2017-12-02

紅茶のシュトーレン

紅茶のシュトーレン

12月になったら食べる発酵菓子シュトーレン。人気も定着し最近ではスーパーでも売られていますね。

クリスマスを楽しみに待ちながら、シュトーレンを薄~く切って、紅茶と楽しむ。紅茶好きにとっては、クリスマスケーキよりもウエートが大きいと言ったら言い過ぎでしょうか…。

アレンジ大国?の日本では、さまざまなシュトーレンを食べることができます。

毎年、いくつかのシュトーレンを食べますが、今年は「推しレン」あり! 他は買わないかも?たぶん買うけど(笑)

広島市南区段原にあるBesoinの『紅茶のシュトーレン』

紅茶のシュトーレンですよ。買いますよね!(笑)買ってくださいm(..)m

アールグレイの茶葉が入った生地にオレンジピールやレモンピールが散りばめられた風味の良いシュトーレン。

フィリングスは細かく、生地とフィリングスが渾然一体となった複雑味のある香りの良さが魅力。バターの香りシュガーの甘みもしっかりとあり、マジパンは練り込まれているのでしょうか、ホロっとするけど、しっとり。

パン屋のシュトーレンよりもケーキ屋のシュトーレンに近い印象を持ちました。

ただし、断面の見た目は地味。萌断、インスタ映えを狙うならやめたほうが良いでしょう。萌断でありませんが、見た目の印象よりもリッチな味わいで、私は好き。

ちなみに、おすすめのシュトーレンの食べ方。

端から切って食べても良いのですが、真ん中から切って食べる。

真ん中を一枚切る(二枚でも三枚でも良いのですが)。残ったシュトーレンの切り口を合わせてラップでぴったりと包み、ジップロックなどの保存袋に入れるか、アルミフォイルで包んで保存。

次食べる時は、切り口から一枚切る。を繰り返して、最後に両端を食べる。

このように食べると乾燥が防げます。

また、

“一見一番美味しそうな”、いやいや、“初めに食べてみたい”中央部分から食べることができます。端から食べると、数日食べてちょっと気持ちが薄れた頃に中央を食べるのがちょっと微妙じゃありませんか。

しかも、シュトーレン端っこが美味しい!残り物に福がある。

はじめに中央を食べて嬉しい。
ちょっと気持ちが薄れた頃に、中央でもなく端でもない場所を食べる。
最後に美味しい端を食べる。

イイ感じじゃありませんか。

切り方だけのことなので、試してみてください。

紅茶のシュトーレン

紅茶通販ならティークラブ

Pocket

記事を書いている人:紅茶専門店ティークラブ・堀内芳昌

1964年東京都生まれ→埼玉県→神奈川県→広島県在住/実家は長野県

「美味しい紅茶が飲みたい!」 「美味しい紅茶で、“癒されたい”、“元気になりたい”」 そんな純粋な気持ちに応えるべく、日々仕事に励んでおります。 ★プロフィールはこちら≫

記事の拡散、引用は大歓迎です。
関連記事

紅茶専門店ティークラブ通販ショップ