Read Article

エコ包装・エコ配送について

過剰な内装、外装を行っていません。

当店では、中袋を使わず、直接、缶やパック紅茶葉を詰めています。
衛生的で保存性の良い資材ですので、嵩増しのような中袋や見栄えのための外袋は、ゴミにもなるので使用しておりません。

再利用できる資材は、再利用いたします。

商品の配送用には、なるべく小さな段ボール箱を使用し、緩衝材などを極力使用しないようにしております。

また、きれいな段ボールは、再利用して配送させていただく場合もございます。
隙間ができた場合には、きれいな古紙や古新聞などを緩衝材として使用しております。商品によっては段ボールを使わず、厚手の紙袋で配送させていただく場合もございます。

ガラス製品の場合は、破損防止のため最低限のエアパッキンを使用しております。エコ包装は大切なことですが、安全にお届けすることを両立しなくてはいけません。

現実には、配送中の破損事故は大なり小なり起きています。緩衝材が少な過ぎた場合や、ジャストサイズの箱を使用した場合などに起こりやすい傾向にあります。安全のために、必要最低限の緩衝材や段ボール箱は使用させていただきます。

お客さまの送料のご負担を軽減いたします。

きれいな段ボールや古紙などの配送資材を再利用させていただくことで、配送コストを押さえることができます。その分をお客さまの送料負担の軽減という形で還元させていただきます。

「送料=432円」「3240円で送料無料」というのは、お客さまにはお買い物がしやすくなりますが、当店にとっては、経費負担大とという厳しい現実があります。

エコ包装・エコ梱包を行うことで、地球環境に優しいと同時に経費の削減ができれば、お客さまも私達もハッピーになれると考えています。ご理解いただけると幸いです。

記事を書いた人:オンラインショップ店主・堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ・通販ショップ店主・堀内芳昌
1964年東京都生まれ→埼玉県→神奈川県→広島県在住/実家は長野県
調理師専門学校卒業後、飲食店勤務、のちにアパレル業に転職。メンズ、レディースのファッション販売をする。その後、カフェの責任者として開店から携わる。退社後、広島に転宅、結婚を機に現在の紅茶関連の仕事を営む。16年目。専門学校で紅茶と調理実習の講師、通信教育コーヒー紅茶カフェマスター講座の講師を務める。
趣味は、料理、菓子作り、散歩。Rock'n'Rollとパンが好き。
自己紹介はこちらです≫
160912-001
Return Top