ファーストフラッシュの価格について

ダージリンの茶園、心配された昨年のストライキの影響からは、完全に回復おります。

しかしながら、次なる敵が襲い掛かりました。

「天候不良」

天候不良の影響で、良質な茶葉の生産量が激減。

生産量が減れば、市場価格は高騰する。

お気づきの人もいると思いますが、ほとんどの紅茶店のダージリンが値上がりしています。

30%前後~中には1.5倍くらいになっているものも…。

仕入れ値と売値のバランスを考えれば、当然のことです。

茶葉の仕入れ値が高騰しているのですから…。

生産量が減れば、市場価格は上がる。

昨年、日本でも天候不良の時期に野菜が高騰しましたよね。
中には2倍以上になったものも…。

仕方ありませんね。

これを受け入れなかったら、茶園や農家は産業として成り立たなくなりますから…。

茶葉の値上がりは、致し方ありません。

「茶葉の仕入れ値が上がったから、販売価格も上げる」

正しいような、おかしいような…

その答えは置いておいて、当店は値上げを見送りました。

何故なら、『価格改定の予告をしていなかったから』です。

茶葉の仕入れ値は、本当に大きく値上がりしています。
安い茶葉を仕入れたのではありません。

ですが、一切の予告をしていなかったので、“今回は” 値上げを見送りました。

昨年のファーストフラッシュから
「天候不良で生産量が減っている」
「良質の紅茶を作るのが難しなっている」
「茶葉の価格が上がっている」
などとメルマガ等でお伝えしていました。

そんな時に「値上げするかも?」くらい言っておけばよかったです(笑)

ストライキ以降で生産量が激減して、すでに上がっていたのですから…。

ただ、、春になったら落ち着くんじゃないかぁと
淡い期待もあったんですよ…。
無理でしたね・・。

おそらく、今後、茶葉の価格が下がることはないと思います。

天候や労働環境、賃金等の問題が改善に向かいことはないと思うからです。

特に異常気象は、世界的な問題で、もはや異常気象というよりも、「こんな気候が当たり前」という感じではないでしょうか・・。

また、人件費や経費が下がることも考えにくい。

良質な紅茶は、手摘み手作業ですからね。

なので、、
例年通りの価格でファーストフラッシュを販売できるのは、最後です。

ここまで読んできて、勘のよい人ならお気づきでしょう。

茶葉の仕入れ値が高騰している。
値上げをしない。

ということは、、
当店の利益は少ないです。

他社が40%、50%上げているものを据え置きしているのですからね・・。
赤字とは言いませんが、利益はほとんどありません。

なので、『好きな人だけ飲んでください』

いつもは一杯だけでも飲んで欲しいとか言っていましたが、今回は言いません。

『好きな人だけ欲しい。』
『好きな人は必ず飲んでください。』

マーガレッツホープ茶園

ダージリンファーストフラッシュ2018マーガレッツホープ茶園

キャッスルトン茶園

ダージリンファーストフラッシュ2018キャッスルトン茶園

【紅茶の賞味期限】
お手元に届く紅茶の賞味期限は、11~12か月後です。

【配送やお支払について】
・配送料=日本全国432円/4320円以上(一か所送付ごと)で無料
・支払い方法=クレジットカード・paypal・代引き・銀行振込・郵便振替
・商品の出荷=注文受付日の翌営業日(日祝休)に発送/受取り期日時間指定可能