茶漉しの扱い方、間違えていませんか?「正しい茶漉しの使い方」

茶漉しの使い方
ティーポットから紅茶を注ぐ時、茶漉しをカップなどに置いていませんか?

その使い方、本来はNGです。

間違えている人が多いのですが、茶漉しはカップにのせないで、手で持つのが正しい使い方です。

茶漉しの正しい使い方
「右手にティーポット」、「左手に茶漉し」が正しいスタイル。↑この写真は逆です(苦笑)

正しく使うためには、蓋が落ちない「正しいティーポット」を選び、正しく使うこともポイント。良いティーポットは、蓋が落ちないようにできています。

機能的に正しくないティーポットだとしたら、蓋が落ちます。

その場合は、やむを得ず茶漉しをティーカップに置き、ティーポットの蓋を左手で押さえてください。

茶漉しティーストレーナーの使い方

ティーポットの質やテーブル周りの状況などで、ティーポットの蓋を押さえなければいけない時は、左手でティーポットの蓋を押さえてください。蓋を落としては大惨事ですから・・。

必然的にカップに茶漉しを置くようになりますが、仕方ありません。

蓋を落としててはいけませんから、臨機応変に対処しましょう。
○○の一つ覚えにならないように。

“本来は”、茶漉しは手で持つのが正しい使い方です。

茶漉しの使い方、書いてあります

茶漉しの正しい使い方

回転するタイプの茶漉しをお持ちですか?

↓このような感じでカップにひっかけて使っていませんか?

茶漉しの使い方
「普通そうでしょ」と、思ったかもしれませんが、実はNG。この茶漉しも『手に持って使うものです。』

「えーー、それおかしいでしょ!」と、思ったあなた…

↑使い方が書いてあります

手で持って使うように書いてありますよね。
茶漉しはカップには乗せていません。

まとめ

正しいティーポットとセットで使うことが前提になりますが、茶こしはティーカップに乗せるのではなく、手で持って使うものです。

簡単なことですから、やってみください。

おうちで手軽に紅茶を楽しむための茶漉しはこちらです≫

【紅茶の賞味期限】
お手元に届く紅茶の賞味期限は、11~12か月後です。

【配送やお支払について】
・配送料=日本全国432円/4320円以上(一か所送付ごと)で無料
・支払い方法=クレジットカード・paypal・代引き・銀行振込・郵便振替
・商品の出荷=注文受付日の翌営業日(日祝休)に発送/受取り期日時間指定可能