二杯目の紅茶が濃くなった時の対処法

二杯目の紅茶が濃くなった時の対処法

ティーポットで紅茶を作った時、ティーポットに茶葉を入れたままにしておくと、二杯目の紅茶が濃くなり渋みが強くなりますね。

気にしない人が一定数いますが、気にする人が多数だと思いますから「3つの対処法」をお話しします。

  1. 蒸らし時間が経ったら茶葉を濾しながら、温めた別のティーポットに移し替える
  2. 湯で割る(ストレートティー場合)
  3. ミルクを加える(ミルクティーにする)

蒸らし時間が経ったら茶葉を濾しながら、温めた別のティーポットに移し替える

この方法は、二杯目の紅茶が濃くなった時の対処ではなくて、濃くならないようにする方法です。タイトルとちょっと違うのですが、最も美味しく飲める方法なので紹介しました。

弱点はティーポットを2個持っていないとできないことです。一人飲むのであれば、蒸らし時間が終わったら、温めたマグカップに移し替えることで対処できます。

二杯目が濃くなることが苦手なら…

冒頭で、茶葉を残しておくと二杯目の紅茶が濃くなることを「気にしない人」と「気にする人」がいると言いました。このページを読んでいる人は気にする人だと思うのです。

二杯目が濃くなる(渋くなる)ことが苦手なら、濃くなった二杯目の対処法よりも、二杯目が濃くならない方法『蒸らし時間が経ったら茶葉を濾しながら、温めた別のティーポットに移し替える』をおすすめします。

蒸らし時間が終わったら、茶葉を濾して移し替える

湯で割る(ストレートティー場合)

茶葉が残った二杯目が濃いと感じるのは、ティーカップに注ぎ飲んだ時ですよね。二杯目を飲んで、濃く感じなければ、そのまま飲みますよね。

飲んだ紅茶が濃いと感じたら、湯で割ってください。湯を足して濃さを和らげるということです。

味噌汁などが濃かったら湯を加えるのと同じようなことです。

注意点は、ティーカップの紅茶に湯を加えることです。ティーポットに加えるのはよろしくありません。紅茶の抽出は一回だけです。

ミルクを加える(ミルクティーにする)

二杯目の紅茶を飲んで濃く感じたら、ミルクを加えてミルクティーにする方法もあります。

一杯目をストレートティーで飲み、二杯目をミルクティーで飲むという飲み方です。

ティークラブでは、ミルクティーには茶葉を増やした濃い紅茶をいれて「一杯目からミルクティーにする飲み方」をおすすめしています。そのほうが渋みがまろやかでコクがあるがミルクティーが飲めるからです。

そうは言っても、一杯目をストレートティー、二杯目をミルクティーという飲み方もできますから、試してみてください。

ミルクを加える

まとめ

ティーポットで紅茶を作った時、二杯目の紅茶が濃くなった時の対処法は「湯で割る」「ミルクを加える」です。

根本解決をするには、『蒸らし時間が経ったら茶葉を濾しながら、温めた別のティーポットに移し替える』です。

二杯目が濃くなることを気にする人は、二杯目の濃さや渋さが好きでない人でしょうから、濃くならないように茶葉を抜いておくことをおすすめします。

関連するページ

  1. また、ミルクティー論争?!

  2. 紅茶専門店ティークラブ

    紅茶とは?

  3. スコーン

    紅茶に合うスコーンを買いました

  4. プロフィール&more

    紅茶のいれ方を伝えるようになった理由

  5. 新しいティールームに行きました

  6. 梛の木(奈良)

    大人の隠れ家レストランに行きました

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫