
逆に白みつは多くなっても構わないが、少なくしないこと。
100対20(5対1)がギリギリの比率です。

Step3=アイスティーと白みつ混ぜる


背が低く、口がやや広がったオンザロックグラスに、紅茶と白みつを移す。白みつを残さず全部移す。

しっかり混ぜて白みつを溶かす。
白みつは、濃度が濃いのでガムシロップを溶かすような感覚で軽く混ぜた程度では溶けません。底を見て白みつの澱みがなくなるまでしっかりと混ぜて、完全に溶かしてください。

※キンキンに冷たいセパレートティーが飲みたい人は、アイスティーの計量カップに白みつを加え、しっかりと混ぜたらラップをして冷蔵庫入れしっかりと冷やしてください。冷え冷えじゃないほうが、味わいが豊かですが…。

Step4=氷を加え馴染ませる程度に軽く混ぜる

混ぜるのはアイスティーが適度に冷えればOK。混ぜ過ぎると氷が溶けて薄まるので注意。

冷え冷えじゃないほうが、味わいが豊か。氷で冷やし過ぎないこと。

Step5=冷たい牛乳を注ぎ、完成

冷蔵庫に入れておいた冷たい牛乳を注ぐ。

大きめの氷にのせるようにゆっくりと注いでください。氷のないところに流し込んでしまうと混ざってしまいます。また、氷が大きく動くと混ざりやすいので氷が動かないように注意してください。

できあがったらすぐに飲む。ゴクゴクと飲む。

グラスの上部に少し隙間ができるように牛乳を注いで完成。

縁いっぱいまで作らない。牛乳を入れ過ぎない。バランス良く作らないと飲む時に牛乳しか口に入ってこないので要注意。

氷が溶けないうちに早めにお召し上がりください。

ちびちび飲まないでごくごく大胆に飲んでください。

重要なポイント!混ぜないで飲む

セパレートティーは、『混ぜずに、セパレートした状態で、グラスから直接飲む』これがおいしい飲み方。

セパレートしたまま飲むから美しい。

セパレートしたま飲むから美味しい。

混ぜて飲むのと、2層になったまま飲むのでは味が違います。

「同じ配合なんだから、味は同じでしょー」と思うかもしれませんが、まったく違います。飲んでいない人は分からないのですが、想像以上に違います。作る時に混ざったら、飲む時に混ぜたら、台なしです。

セパレートティーは、混ぜないでセパレートしたまま飲むから美味しい

セパレートティーの関連商品

セパレートティーのメディア掲載

ティークラブのセパレートティーは、さまざまなメディアに取り上げられた大人気レシピ。
『見た目にキュン! 美味しさにズキューン!』

関連するページ

  1. チャイのコクが足りないと思った時…やるべきこと

    チャイのコクが足りないと思った時にやるべきこと

  2. ファーストフラッシュのいれ方

    ファーストフラッシュのいれ方

  3. 紅茶専門店ティークラブ

    美味しいミルクティーのための紅茶とミルクのベストバランスは?

  4. 紅茶ゼリー in ミルクティー

    紅茶ゼリー in ミルクティー

  5. 紅茶専門店ティークラブ

    自家製アンパンとディンブラ

  6. 最も美味しいティーバッグのいれ方

    ティーバッグの美味しいいれ方 7つのポイント

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。