水出しアイスティーの魅力

水出しアイスティー

水出しアイスティーの魅力と言いながら、いきなり反するようなことを言うのは申し訳ないのですが、味わい深いアイスティーを飲みたいのなら水出しアイスティーはおすすめしません。

香りが良く、紅茶の旨味を感じる、味わい深いアイスティーを飲みたいのなら『熱湯抽出→急冷式のアイスティー』がおすすめです。

水出しアイスティーは、「コク」「旨味」「味の濃さ」で熱湯抽出のアイスティーより劣るからです。香りは、熱湯抽出、水出しそれぞれに良さがありますが、水出しの香りは優しく穏やか。トータルで考えると味わいを重視するなら、熱湯抽出のほうが上だと考えています。

水出しアイスティーの魅力

  • 作り置きが簡単
  • 朝起きてすぐに飲める
  • 麦茶のような優しい味わい

水出しアイスティーには、熱湯抽出とは一味違った魅力があります。

まず作るのが簡単。お湯を沸かさなくてもいいのは、暑い夏には嬉しいことですよね。

作るのが簡単に関連することですが、夏の朝、起きたらすぐに冷たい紅茶が飲める。冷蔵庫で前の晩から作って(仕込んで)ありますからね。

「朝起きて、水を汲み、湯を沸かし、紅茶をいれる」この作業をする前に ”とりあえず一杯” 冷たい紅茶が飲めます。そして、目覚めてすぐの飲む紅茶なら、香りやコクがライトで丁度よいです。

そして、優しい味わいの水出し紅茶は、飲み方もの麦茶に近いイメージで飲むことができます。

水出しアイスティー

新発見?! 水出しアイスティーの魅力

水出しアイスティーの魅力は、『とても優しいフルーティーな香りと口当たり』です。

じっくり味わうと熱湯抽出のアイスティーにはない『フルーティーさ』と『トロンとした口当たり』があります。

渋みがなく、コクが弱いから、このように感じるのかもしれませんね。ちょっと意外な発見でした。

水出しアイスティーの香り

「熱湯抽出は香りが飛ぶ、水出しは香りが良い」という意見をみかけます。味覚には個人差があるので、間違いではありませんが、私はちょっと違います。

水出しはフルーティーさがあり香りは良いのですが「優しくまろやか」です。紅茶としての香りの強弱で言えば、熱湯抽出のほうが強い(限りなく良いの近い)と感じます。

飲み方は、ストレートオンリー

飲み方は、フルーティーさを活かして、何も加えないストレートでお召し上がりください。

ミルクティーにするとフルーティーがなくなり、味の軽さがマイナスになります。ミルクティーは向かないと思ってください。

水出しアイスティーはグラス一杯で

「目覚めの一杯」など、グラス一杯分くらいで十分。というか、あまりたくさんは飲みたくない気がします。

美味しくないとかではなく、飲み進むとコクなさが味気なく感じるからです。紅茶のコク、渋みがないからではないでしょうか。

水出しアイスティー

最後に

「水出しアイスティー」と「熱湯抽出→急冷式のアイスティー」は、『別もの』です。

どのような工夫をしても「熱湯抽出の普通のアイスティー」と同じような味にはなりません。ミルクティーには向かないし、ケーキやパンと合わせると軽すぎます。

熱湯抽出の替りに水出しではなくて、そもそも比較するようなものでもなくて、別物としてアリです。

「へー、朝の一杯には良いかも?」とか「面白そう♪」と思った人は、試してみてください。熱湯抽出のアイスティーとは違った味わいを楽しむことができるはずです。

関連するページ

  1. ファーストフラッシュ2017【セリンボン茶園】、【ジャンパナ茶園】

  2. 紅茶専門店ティークラブ

    アッサムティーとクラブハウスサンド

  3. アイスセパレートミルクティー

    アイスセパレートミルクティーの作り方

  4. 過去記事について

  5. ピュアティーとブレンドティー

  6. 紅茶と楽しむスコーンの食べ方

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫