Read Article

ダージリンファーストフラッシュセリンボン茶園とレモンケーキ

ダージリンファーストフラッシュセリンボン茶園とレモンケーキ

ダージリンファーストフラッシュセリンボン茶園のほんのり甘酸っぱい味わいにフレッシュなレモンの風味を合わせました。

広島産のレモンをたっぷりと使い、しっかりと焼き込んでいるけどレモンのフレッシュさを感じるケーキに仕上げています。

バターのコク、歯切れのよい生地の食感もストレートティーによく合います。

ファーストフラッシュセリンボン茶園と 食べて欲しい「レモンケーキ」

ダージリンファーストフラッシュセリンボン茶園と食べて欲しいレモンケーキの作り方

【材料】18㎝のパウンド型1台分(私は2台分・倍量で作ります)

  • 広島産レモン・・・1・1/2個 
  • 無塩発酵バター・・・90g
  • グラニュー糖・・・80g 
  • はちみつ・・・15g
  • 全脂粉乳・・・小さじ1/2 
  • 全卵・・・90g
  • アーモンドプードル・・・35g 
  • 薄力粉・・・75g
  • ベーキングパウダー・・・小さじ1/2

【作り方】

  1. 材料を室温にする
    薄力粉とベーキングパウダーをあわせてふるう
    レモンの皮をすりおろし、果汁を搾る。果汁の重量の1/2のはちみつ(分量外)を混ぜ合わせる
    型に紙をしく
    オーブンを200℃で予熱する
  2. 柔らかくしたバターをホイッパーで練り、グラニュー糖を加え混ぜる
    はちみつ、全脂粉乳の順に加え混ぜる
  3. ときほぐした全卵を5回に分けて加え、その都度丁寧にしっかりと混ぜる
    アーモンドプードルを加え混ぜる
  4. 混ぜる道具を木べらに替える
    薄力粉とベーキングパウダーを3回に分けて加え混ぜる
    すり下ろしたレモンの皮を加え混ぜる
  5. 紙を敷いた型に生地を入れる。ドロッとした生地なのでゴムベラで押し込むように移し、表面をならす
    天板にのせ、オーブンに入れる。オーブンの温度を180℃にし20分焼く。170℃に下げ30分焼く
  6. 焼きあがったらオーブンから出し、型から出し、紙を外す
    レモン汁とはちみつを混ぜたシロップを全体にぬる
    粗熱がとれるまで冷ましたら、ラップで包む。完全に冷めたら冷蔵庫にで保存する

※オーブンは、20年以上前の旧型を使用。500Wの電子レンジオーブン。古くて性能もショボい…。
新しい電子レンジオーブン、600w以上のもの、ガスオーブンの場合は、170℃で35~40分、170℃20分160℃20分くらいで大丈夫だと思います。1回目は途中で「肉眼で確認」をし調整してください。
焼きムラがある場合は、途中で前後左右を入れ替えてください。

ファーストフラッシュセリンボン茶園と 食べて欲しい「レモンケーキ」
難しい技術は必要ないので、丁寧に作業すればOK。

焼きを浅くしないで、しっかり焼いてください。しっかり焼いて、シロップをうってしっとりさせることでレモンの香りが活きフレッシュさが出ます。レモン果汁のシロップが少ないとしっとりが弱い。

薄力粉が少なめでアーモンドパウダーが入るので、歯切れのよい生地に仕上がります。しっとりだけどホロリとする食感がダージリンティーとよく合います。

ダージリンファーストフラッシュはこちらです≫

URL :
TRACKBACK URL :

このページの内容に関して、お気軽にコメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)

「日本語が含まれない投稿」「URLが2つ以上含まれる投稿」は無視されますのでご注意ください。

Return Top