ミルクティーとスコーンの専門店

ミルクティーとスコーン

ミルクティーとスコーンの専門店に行きました。

ミルクティーのことを「ティーラテ」と表現していますが、私はミルクティーと呼びます(笑)

ミルクティーの種類が「ウバ(紅茶)」、「ほうじ茶」、「抹茶」なのが今風ですね。

ホットミルクティーとアイスミルクティーがありますが、おそらく圧倒的にアイスティーが人気だと思います。これも、今風。紅茶はホットのストレートがデフォルトなのは、ややもすると時代遅れの感がありますね。

一応?ウバのホットティーとウバのレモンティーもあります。

私の周りの席の人達は(全員女子!)みんなアイスミルクティーを飲んでいました。色でも判断によると、紅茶なのか、ほうじ茶なのかは分からなかったのですが、抹茶ではなかったです。

一人だけ、ホットのレモンティーを飲んでいました。正直、なぜと思いましたが、何度も来ている人なのかもしれませんね。私の前にオーダーをしていましたが、躊躇なく注文していましたから…。

ミルクティー

ミルクティーの味は、まあ美味しいです(笑)

紅茶の味はします。そうは言っても「紅茶風味のミルク」というのが個人的な感想。紅茶より牛乳が強いです。

とはいえ、氷の入らないアイスティーは、素晴らしいです。アイスティーのアイディアの関しては、あっぱれです。人気のお店には見習うべきポイントがたくさんありますね。素晴らしい。

スコーン

スコーンは、美味しかったです。

かなり美味しかったです。完全に期待以上の美味しさ。

帰ってから、このスコーンを意識したスコーンを作ったのは言うまでもありません。私のスコーンとの違いは、おそらく強力粉とバターの配合だと予測しました。

店内は、カップルがチラホラいるものの女子ばっかり。一人も多し。

男一人の客はいなく、しかもおっさんとなれば、周囲の冷たい視線が刺さりますが、気にせずゆうゆうとスコーンを食べながら店内を観察。

ほとんどの人がスコーンを食べていましたが、みんなスコーンの食べ方を知らない。お店の人も教える気持ちはなさそうで、好きに食べればOKな感じでした。

これに関しては、いいのか悪いのかは微妙ですね。どうやって食べても美味しいのかもしれませんが、ちゃんと食べたほうがより一層美味しいと思うからです。

そろそろ帰ろうかなぁと思っていると、RALPH LAURENにありそうなコットンのワンピースを着た一人のお嬢様風の女子が来店。

左前前方に着席。

手にしていたカーディガンかストールかなにかを膝の上に広げると、スコーンのお皿をその上に…。

そして、スコーンを2つに割く…。
スコーンの食べ方を知っている!
さすがお嬢!(笑)

やっぱり見た目も美しいし、美味しそう!

一連の所作がお嬢…。

しばらく眺めていたかったのですが、ヤベーやつになってはいけないので退散しました。

話がそれましたが、現代風の紅茶のお店は刺激になりますね。元々私はアフタヌーンティールームが好きで、日本風になった英国式のティールームが微妙だったので、こういうお店は好みです。

近くにあっても頻繁に行くタイプの店ではありませんが、たまに行くにはイイ感じです。現実的には、東京でフリータイムがあるのは年に1回あるかない可なので、次はいつ来られるのは分かりませんが、時間が経ったらどんなふうになっているのか見てみたいです。

関連記事

  1. 紅茶専門店ティークラブ

    休日のランチでハンバーガーにパンケーキ。

  2. モーニングミルクティー

    モーニングティーをいただきました

  3. お皿の上のお花畑

    ローズジャムバタートースト

  4. 紅茶専門店ティークラブ

    カフェってこれだよね。

  5. コーヒーの勉強をしました

    紅茶派ですが、コーヒーを勉強しました

  6. 紅茶通販ならティークラブ

    大阪の紅茶専門店でスコーン

最新のレビュー

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブはさまざまなメディアに取り上げられました
メディア掲載
出版書籍
出版書籍
サイト運営者

堀内芳昌
紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌
一杯の紅茶で“元気になれる” “癒される”。そんなピュアでフレッシュな紅茶をお届けします。
プロフィールはこちら≫