Read Article

運営者

販売業者

エッグスタイリングプロダクション・ティークラブ事業部

運営統括責任者

堀内芳昌

所在地

〒730-0045 広島県広島市中区鶴見町13-1-201

電話番号

082-240-8413

メールアドレス

mail@teaclub.jp

ホームページアドレス

https://teaclub.jp/

ティークラブの事業内容

TeaClubティークラブは、「美味しい紅茶を家庭で“もっと”気軽に楽しんで欲しい」という想いでスタートした紅茶専門店です。

紅茶専門店というと、一般的にはショップスタイルの茶葉販売店、または、ティールームをメインとしたお店ですが、ティークラブはどちらでもありません。お店ではなく事務所ビル(雑居ビル)の1室を借りて仕事をしています。

一般の個人客向けの『通信販売』、カフェやレストラン、ケーキ屋などへの『茶葉の業務卸』、『紅茶教室』を3つの柱としています。

その仕事内容を簡単に紹介します。

「通信販売とホームページ」

一般の個人客さまへの茶葉販売は、通信販売を中心に事務所に来社された方へ直接販売しています。

紅茶の販売をはじめた10年以上前は、出張紅茶教室(後述)で出会った人などに、はがきの案内(ダイレクトメール)を出し電話やFAXで注文を受けて販売していました。その後、時代の流れとともに、徐々にインターネットの通信販売の比率が増えてきました。

また、ホームページは、紅茶教室の集客やメディアの取材、仕事の依頼などには、予想外の大きな力を発揮しています。

後述の出張紅茶教室や専門学校の講師、通信教育(内容は省略)などの仕事もホームページがなかったら仕事にならなかったはずです。

紹介や過去の縁などがきっかけの場合もありますが、ほとんどのケースがホームページを確認してから連絡がきています。トータルの意味合いとして、ホームページの存在価値はとても大きいです。

「業務用の紅茶の卸」

広島を中心に中国地方、関西、関東のカフェ、レストラン、ケーキ屋などに紅茶の茶葉の卸をしています。

取引のきっかけとして、以前は、紹介や元々ティークラブの紅茶を知っていた人が多かったのですが、最近は、ホームページ経由の人が増えています。関西や関東の取引先があるのはホームページのおかげです。

ここ2~3年個人経営でカフェを新規オープンする取引が増えてきました。30前後の若いオーナーが多いです。以前は、資本のあるレストラン、ケーキ屋などが多かったのですが、流れが変わってきた気配を感じています。

業務用紅茶の取引先

「紅茶教室」

事務所の一角を使い定期的に紅茶教室を行っています。

紅茶教室は、こちらが企画してはじめたのではなく、「紅茶のいれ方を教えて欲しい」という声が多数あったため行っています。

ティークラブ代表の安楽みゆきが講師を務め、私・堀内はティータイムに出すお菓子を作り、アシスタントとして手伝っています。

紅茶教室の現在の生徒数は、月に20~30人くらいなので多くはありませんが、おかげさまでまずまず集客できています。拡大はしていませんが、十数年間客数が減ることなく、継続できているということは、紅茶教室が支持されているのだと思います。
150322-005

「出張紅茶教室」

十年くらい前までは景気が悪くなかったので、ホテルや住宅展示場などのイベント会場などへの出張紅茶教室が月に数回ありました。出張紅茶教室も、安楽みゆきが行っています。

出張紅茶教室は、展示販売会ではないのですが、飲んで美味しいと思った人は紅茶を買ってくださり、その後リピーターになっている方もいらっしゃいます。

ただ、最近は出張茶教室は減少し、年に数回程度となっています。

出張紅茶教室

「専門学校の講師」

製菓専門学校、ビジネス専門学校のカフェビジネス科で紅茶の非常勤講師をしています。

150322-004

「おいしい紅茶と手作りお菓子の本を出版」

事業内容でありませんが、2005年に中国新聞社の発刊で「おいしい紅茶と手作りお菓子」という本を出版しました。

安楽が紅茶の担当、堀内がお菓子の担当という形での共著です。
出張紅茶教室でできた地元の中国新聞社との縁が広がり、出版することができました。

今までにも雑誌や新聞などの取材やレシピの掲載などで、撮影や執筆の経験がありましたが、本格的なものは初体験。撮影のために何度も紅茶を入れ、いろいろなアレンジティーを作り、お菓子も大量に作りました。テキストの執筆も含めてとても良い経験をしました。

以上が紅茶専門店ティークラブの「紅茶関連の仕事」の状況です。

何卒、よろしくお願いします。

Return Top