2017-11-21

ミルクティーを美味しくする“重要な”ポイント

ミルクティーを美味しくする“重要な”ポイント

ミルクティーを美味しくする“重要な”ポイントは、『茶葉を増やして濃い紅茶をいれること』です。

このポイント、思いのほか軽視されています。

「ストレートティーに適した濃さの紅茶=通常通りの濃さに入れた紅茶」に関してのミルクティーのポイントが語られることが多い。しかしながら、ストレートティーの濃さの紅茶では、他のポイントを正しくしても、ほとんどの場合は残念なミルクティーになります。

何故なら、、、

日本で販売される紅茶の多くは、日本人向きの繊細でライトな味わいで、ストレートティー向きの味だからです。

あわせて、牛乳も味わいがライト。悪く言えば水っぽい。

繊細でストレート向きの紅茶に、味の軽い牛乳を合わせるから、風味の弱い、水っぽいミルクティーになるのです。

故に、、、

茶葉を増やして濃い紅茶にすることが重要なのです。

ミルクティーを美味しくする“重要な”ポイント

「コクがある茶葉」、「味の濃い茶葉」、「水色が濃い茶葉」、「風味の強い茶葉」を選ぶのは正解。ですが、このような茶葉でもストレートティーの濃さの紅茶にミルクを入れたミルクティーでは、良さが半減。

ミルクティー向きの茶葉を使い、茶葉を1.5倍~2倍に増やして濃い紅茶をいれることで、より一層美味しいミルクティーが飲めます。

言い方を買えると、ミルクティーに向かないような茶葉でも、茶葉を増やして濃い紅茶にすれば、そこそこ美味しいミルクティーが飲めます。

余談ですが、苦手な紅茶があったら濃い紅茶をいれてミルクティーして飲むのも一案。飲まないで放置するよりは良いのではないでしょうか…。

ミルクティーを美味しくする“重要な”ポイント

「ミルクが先か? 紅茶が先か?」とか「ミルクは温めるのか? 冷たい牛乳か?」とか「砂糖は入れるのか? 入れないのか?」とか、いろいろとミルクティーのポイントが語られますが、『茶葉を増やして、濃い紅茶をいれる』を抜きにしては、どんなポイントもぼやけます。

美味しいミルクティーが飲みたいと思ったら、まずは、茶葉を増やして濃い紅茶をいれる。

茶葉の量は、1.5倍~2倍くらいにするを覚え、実践してください。

Pick up

Pocket

記事を書いている人:紅茶専門店ティークラブ・堀内芳昌

1964年東京都生まれ→埼玉県→神奈川県→広島県在住/実家は長野県

「美味しい紅茶が飲みたい!」 「美味しい紅茶で、“癒されたい”、“元気になりたい”」 そんな純粋な気持ちに応えるべく、日々仕事に励んでおります。 ★プロフィールはこちら≫

記事の拡散、引用は大歓迎です。
関連記事

紅茶専門店ティークラブ通販ショップ