紅茶に向く水は「硬水?」or「軟水?」それ以上に大切なことがある。

紅茶に向く水は「硬水?」or「軟水?」それ以上に大切なことがある。

水には大きく分けると『硬水』と「軟水」があります。紅茶を美味しくいれるには『軟水』が向いています。

軟水は硬水に比べ『素材が持っているものを引き出す』からです。先日の鉄腕ダッシュでも同じようなことを言っていましたね。ラーメンの出汁をとる時に…。

素材が持っているものとは、紅茶で言えば、香りや味など。
もちろん、渋みや雑味も…です。

なので、軟水で紅茶をいれると、香りが良く、味は濃く、適度に渋みが出るから美味しいのです。

硬水が良いという説

余談ですが、紅茶を硬度が低めの硬水でいれると美味しいという人がいます。それは、癖がなく飲みやすいだけの紅茶を良しとする人の考えです。

硬水で紅茶をいれると渋みがなくなります。同時に、香りも味も弱くなります。そういう紅茶が美味しいという人もいるのです。嗜好品なので、否定はしませんが、私の嗜好や思考とは違います。

紅茶は、軟水でいれると美味しい

話を戻すと、紅茶は軟水でいれたほうが美味しい。日本はほとんどが軟水だから、家庭の水道水で良いと言っていました。

しかしながら、日本にも硬水の出る場所があることに気が付きました。数人のお客さまから、「家の水が硬水だから紅茶が美味しくいれられない」という声を聞いたことがきっかけです。

調べてみると、火山国である日本は意外と硬水の地域があるようです。

「あなたのおうちの水は軟水ですか?」

実家の水は硬水です

実は私の実家の水は硬水です。

平成の途中に引っ越したので、子供の頃から住んでいたのではありません。硬水だと知ったのは、最近のことです。

実家の硬水で紅茶をいれてみた

実家に帰った際、硬水(実家の水)で、ティークラブの紅茶をいれてみました。

真剣に味わってみると、職場や家で飲む紅茶と違いました。

香りが弱い。フルーティーさ爽快さが弱く感じました。味は渋みが弱く、心なしかコクも弱いような…。コクは気のせいかもしれません。香りの弱さが一番の違いに感じました。

水質の差、おそるべし。

とはいえ、それなりに美味しかったです。

日頃飲む紅茶を100点としたら、80点前後くらいでしょうか。濃い目にいれると差が少なくなり、ミルクティーなら大きな問題はないです。アッサムやアールグレイなら差は少なく、ダージリンシーズンティーやウバなどの香りの良さと繊細さのある紅茶にはやや不向きだと思いました。

ベストな味を知っている人にとっては、“比べれば” 残念なことです。

とはいえ、硬水でいれても質の良い茶葉でいれた紅茶はそれなりに美味しい。一方、状態の良い軟水を使ったとしても、質の劣る茶葉や開封後時間の経っている茶葉でいれた紅茶はイマイチです。硬水でいれたお気に入りの茶葉の味を超えることは、ほとんどないでしょう。

硬水or軟水より大切なこと

家の水が軟水なら、そのまま使えばOKです。水質が気になる人は浄水器をつけてください。

硬水の場合、普通に水として飲めるくらいなら、お気に入りの紅茶の新鮮な茶葉を使えば、それなりの味になるはずです。目くじら立てることではないというのが私の意見です。

しかし、硬度が高く料理にも使えない、そのまま飲むなんて無理という場合は、日頃からボトルドウォーターを使うか、高品質の浄水器を使っているのではないでしょうか。だとしたら、紅茶も同じ水を使ったほうが良いですね。

今現在、硬水で苦労しているのなら、嘆いていても仕方ありません。簡単に引っ越すことはできないのですから、対策を考えてはいかがでしょうか。高性能の浄水器を使うとか、ボトルドウォーターを使うなどが考えられます。浄水器でミネラルを濾過して純水にするわけです。また、ボトルドウォーターは一般的には紅茶に向かないのですが、今使っている水に納得ができないのなら試してみる価値はあります。

私は実家では今まで通りに紅茶をいれて、紅茶を飲みます。結局、美味しい紅茶にとって茶葉の質が一番重要だと考えているからです。また、その場所に住んでいるのですから、その環境の味を受け入れれば良いと思いました。

美味しい紅茶をいれるために、最も大切なことは茶葉の質と鮮度。そして、自分が気にいった茶葉を使うことです。

さまざまな条件や細かいテクニックによっても、紅茶の味は変わります。硬水と軟水でも味は違いますからね。とはいえ、最も重要なのは茶葉です。茶葉の質や好みを抜きにして、細かいことを気にしても、思うほど差がないことは知って欲しいことです。

関連するページ

  1. 美味しい紅茶のいれ方

    美味しい紅茶のいれ方・3「ティーカップ二杯以上いれる」

  2. 紅茶の賞味期限

    紅茶の賞味期限

  3. ミニ計量カップでミルクティー

  4. 紅茶に合うシュトーレン

  5. リノコーナ

    雑貨&カフェ リノコーナ(linocona)

  6. 紅茶専門店ティークラブ

    カフェってこれだよね。

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫