ティーバッグに対する3つの誤解

ティーバッグの誤解

ティーバッグに対する3つの誤解

  • ティーバッグ=低級品
  • ティーバッグ=低品質
  • ティーバッグ=美味しくない

「ティーバッグ=低級品」「ティーバッグ=低品質」「ティーバッグ=美味しくない」と思っている人が多いのですが、すべて誤解です。

「ティーバッグ=低級品」に関して

ティーバッグの紅茶を作るには、「茶葉+ティーバッグの資材」が必要です。

「茶葉代+ティーバッグの資材代+加工の手間賃」となるので、リーフティーよりも当然、高値になります。

  • ティーバッグ=「茶葉代+ティーバッグの資材代+加工の手間賃」+その他経費
  • リーフティー=「茶葉代」+その他経費

実は、「ティーバッグは割高」なのです。

ティーバッグは高級品とは言いませんが、リーフティーより高い。これがティーバッグの最大のデメリットです。

「でも、ティーバッグって安いですよね?」と思うかもしれません。

「茶葉+ティーバッグの資材代+加工の手間賃」ということを考えれば、スーパーなどで販売されるティーバッグが安価なのは、使われている茶葉自体がそーとー安価だということです。

つまり、ティーバッグだから低級品、ティーバッグの紅茶は低級品なのではなく、低価格の茶葉を使ったティーバッグが多いだけなのです。

ティーバッグ

「ティーバッグ=低品質」に関して

「ティーバッグの中は紅茶(茶葉)です。」

つまり、中の茶葉の質が良ければ、ティーバッグでも高品質だし、ティーバッグの中の茶葉の質が悪ければ、その商品は低品質になります。

ティーバッグだから質が悪いわけではありません。
ティーバッグと質の良し悪しは関係ないのです。

ティーバッグの美味しいいれ方

「ティーバッグ=美味しくない」に関して

前述のように「ティーバッグの中は紅茶(茶葉)」品質と同じようにティーバッグだから美味しくないわけではありません。

ティーバッグの中の茶葉の質が良ければ美味しい。

ティーバッグの中の茶葉の質が劣れば美味しくないということです。

ティーバッグ、リーフティー関係なく美味しい紅茶を飲みたければ、質の良い茶葉かお気入りの茶葉を選ばなければいけません。

いれ方のポイントは、ティーバッグもリーフティーも同じ。
なぜなら、同じ紅茶だからです。

ティーバッグ

「ティーバッグのメリット」

ティーバッグのメリットは、「計量の手間を省く」「茶ガラの処理が簡単」ということ。
また、1杯分の紅茶でもそれなりの味で楽しむことができるという点もメリットに加えても良いでしょう。ちょっと微妙ですが。

「価格」「品質」「美味しさ」に関しては、ティーバッグだから“どうこう”ということではないのです。

ティーバッグもリーフティーも同じ紅茶です。

“別物”のような扱いではなく、紅茶を飲むシーンによって使い分ければ、紅茶の楽しみが広がるのではないでしょうか。

ティークラブのティーバッグはこちらです≫

関連するページ

  1. 最もシンプルなティーバッグの美味しい淹れ方

    最もシンプルなティーバッグの美味しい淹れ方

  2. 紅茶専門店ティークラブ

    春のティータイム

  3. 紅茶専門店ティークラブ

    冬のスポーツ観戦にジンジャーチャイ

  4. リアルオータム

    リアル・オータムナル

  5. 紅茶のシュトーレン

    紅茶のシュトーレン

  6. オレンジ香るシャリマティー

    チョコレートと紅茶のペアリング“オレンジ香る”シャリマティー

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫