創作意欲が刺激されたケーキ

2018-03-28


谷町六丁目でイチゴティーを飲んだのとは別の日に訪れた谷町四丁目のベイクショップ。

プルーンとグラッパだったかな?お酒を使ったケーキ。紅茶は、アールグレイ。

アールグレイによく合う味でした。

ケーキは、部位によって食感が違っていた。

しっかり焼かれた焼き菓子感が強い部分とクラフティーのようなねっとりした部分があった。外側のさっくり、グラスのシャリ、プルーンのねっとりと相まって、いろんな食感がある焼き菓子でした。

正直、私は、「焼き菓子感とクラフティーのような食感の共存はない」と思っていた。

そんな感じに焼きあがったら、失敗だと考えていました。「水分の抜けが悪くねっちりしちゃった。」と…。

アリだった。

意外な味わいとこういうのもアリなんだなぁと嬉しくなりました。そして、創作意欲が刺激された。

パクるわけじゃありませんが、このケーキに触発された焼き菓子を焼いてみます。

Pocket

記事を書いている人:紅茶専門店ティークラブ・堀内芳昌

1964年東京都生まれ→埼玉県→神奈川県→広島県在住/実家は長野県

「美味しい紅茶が飲みたい!」 「美味しい紅茶で、“癒されたい”、“元気になりたい”」 そんな純粋な気持ちに応えるべく、日々仕事に励んでおります。 ★プロフィールはこちら≫

記事の拡散、引用は大歓迎です。
関連記事