紅茶派ですが、コーヒーを勉強しました

コーヒーの勉強をしました

紅茶派ですが、コーヒーを勉強しました

あなたは、コーヒーは好きですか?

もちろん私は、紅茶派ですが、コーヒーも好きです。現実に飲むのは、たまにですが(笑)

実は、先月まで半年に渡りコーヒーを習っていました。

コーヒーを習うのは数回目なのですが、今までとは違うことが学べて良かったです。

プラス単純にコーヒー、面白い。美味しいし、奥深いし、難しい。一般の人達と一緒に学ぶことを含めて、実に面白かった。

そして、紅茶を学ぶのではから気が付くことがたくさんありました。

例えば、
紅茶は、実にシンプル。
簡単で単純。

そこが魅力であると同時に面白みに欠けるといえるでしょう。

コーヒーは難しい、奥深い。

でも、そこが魅力であり魔力。だから、ハマる人が多いのだと思うし、“極めたい”という情熱が生まれるのでしょう。

ドリップコーヒー

「おうちで美味しい紅茶を飲むために…」この視点を忘れないように

コーヒーを学ぶ中でいろいろな気付きがありました。

中でも私が「肝に銘じなければいけない」と思ったことは、「一般のお客さまが家庭で美味しい紅茶を飲むために、心を尽くさないといけない」ということ。

その業界にいると「業界の常識」や「業界内の流行」「自分が目指すもの」に偏りがち。

つまり、紅茶業界の常識や流行を伝えようという視点になりがちです。

現実的にも同じことを言っている人が多いですよね。業界の流行や誰かの言葉に影響される人が多いので。

自分で気をつけるべきことですが、つい流されたりするのです。楽ですから…。

「他」に触れることで「ハッと」することがあります。具体的なことは長くなるので割愛しますが、コーヒー業界と一般消費者の間には乖離があるなと感じました。

私とお客さまの間にも乖離はあるでしょう。でも、できるだけ乖離をなくし、おうちで美味しい紅茶を飲めるように努力しなければと思いました。

私が目指しているのは、「美味しい紅茶を飲むと元気が出る」「美味しい紅茶に癒されたい。ホッと一息ついて、明日も頑張る」のような人が増えること。

「紅茶を極めたい」とか「紅茶を広めたい」「ダージリンの新茶を知って欲しい」などではありません。「美味しい紅茶は元気の源」という人が増えて欲しいのです。

現実にこのようなお客さまが少しずつ増えていると感じます。だから、もっと増やしたいのです。

そのためには、業界の流れなどを重視するのではなく、もっと紅茶を好きになり、もっとお客さまに触れることが大切だと強く感じました。綺麗ごとにならないように、口だけにならないように頑張ります。

関連するページ

  1. いちごちゃい=ストロベリーロイヤルミルクティー

    いちごちゃい=ストロベリーロイヤルミルクティーの作り方

  2. 糀甘酒

    甘酒にハマる

  3. ファーストフラッシュ2017【セリンボン茶園】、【ジャンパナ茶園】

  4. スコーンレシピ

    スコーンに加える液体(卵液)について

  5. dessert cafe HACHIDORI・逗子

    dessert cafe HACHIDORI

  6. パンドショコラとアールグレイのオレンジティー

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫