hint

カフェ開業は、
ゴールではなく、
スタートです。

  1. HOME
  2. カフェ開業のヒント
  3. なぜ、お店の特長をコンセプトにすると弱いのでしょうか?
なぜ、お店の特長をコンセプトにすると弱いのでしょうか?

なぜ、お店の特長をコンセプトにすると弱いのでしょうか?

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内です。

お店の特長をコンセプトにしたい人が多いので、お店の特長になる商品やサービスを単純に打ち出すことが多いと思います。例えば

  • 本場の味のドイツパンとドイツワインのカフェ
  • スペシャルティコーヒーと手作り焼き菓子
  • 地産地消・地元産の食材
  • バリスタのいるカフェ
  • 心尽くしの接客をする喫茶店
  • ワンちゃんと一緒に楽しめるカフェ

などなど・・

お店の特長としては良いと思います。そもそも私が良いとか悪いとかいうようなことじゃありませんからね。好きなことや得意なことをやればいいのですから。

しかしながら、コンセプトしては弱いと思います。

なぜなら、上記のようなことでは「お客様に選ばれない」からです。選びようがないといってもよいでしょう。

お客様(一般の人)には商品やサービスだけを打ち出しても、他との違いや良さが分からないからです。

例えば「スペシャルティコーヒーと自家製焼き菓子」

「スペシャルティコーヒーと自家製焼き菓子」は、美味しいのか、美味しくないのか? 高いのか、安いのか? 何が魅力なのか? さっぱり分かりません。何となく良さそうな気がするくらいです。

あなたは自分(自店)や商品の特長や他との違いが分かっているのでしょうが、他者には分からないんです。また、プロや詳しい人には通じる言葉も一般人にはよく分からないんです。

「スペシャルティコーヒーってなに?」という人も案外多いんですよ。それでは、選びようがないですよね。

自分の得意分野以外は分からない

例えば、「2000万画素・光学ズーム8倍のデジカメ」といわれてピンときますか?

「何となく良さそう」とか「画素数大きのかな」くらいは分かっても「スマホのカメラとどう違うのか?」なんて分からない人が多いと思います。

プロや詳しい人には素晴らしいことでも、一般人にはよく分からないことは思いのほか多いのです。

「2000万画素・光学ズーム8倍のデジカメ」と「スペシャルティコーヒーと自家製焼き菓子」は似たようなものなんですよ。

店が少ない、商品が少ない、情報が少ない時代は、店や商品の特長でも良かったのです。選択肢が少なかったからです。選ぶのが嫌なくらいに選択肢が多い現代社会では、選ばれる理由がなければ選ばれなくなっています。

溢れかえる選択肢の中から選ばれるためには

選択肢が溢れかえる中、お店の特長で選ばれるためには、「商品・サービスがお客様にどのような喜びを与えるのか?」を考えるを考えましょう。

また、どのような人がどのようになれるのか?を考えて下さい。お店や商品の特長を説明するのではなく「誰が、どうなるのか?」を意識しましょう。

「2000万画素・光学ズーム8倍のデジカメ」であれば
・運動会で動くお子さまをきれいに撮れるカメラ
・お孫さんの写真をきれいに印刷できるカメラ

女性的な思考・嗜好の時代

男性的な思考・嗜好が中心の社会から女性的な思考・嗜好が中心の社会になり、商品スペックで良し悪しを決める思考が弱くなっています。

店が溢れ・モノが溢れても男性性の思考は、しっかりとチェックして良さそうな店や美味しそうな商品、素晴らしいであろう商品を探します。バカみたいにチェックしたりもします(笑)それが楽しいんですよね。

一方、女性的な思考はそんな面倒なことはしないんですよ。

面倒だったら誰かに聞くんです。
人との出会いで決めるのです。
自分に合いそうな店を雰囲気で決めるし、商品の良さよりも物語性に惹かれるんです。
そもそも男性脳ほど単純じゃないから「美味しい」だけを良しとしないんですね。

この話「女性」という性別の意味じゃありませんよ。あくまでも「思考」の話ですからね。

カフェに行く人は女性的な思考の人だから、商品サービスを単純に説明したのでは弱いのです。

飲食店の人の中には盲目的に口コミ信仰の人がいますが、口コミをされたければ商品説明よりも物語性を伝えましょう。商品の良さよりも「あなたのための店です。」「あなたのための商品です。」を伝えましょう。

いずれにしても、来店するのはお客様です。
選ぶのはお客様です。
お客様のことを伝えないと選ばれにくいです。

選ばれるコンセプトを作るためには、商品・サービスを単純に打ち出すのではなく「お客様のため」の視点を忘れないようにすることです。

そのためにもコンセプトを決める前には「3つのリサーチ」からやることをおすすめします。

※カフェ開業に関する質問は受けておりません。予めご了承ください。

  • 堀内芳昌ほりうちよしまさ
  • 1964年4月6日東京都生まれ・東京→埼玉→神奈川→広島/実家は長野県
  • 好き:rock’n’roll、音楽を聴く、散歩、街歩き、美味しいケーキ、欧州のシンプルなパン、朝の和定食、ビール、紅茶、シンプル、トラディショナル、ファッション、ギター、サッカー、紙の本、昭和 etc…

★プロフィールはこちら≫

★開業後に美味しい紅茶を扱いたい人は、ぜひ当店ティークラブの紅茶をご検討ください。開業後も一緒に頑張っていきましょう。業務用紅茶が必要なかたはこちら≫

関連カフェ開業のヒント

販売者・サイト運営者

紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌

紅茶専門店ティークラブ・堀内芳昌
生産地をブレンドしないピュアな紅茶をお届けします。