Read Article

ブルガリア産ローズジャム

ブルガリア産ローズジャム

ブルガリア産ローズジャム

ブルガリア産ローズジャムは、ブルガリアのバラの谷・カザンラクで収穫されたダマスクローズの花びらをたっぷりと使った贅沢なジャムです。

きれいなピンク色。できたてならではの色合いです。

この色合いが楽しめるのは年内いっぱいくらいまで。
徐々に赤みは退色し、ピンクベージュからベージュになります。

※2017年4月現在、きれいなピンクは退色しベージュになっています。色合いは少し変わりましたが、品質は変わりませんのでご安心ください。

優雅で華やかなバラの香りにうっとり
いつも通りの華やかなバラの香りがキラリ☆
温かい紅茶を注ぐとウットリするような香りに癒されます。

数年前に比べほんの僅かですが花びらの割合が減ったような気がします。気のせいかかもしれませんが…。
ほとんどの商品が値上がりする中、価格は例年通り。なので、僅かながら花びらが減ったのかもしれません。それでも、十分にたっぷり花びらが入っています。

ブルガリア産ローズジャム

ブルガリア産ローズジャムの楽しみ方

バラの香り、花びらの食感が楽しめる「ロシアンティー」

優しいバラの香りが広がるロシアンティーが楽しめます。

【ロシアンティーの作り方】
ローズジャムでロシアンティー

ローズジャムと合わせる紅茶は、癖がなくコクのあるアッサムCTCがおすすめ。バラの香りと紅茶の香り、ジャムの甘みと酸味、紅茶のコクがバランスよく溶けあいます。

薔薇の花びらがゆらゆらと漂い、優しい香りのするロシアンティー(ローズジャム&ティー)は、とても優雅な気分になるでしょう。

紅茶が少なくなるとこんなにたくさんの花びらが入っていることに気が付きます。
花びらは紅茶と一緒にお召し上がりください。

バラの花舞うロシアンティー

ローズジャムと相性抜群のアッサムCTC紅茶≫

ジャムの甘み、花びらの食感を楽しむなら「ヨーグルトやパンにのせる」

ローズジャムは、プレーンヨーグルトにかけたり、バタートーストに乗せたりするのもおすすめです。
バタートーストにローズジャム

「塩味×甘味」の組み合わせは、生ハム×メロンを超える?!

ローズジャムは、チーズにも合います。ブルーチーズやカマンベールなどの塩気の強いチーズを軽くトーストしたバゲットやライ麦パンにのせて。

クリームチーズをクラッカーにのせてローズジャムも◎。クリームチーズ&生ハムにローズジャムは、生ハムメロンを越える美味?!「塩気×甘み」の極み。

紅茶と合わせてティータイムのおつまみに…。アフタヌーンティーにもおすすめ。お酒のオードブルにもGood。
ローズジャムは、チーズにも良く合います

ローズジャムの保存方法と注意点

未開封時は常温。開封後は冷蔵庫で保存してください。

ヨーロッパの伝統的な製法で作ったジャムなので糖度が高いです。
衛生的に食べれば数か月保存できます。ただし、風味が弱くなるため、美味しく召し上がれるのは、開封後1か月くらいです。

Attention
冷蔵庫に長く入れておくと、糖分が結晶化し砂糖の粒ができます。
糖分が固まったものですから、温めれば溶けます。気になる方は取り除いてください。そのまま召し上がっていただいても大丈夫です。

Attention
オイル分(ローズオイル)が集まると黒い粘着物になることがあります。ビンの上部ふたの裏のほうに集まりやすい。
これは、花びらから出たオイル分です。黒い部分だけ取り除いてください。食べても健康への影響はありません。

Attention
できたては、きれいなピンクベージュです。
時間が経つと赤みが退色しベージュが濃くなり茶色っぽくなります。一年以上くらい経つと黒っぽくなります。賞味期限は2年なので食べられますが、あまり時間を置かないで早めにお召し上がりください。

ブルガリア産ローズジャムを召し上がったお客さまの声をご覧ください。

Avatar image
監督さま
このバラジャムを初めて知ったのがもうかれこれ10数年以上前、スキ場で飲んだ紅茶にバラジャムが入っており冷えた体を芯から温めてくれたのが付き合いの始まり、いまではなくてはならない必需品になった。福島県・監督さま
Avatar image
くりまろさま
今まで食べたことのあるバラジャムの中で一番花びらがいっぱいで香り高いと思います。
味もしっかりと甘酸っぱくて大変美味しいです。
アッサムティーとぴったり!
疲れがスッととれるようです。北海道・くりまろさま

ブルガリア産ローズジャム商品詳細

商品名 ローズジャム
原産地 ブルガリア
内容量 450g
販売期間 ※販売開始前:2016年10月…日~売り切れ次第販売終了
販売価格 1296円(1200円+消費税96円)

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top