アイスティーの作り方・初心者向き

アイスティーの作り方

初心者の方でも失敗しない「はかりで量って失敗ないアイスティーの作り方」を紹介します。

慣れている人は目分量でもOKですが、アイスティー作りに慣れていない人は、量ったほうが安心です。

アイスティーの材料と道具(2グラス分)

  • 茶葉(どの茶葉でもOK。中でもディンブラアールグレイがおすすめ)・・・6g 
  • 湯・・・300cc
  • 蒸らし時間・・・2分(ディンブラ・アールグレイの場合)
  • 氷・・・130g
  • ティーポット(大小2つ)
  • 茶漉し
  • バースプーン
  • タイマー

アイスティーの作り方

Step1=基本通りの手順、ポイントでホットティーを作る

基本のホットティーのいれ方で、紅茶をいれる。

茶葉量:4g→6g ※デジタル秤で量る
湯量:300㏄ ※デジタル秤で量る
蒸らし時間3分の茶葉→2分・5分の茶葉→3分 ※タイマーで量る

アイスティーの作り方・初心者向き1

Step2=氷を入れた別のポットに茶葉を濾し、移し替える

蒸らし時間の終わり頃になったら、サイズが大きい別のポットに氷130gを入れる。
アイスティーの作り方・初心者向き2
蒸らし終わったら、氷を入れた別のポットに茶葉を濾しながら移し替える。

茶漉しを使って一気に移す。

ガラス製ティーポットの茶漉しは湯の抜けが遅いので、別の茶漉しを使う。

※茶漉しを置いて使うのはよろしくありません。正しくは手で持って使います。右手にカメラ、左手でティーポットを持っているのでやむを得ずおいています。

アイスティーの作り方・初心者向き3

Step3=素早くかき混ぜ一気に冷やす

素早くかき混ぜ、一気に冷やす。

氷がすべて溶けるまで混ぜる。アイスティーのベース・常温ティーの完成。

冷たく冷やす必要はありません。ただし、ぬるければ氷を1個くらい足して常温まで冷やしてください。

アイスティーの作り方・初心者向き4

氷をいれたグラスに注ぎアイスティーの完成

氷をいれたグラスに注ぎ、軽く混ぜれば、アイスティーの完成です。大きなグラス2杯分のアイティーができます。

冷え冷えが苦手な人は、氷を入れないグラスに注げば常温ティーになります。冷え過ぎない常温ティーもおつなものです。

一杯分しか飲まない場合は、Step3の常温ティーのまま室温で数時間保存できます。冷蔵庫に入れると濁ります。

アイスティーの作り方・初心者向き4

慣れれば簡単アイスティー

蒸らし時間が2分なので、慣れればホットティーよりも早くできます。実は、作業も手間も想像するより難しくないのです。何度か作ってコツを掴めば適宜目分量でもOK。慣れてしまえば量るのも苦ではありませんが…。

セパレートティーなどのアレンジアイスティーのベースもこの作り方で大丈夫です。Step3まで作ったら白みつを溶かせばOK。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

関連するページ

  1. ダージリンオータムナル

    オータムナル入荷。感謝しかない!

  2. 二杯目の紅茶が濃くなった時の対処法

  3. セパレートティーで、飲む人(家族やお客さまなど)が驚く3つのポイント

    セパレートティーで、飲む人(家族やお客さまなど)が驚く3つのポイント

  4. La sette CARTELLO(ラ・セッテ カルテッロ)

  5. 新茶の茶摘み

  6. スコーンミックス粉で作るスコーンの作り方

    スコーンミックス粉で作るスコーンの作り方

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫