おやつの代わりに “はちみつ入りミルクティー” という選択

おやつの代わりに “はちみつ入りミルクティー” という選択

紅茶は単独で飲んでも楽しめますが、お菓子と一緒に楽しむことで、より一層美味しさや楽しさが広がります。

紅茶と菓子は、良き友・相棒みたいなものではないでしょうか。

とはいえ、毎日の午後のティータイムのたびに紅茶とお菓子を楽しむのは、ちょっとした罪悪感があったり、お菓子を食べるほどではないけどちょっと小腹がすいたりすることはありませんか?

そんな時には「はちみつ入りミルクティー」はいかがでしょうか?

おやつの代わりに “はちみつ入りミルクティー” という選択

牛乳はボリュームがありますからミルクティーは、ストレートティーに比べるとお腹が満たされます。

特にティークラブがおすすめしている「たっぷりミルクの茶葉2倍ミルクティー」は、牛乳の分量が多いのでボリューム感があります。

そこに、はちみつをプラス。

はちみつの甘さや風味が加わることで満足感がアップ。お菓子がなくても、案外ボリューム感・満足感がありますよ。

紅茶+クッキーやビスケット、小菓子をつまむくらいのボリューム感・満足感はあるのではないでしょうか。

念のためにいっておきますが、ストレートティーの濃さの紅茶に少量ミルクのミルクティーでは、ボリューム感・満足感が全く違いますからね。普段、ストレートティー濃さのさっぱりミルクティーを飲んでいるかたは、茶葉2倍のコクありミルクティーを試してみてください。

はちみつ入りミルクティーにおすすめ紅茶の種類

  1. アッサムCTC
  2. ディンブラ
  3. キーマン
アッサムCTC
アカシヤやレンゲなど癖が少ないハチミツと濃厚な味わいの百花密には、アッサムCTCがおすすめです。アッサムCTCは蜜の香りがあるので、はちみつと相性抜群。ミルクとの相性もNO1の茶葉ですから、まずはアッサムCTCがおすすめです。
ディンブラ
花やハーブ・フルーツのハチミツには、ディンブラがおすすめ。華やかでさわやかな香りとディンブラの香りがよく合います。癖が少ないアカシヤやレンゲもOKです。
キーマン
樹木や百花密などのやや癖があるような濃厚でコクあるハチミツには、キーマンがおすすめです。ハチミツではありませんが、メープルシロップにもキーマンはよく合います。キーマン+濃厚タイプのはちみつ入りミルクティーは、多少飲む人を選びますが、癖になる味わいがあります。

ザックリ言うと、アッサムCTCはアッサリ系から濃厚タイプまで幅広くOK。花、ハーブ、果実爽やかタイプにはディンブラ。キーマンはやや癖アリ~濃厚タイプのはちみつにおすすめです。

番外
キャラメルCTCのミルクティーに癖のないハチミツを加えるのも悪くありません。スイーツ代わりに飲まれているお客様も結構いらっしゃるんですよ。
番外にしたのは、キャラメルCTCの場合は、キャラメルの風味が強いので、ハチミツミルクティーというよりも「キャラメルミルクティー」になってしまうからです。味はおすすめです。

ハチミツ入りミルクティーの飲み方

ティーカップの紅茶にハチミツとミルクを加えて飲むのもよいのですが、おやつ代わりに小腹を満たすイメージでいくとマグカップでたっぷりと飲むのがおすすめです。

マグカップに牛乳を入れてレンジで温め、紅茶を注いでもよいでしょう。

ちなみに私の作り方は、マグカップに牛乳とハチミツを入れてほんのりと温め、しっかり混ぜてハチミツを溶かします。蒸らし終わった紅茶を注ぎ入れ、混ぜたり、混ぜなかったり…。カップいっぱいいっぱいまで紅茶を注ぎ混ぜないで飲むことが多いです。

ハチミツの分量

ハチミツの分量は、ティーカップ1杯分の紅茶の紅茶に対して、ティースプーン1~2杯がおすすめ。マグカップならティースプーン2~3杯。

スイーツの代わりにハチミツ入りミルクを飲むのですから、甘い満足感や幸福感を味わうくらいに甘くしましょう。

はちみつは白い砂糖に比べるとちょっぴりヘルシー。お菓子を食べるよりは、罪悪感が少なく甘いものを楽しめるのではないでしょうか。

ちょこっと小腹が空いたり、甘味モノが欲しかったりした時に、はちみつ入りミルクティーはいかがですか?

おやつの代わりに “はちみつ入りミルクティー” という選択

ハチミツ入りミルクティーにおすすめの紅茶の種類

関連するページ

  1. セパレートティーの飲み方

    セパレートティーの飲み方“美味しい秘密”

  2. セカンドフラッシュとローズジャム

  3. ダージリンファーストフラッシュ

    ダージリンファーストフラッシュ2018

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫