水出しアイスティーの魅力

水出しアイスティーの魅力

新発見?! 水出しアイスティーの魅力

水出しアイスティーの魅力は、『とても優しいフルーティーな香りと口当たり』です。

じっくり味わうと熱湯抽出のアイスティーにはない『フルーティーさ』と『トロンとした口当たり』があります。

渋みがなく、コクが弱いから、このように感じるのかもしれませんね。ちょっと意外な発見でした。

水出しアイスティー

水出しアイスティーの香り

「熱湯抽出は香りが飛ぶ、水出しは香りが良い」という意見をみかけます。味覚には個人差があるので、間違いではありませんが、私はちょっと違います。

水出しはフルーティーさがあり香りは良いのですが「優しくまろやか」です。紅茶としての香りの強弱で言えば、熱湯抽出のほうが強い(限りなく良いの近い)と感じます。

水出し紅茶

水出しアイスティーの魅力その2

  • 作り置きが簡単
  • 朝起きてすぐに飲める
  • 麦茶のような優しい味わい

水出しアイスティーには、フルーティーな香り意外にも熱湯抽出とは一味違った魅力があります。

まずは、作るのが簡単。お湯を沸かさなくてもいいのは、暑い夏には嬉しいことですよね。

そして、夏の朝、起きたらすぐに冷たい紅茶が飲める。冷蔵庫で前の晩から作って(仕込んで)ありますからね。

「朝起きて、水を汲み、湯を沸かし、紅茶をいれる」この作業をする前に ”とりあえず一杯” 冷たい紅茶が飲めます。そして、目覚めてすぐの飲む紅茶なら、香りやコクがライトで丁度よいのではないでしょうか。

そして、優しい味わいの水出し紅茶は、飲み方もの麦茶に近いイメージで飲むことができますまた、紅茶の渋みが苦手かたにもおすすめです。

水出しアイスティー

飲み方は、ストレートオンリー

飲み方は、フルーティーさを活かして、何も加えないストレートでお召し上がりください。

ミルクティーにするとフルーティーがなくなり、味の軽さがマイナスになります。ミルクティーは向かないと思ってください。

また、味が軽いので、ケーキやパンには合わせにくいです。

水出しアイスティー

水出しと熱湯抽出は別のもの

「水出しアイスティー」と「熱湯抽出→急冷式のアイスティー」は、『別もの』です。

水出し紅茶(アイスティー)、熱湯抽出のアイスティーそれぞれに魅力がありますが、水出しアイスティーは優しく穏やかです。味わい深いアイスティーを飲みたいのなら『熱湯抽出→急冷式のアイスティー』がおすすめです。

どのような工夫をしても「熱湯抽出の普通のアイスティー」と同じような味にはなりません。ミルクティーには向かないし、ケーキやパンと合わせると軽すぎます。

熱湯抽出の替りに水出しではなくて、そもそも比較するようなものでもなくて、別物としてアリです。

「へー、朝の一杯には良いかも?」とか「面白そう♪」と思った人は、試してみてください。熱湯抽出のアイスティーとは違った味わいを楽しむことができるはずです。

関連するページ

  1. カモミールチャイ

    カモミールチャイの作り方

  2. 紅茶の種類・銘柄大特集

    紅茶の種類・銘柄大特集

  3. クリスマスのスコーン

    クリスマスのスコーン

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、テレビラジオ雑誌新聞小冊子などさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
日々の暮らしの中で良質な紅茶を気軽に楽しんで欲しいと思っています。
忙しい日常生活の中で「一杯の紅茶に癒される」「一杯の紅茶でHAPYYなる」こんな人が増えることを願っています。