意外と知らない? シュトレンの食べ方

シュトレンの食べ方

知っているようで意外と知らない?
シュトレンの食べ方を紹介します。

シュトレンの切り方1

真ん中を切る

端から切って食べても良いのですが、長く楽しむには「真ん中から切って食べる」。

  1. 真ん中を一枚切る(二枚でも三枚でも良いのですが)
  2. 残ったシュトレンの切り口を合わせてラップでぴったりと包む
  3. ジップロックなどの保存袋に入れ、空気を抜き保存
  4. 次食べる時は、切り口から一枚切る
    を繰り返して、最後に両端を食べる

このように食べると切り口が外に出ないから「乾燥」と「雑菌の繁殖」を防げます。

また、“一見一番美味しそうな”
いやいや、“初めに食べてみたい”
中央部分から食べることができる。

端から食べると、数日食べてちょっと気持ちが薄れた頃に中央を食べるのがちょっと微妙じゃありませんか…。

はじめに中央を食べられて嬉しい。
ちょっと気持ちが薄れた頃に、中央でもなく端でもない場所を食べる。
最後に美味しい端を愛おしみ食べる。

シュトレンの食べ方

真ん中から切る。5㎜スライス

シュトレンの切り方2

スライスの厚みは5㎜前後くらい

リッチなものは薄く
素朴系パンに近いものは1cm程度

紅茶のシュトレンは、5㎜スライスがおすすめ。

サイズが小さいので、真ん中から5mm程度で切ると、十枚くらい切ったら端に近い細い部分になる。細い部分は厚めにカットでOK。

たくさん食べたい人は、厚く切るのではなく、薄いスライスを2~3枚どうぞ。厚く切るのは粋じゃない。

薄いスライスをじっくり味わい、温かい紅茶を合わせてください。

シュトーレンの食べ方

シュトレンの保存

20℃以下の涼しい『室温に保存』

できるだけ涼しく、湿気が少なく、衛生的な場所に置く。

冷蔵庫はイマイチ

冷蔵庫で保存しないほうが味は良い。

シュトレンは、パン菓子発酵菓子。つまり「パン生地」がベース。パン生地は冷蔵庫の温度帯に置くと老化する。

ただし、、暖房をかけっぱなしで常時室温が高い場合は、雑菌の繁殖、カビの発生の恐れがあるため“仕方なく”冷蔵庫に保存する。味は落ちるが、カビるよりまし…。

冷蔵庫内の匂い移りに要注意。

アドベント

紅茶のプチシュトレンはサイズが小さい。
真ん中から5㎜程度にスライスすると十数カットできる。
一人で、毎日、1カット食べても、二週間くらいで食べきれる。

「できるだけ涼しい場所に保存する」「衛生的に扱う」を気を付ければ、一人でもアドベントを楽しむことができます。

関連記事

  1. 紅茶専門店ティークラブ

    セカンドフラッシュ2017シーヨック茶園の特長

  2. ミニ計量カップ

    ミニ計量カップをカフェっぽく使う方法

  3. 紅茶に合うシュトーレン

  4. チャイとは?

    チャイとは?

  5. ファーストフラッシュの水出し紅茶

  6. アップルティーのリンゴ

    アップルティーのリンゴ

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫