ジャンピングが起こらず、飲んでみると、コク…あるかな?

2018-03-28

ジャンピングが起こらず、飲んでみると、コク...あるかな?

Question

紅茶が届いたので、さっそくHPの「紅茶のいれ方“7つ”のポイント」を参考にその通りにしてみたつもりなのですが、ジャンピングが起こらず、飲んでみると、コク…あるかな?香りも少ないような・・・という感じで出来上がりました。
何かコツのようなものがあれば教えて頂けませんか?

Answer

以下のポイントをご確認ください。

水は、300cc沸かすのではなく多めに沸かす。

1ポット分でも「500cc以上」くらいは沸かしてください。余るともったいないのですが、多めのほうが良いです。

水道の蛇口から出した汲み立ての水を沸かしてください。

湯気がしっかりと出るまで沸かす。

沸かし過ぎも良くないのですが、沸騰手前の人が案外多いです。
音が鳴るピーピーケトルだと鳴り始めはやや早い。「ぴー!!!」とうるさくなるまでしっかりと沸かす。そのくらいしっかり沸かすという意味です。

温めたポットに茶葉を入れ、湯を注ぐ

ポットを温めて、湯を捨ててから茶葉を入れ、沸きたての湯を注いでください。

以上をご確認の上、アッサムCTCを試してみてください。アッサムが一番ジャンピングが分かりやすいからです。

湯の状態が良ければ、冒頭の写真のように一時的に茶葉が上に浮きます。(写真はダージリン)

茶葉の種類、湯の状態によって違いがありますが、30秒~1分くらい浮いている。場合によっては、2~3分浮いていることもある。その後、茶葉は上下に動きます。

茶葉が浮かないで、湯を注いだ瞬間から茶葉が動いたり、沈んだりしていたら、湯か茶葉の状態が良くないです。

水質などによっても多少の差はあります。試した感想を教えていただければ、改めてアドバイスいたします。

Pocket

記事を書いている人:紅茶専門店ティークラブ・堀内芳昌

1964年東京都生まれ→埼玉県→神奈川県→広島県在住/実家は長野県

「美味しい紅茶が飲みたい!」 「美味しい紅茶で、“癒されたい”、“元気になりたい”」 そんな純粋な気持ちに応えるべく、日々仕事に励んでおります。 ★プロフィールはこちら≫

記事の拡散、引用は大歓迎です。
関連記事