水出しアイスティーの作り方

水出しアイスティー

水出しアイスティーの作り方

  • 茶葉・・・5~10g
  • 水・・・300cc
  • 抽出時間・・・5~6時間/一晩おく
  • 茶葉・・・15g
  • 水・・・1リットル
  • 抽出時間・・・一晩おく
  1. ガラス製ティーポット300cc用に茶葉5~10gを入れる
  2. 水300ccを加え、冷蔵庫で保存する
  3. 5、6時間~一晩で抽出完了

※ラップなどをして、冷蔵庫の匂い移りを防いでください。

水出しアイスティー抽出前

水出しアイスティー抽出後

300cc作る場合

・寝る前に作って(仕込んで)朝飲む
・朝作って(仕込んで)昼~午後に飲む
がおすすめの飲み方です。

茶葉を濾しながらグラスに移します。十分に冷えているので、氷は入れなくて大丈夫です。

水出しアイスティー

1リットル作る場合

寝る前に作って(仕込んで)、翌朝に茶葉を濾す。
茶葉を濾して、再度冷蔵庫に保存してください。

冷蔵庫で冷えているので、氷はお好みでいれても入れなくてもOK。

保存時間は、一日(仕込んだ翌日)を目安にしてください。衛生的にも風味の点でも長時間保存はおすすめしません。

水出しアイスティー抽出前

水を注いだ直後

水出しアイスティー

一晩おいて抽出完了

水出しアイスティー

茶葉を濾して保存する

水出しアイスティー

しっかり冷えているから氷ナシの飲み方もOK

水出しアイスティーは、ストレートオンリー

飲み方は、ライトな味わいフルーティーさを活かして、何も加えないストレートがおすすめ。

ミルクティーにするとフルーティーがなくなり、味の軽さがマイナスになります。ミルクティーは向きません。

麦茶がわりに水出しアイスティー

水出しアイスティーは、熱湯抽出のアイスティー比べると香りも味もマイルド。ライトで軽やかなアイスティーになります。

ピュアな紅茶が好きな人には物足りない可能性が大ですね。特に、ケーキと合わせる、パンと合わせるなどの飲み方だと物足りないでしょう。

どちらかと言えば、紅茶として飲むというよりも「麦茶がわり」「お茶がわり」のイメージでしょうか…。

水出しアイスティー

最後に

「水出しアイスティー」と「熱湯抽出→急冷式のアイスティー」は、全くの別物です。香りが良く、味わい深いアイスティーを飲みたいのなら、熱湯抽出→急冷式のアイスティーをおすすめします。どんなに工夫をしても「熱湯抽出のアイスティーと同じにはなりません」。「別物として、別の楽しみ方をする」とお考えたほうがよいでしょう。

関連するページ

  1. ピュアティーとブレンドティー

  2. アイスティーの作り方

    香りがよく、濁らない「アイスティー」の作り方

  3. ティースプーンとティーメジャー

  4. オレンジクローブティー

    オレンジクローブティー

  5. 紅茶の日が近づいていますが…

    紅茶の日が近づいていますが…

  6. コクがあり、美味しいミルクティーの“黄金比”

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。