ティーバッグ3つのいれ方【初心者向き】

ティーバッグ3つのいれ方【初心者向き】

ティーバッグ3つのいれ方

  1. ティーポットでいれる:ベスト
  2. マグカップでいれる:ベター
  3. ティーカップでいれる:ノーマル

ティーポットでいれる:ベストないれ方

「ティーポットでいれる」と言っていますが、「リーフティーと同じようにいれる」が正しいです。

ティーバッグは特殊な紅茶ではなく、「ティーバッグは紅茶である」と考えれば、リーフティーと同じようにティーポットでいれるのが最も美味しいいれ方なのです。

勘違いする人がいるので言っておきますが、ティーバッグはそのままティーポットに入れればOKです。ティ-バッグを切って中から茶葉を出す必要はありませんからね。

ティーバッグのいれ方

4gのティーバッグならティバッグ1個をティーポットに入れ湯を注ぐ。

ティーバッグをティーポットでいれる方法

ティーバッグには、2g、3g、4gなどの計量した茶葉が入っていますから茶葉の分量を確認しましょう。

ストレートティーの場合は、茶葉の分量が4~5gになるように調整し(2gのティーバッグなら2個使う)、湯量300ccで抽出してください。

ミルクティーの場合は、6~8gに調整して、湯量300ccで抽出しましょう。茶葉を増やし濃いめの紅茶を作り、たっぷりのミルクを加えるのが、コクがあり飲み応えのあるミルクティーにするポイントです。

アイスティーは、6~8gに湯量300ccで抽出して、急冷してください。

ティーバッグのいれ方

いれ方のポイントはリーフティーと同じ


侮れない最後のポイントは、ティーポットの中を軽く混ぜてから注ぐこと。ティーバッグは旨味が中に閉じこもるため、リーフティー以上に忘れてはいけないポイントになります。

マグカップでいれる:ベターないれ方

「リーフティーと同じようにいれるのは分かったけど、それじゃティーバッグ使う意味なくない?」と思う人が多いのではないでしょうか。

ごもっともです。私はティーバッグもティーポットでいれますが、ひと手間多いと感じる人が多いでしょうからね。

そのような方は、マグカップでいれる方法をおすすめします。

ティーカップで飲む優雅さは楽しめませんが、ティーポットでいる方法に近い味の紅茶ができ上がります。ミルクティーの場合は、私もこのやり方をすることがありますよ。

ティーバッグをマグカップでいれる方法

ストレートティーの抽出。蓋をすると香りが逃げ難く、温度も下がり難いです。

ティーバッグをマグカップでいれる方法

ティーバッグには、2g、3g、4gなどの計量した茶葉が入っていますから茶葉の分量を確認しましょう。300ccの湯が入れられる大き目のマグカップを用意してください。

ストレートティーの場合は、茶葉の分量が4~5gになるように調整し、湯量約300ccで抽出してください。

ミルクティーの場合は、4~5gに調整して、湯量200~250ccで抽出してください。50~80cc程度のミルクを加えましょう。

濃いめの紅茶を作り、たっぷりのミルクを加えるのが、コクがあり飲み応えのあるミルクティーにするポイント。本来は茶葉を増やしたほうが良いのですが、マグカップの場合はミルクを注げなくなるので、次善の策として、湯量を減らしています。

ティーバッグをマグカップでいれる方法

湯量を調整すればミルクティーも作れます

ティーカップでいれる:ノーマルないれ方

ティーカップにティーバッグとお湯を入れる一般的ともいえる方法。2g程度のティーカップ用のティーバッグ限定の方法ですね。

美味しい紅茶が飲みたいのなら、この方法は前述の2つに比べると明らかに劣ります。“美味しい紅茶がのみたいのなら” おすすめしません。

そうは言っても

美味しさよりも手軽さ優先
シーンや場所の関係でこの方法以外は難しい

などもあるでしょう。

そのような時は、ティーカップにティーバッグとお湯を入れてチャッチャとやるのもOKです。

時間がない、手間をかけたくない、道具がないetc…こんな時なのですから、小細工しないで、簡単にすませるのも大いにアリです。

ソーサーで蓋をして…などのひと手間をかけられるのなら、ティーポットでいれるか、マグカップでいれてはいかがでしょうか。手間はたいして変わらない上に、美味しさは格段に違いますからね。お湯を先入れるとか、ティーバッグを開いて入れるなども五十歩百歩ですよ。やるのは構わないし、否定されるようなことではありませんが、“なんかがズレている”と私は思います。

美味しく飲みたいのなら、お好みの茶葉を使うことが最優先。いれ方はティーバッグもリーフティーも基本は同じです。手間や手軽さ優先なら、手間をかけずに手軽にいきましょう。

ティーバッグの紅茶

ノーマルな方法は小細工しないで気軽に…

Pick up!

関連するページ

  1. 美しいティーカップの持ち方

    美しいティーカップの持ち方:part1

  2. 美味しい紅茶は、人それぞれ…

  3. ファーストフラッシュ2020

    ファーストフラッシュ2020の販売開始が遅れた理由

  4. チャイの作り方

    チャイをティーバッグで作る場合は茶葉で作る場合と同じ方法でやればいいのでしょうか?

  5. GreenFeelグリーンフィール

  6. セカンドフラッシュとローズジャム

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫